老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、年金を受給できる期間についてです。
 

Q:年金を受給できるのはいつからいつまで?

「私の65歳の誕生日まで1カ月。今まで自営業として働き、そろそろ年金を受給できます。年金は、具体的に、いつからいつまで受給できるのでしょうか? 私が死亡する日までは、年金の支払いは、あるということですか? 死んだ後は銀行口座に振り込まれるんでしょうか?」(東京都・女性)
 

 A:誕生日が8月10日の場合、翌月9月から亡くなった月分まで支給されます

まず、年金の受給要件を確認してみましょう。原則として、老齢基礎年金は、自営業者などが該当し、保険料納付済期間と保険料免除期間などを合算した受給資格期間が10年以上ある場合に、65歳から受け取ることができます。

また、老齢厚生年金は、会社員として働き、厚生年金の被保険者期間があって、老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たした人が65歳になったときに、老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金を受給できることになっています。
 
相談者はもうすぐ65歳とのことですので、老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間10年を満たしており、原則どおり、65歳から受給できるものとしてお答えします。
 
国民年金法によると、年金給付の支給は、これを支給すべき事由が生じた日の属する月の翌月から始め、権利が消滅した日の属する月で終わるものとする、と定められております。

仮に誕生日が8月10日の場合、翌月9月から亡くなった月分まで支給されることになります。
 
なお、亡くなられた月の分は、本人が受け取ることができないため、未支給年金として亡くなられた人と生計を同じくしていた遺族等が受け取ることができます(申請が必要です)。
 
年金には、時効制度もあるため、必要に応じて、もれなく申請することが大切です。

※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。