友達は多ければいい……わけではない!

友達は多ければいい……は正しいの?

友達は多ければいい……は正しいの?

「友達をたくさん作ることはいいことだ」という通説はありますが、実際はどうなのでしょうか。結論を先に言ってしまうと……「多ければいいわけでもない」です。

たとえば、会場に100人の人がいたとします。みんなと気が合うなんて人は、まずいないでしょう。もちろん、みんなと上手に会話をできる人はいますが、相手に合わせたり、気を使ったりしながら、上手にコミュニケーションをとっているにすぎません。だから、そんな会話は、楽しいというよりも、疲れることのほうが多いものです。

本当の友達というのは、どういう存在かといえば、無理をしなくても一緒にいると楽しくて、心地よい相手のことです。そして、お互いに、相手の幸せを願えるような関係です。それは、ある意味、“プラトニックラブのような関係”といっても、過言ではありません。人として惚れないと、本当の意味での深い友情は築けないところもあるのです。そんな濃い関係の相手が100人いたらどうでしょうか……身がもたないこともあるでしょう(苦笑)。

だから、大人の「友達が多い」というのは、言い換えれば、「人脈が広い」というだけのことで、本当の友達だというわけではないことも多いもの。「友達が多ければいい」という以前に、本当の意味で「“真の友達”をたくさん作るのは難しい」ということは、理解したほうがいいでしょう。

それに、世の中、良い人ばかりではありません、人を利用しようとする人だっています。だから、むしろ「友達になる人は、選んだほうがいい」のです。

結局、子供のころに言われていた「友達をたくさん作りましょう」は、「みんなとクラスメイトの仲間として、気を使いながら、仲良く付き合っていきましょう」という意味に過ぎません。つまり、子供にわかりやすく伝える表現が「友達をたくさん作りましょう」であるに過ぎないだけだと思うのです。

 

豊かな人間関係を築くには「友達を作ること」より「自立すること」

では、豊かな人間関係を築くにはどうしたらいいのでしょうか。その方法は「友達を作ること」と真逆だと思われやすいことですが、「自立すること」です。自分の快適さのために、相手を利用しようとしないこと、依存しすぎないことは、良い友情を築くために重要なことなのです。

自分で自己を楽しませたり、幸せにしたりできない人は、自分の快適さのために友達を利用しようとしがちです。そうすると相手を束縛したり、コントロールしたりしてしまうこともあるでしょう。それではいい関係は築けません。また、「相手には相手の幸せがあり、自分には自分の幸せがある」と思えないと、自分の価値観を相手に押し付けてしまうこともあります。

どんなに気が合っていても、「どんなことも価値観が合う」なんてことはないので、価値観の違いすらも面白がれるような人でいたほうがいいもの。そのためにも、相手と同化しすぎないで、「程よい距離感を保つ」ことが必要となるのです。

「親しき仲にも礼儀あり」というように、どんなに親しい友達であっても、礼儀を持つことは大切です。距離感が近すぎてしまうと、大抵、人間関係は壊れてしまうことが多いもの。特に年齢の近い同性同士は、お互いを比べ合い、嫉妬してしまうこともありますしね。

だから、本当の意味で、長続きするような真の友情を築くためには、ある程度、「精神的に成熟すること」が大切であり、そんなに簡単な話ではないことも多いのです。それこそ、一般的に“友達が多い人”としてイメージするような、「たくさんの友達に囲まれ、お互いに近い距離感で支え合うような関係」は、意外と脆く、現実的ではないことが多いのです。

 

「友達」の意味は、広い

もちろん現実的に、たくさんの友達は作れなくても、人脈が広いほうがいいこともあります。それにたとえ「知り合い」であっても、「友達」だと思っていたほうが、お互いに気分はいいものです。

つまり、「友達」と呼んでいても、“真の友達”とは限らず、「知り合いの延長」だったり、「利害関係が一致しているときだけ関わる関係」だったり、実際はとても広い意味でこの言葉が使われている、ということなのです。

だから、世の中には、「私には友達がいない」と、劣等感を抱いている人もいますが、「友達をたくさん作ることはいいこと」なんて言葉に惑わされないほうがいいでしょう。「真の友情は、そんな簡単な話ではないんだ」ということは理解しておくことは大切。人生において、1人か2人、真の友情が築ける人ができたら、上出来です。もし、そんな友達がいる人は、大切にしましょうね。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。