老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、厚生年金の満額についてです。
 

Q:厚生年金の満額はいくら?

「国民年金の満額は70万円程度ということは知っています。では厚生年金の満額はいくらになりますか? 老後が不安で、年金をできるだけ満額もらいたいと思っていますので教えてください」(関東・33歳・会社員)
 

A:老齢厚生年金の満額は、平均標準報酬額と勤続年数によって異なります

厚生年金(老齢厚生年金)の満額は、その人の平均標準報酬額(平均的な給与・賞与)と勤続年数によって異なります。100人いたら100通りの老齢厚生年金の満額があるといっていいでしょう。ざっくりでも知りたい人は、以下の計算式で老齢厚生年金額は計算できます。
 
老齢厚生年金の年額=平均標準報酬額(平均年収÷12)×5.481/1000×厚生年金加入月数 
 
相談者の月給は32万円、賞与は48万円と仮定すると、平均標準報酬額36万円(平均年収が432万円)。この平均標準報酬額で22歳から60歳までの38年間勤務した後、平均標準報酬額24万円(賞与無し)で60歳から65歳まで働いたとして、、将来受け取れる年金額(老齢基礎年金と老齢厚生年の合計)がいくらになるのか、現在の年金水準で計算してみました。

22歳から60歳までの老齢基礎年金
78万900円×456カ月÷480カ月=74万1855円

22歳から60歳までの老齢厚生年金
36万円×5.481/1000×456カ月=89万9760円

60歳から65歳までの老齢厚生年金
24万円×5.481/1000×60カ月=7万8926円
 
上記を合計すると、74万1855円+89万9760円+7万8926円=172万541円

相談者は、65歳から老齢基礎年金、老齢厚生年金を合計で年額172万541円受けることができますね(マクロ経済スライドで金額が少し異なることもあります)。
 
もし、65歳以降も会社に勤務し続けるなら、満額の年金を受けるために働き方を考える必要があります。65歳以降の老齢厚生年金合計は上記の厚生年金を合計すると年額97万8686円(年金月額8万1557円)ですので、収入との合計が月額47万円を超えないようにしましょう。超えると在職老齢年金の仕組みで老齢厚生年金を全部または一部減額されるので注意してください。


※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
会社員が年金受給できる年齢は何歳から?60歳から?
定期代が支給されると厚生年金保険料が増える? 具体的にいくら上がる?
年金が増える? 会社員の長期加入者の特例(44年特例)って何?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。