老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、65歳以上で厚生年金に加入して働き続ける場合の、もらえる年金額が改定されるタイミングについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:65歳以上で厚生年金に加入して勤務すると、年金が増えるのは、いつ?

質問:「現在65歳で会社員をしております。厚生年金に加入して厚生年金保険料を支払い続けております。今働いている分の厚生年金は、いつ受け取れるのでしょうか? せっかく払った年金はなるべく早く受け取りたいものです」(東海・65歳・会社員)
支払った厚生年金保険料、年金額に反映されるのはいつ?

支払った厚生年金保険料、年金額に反映されるのはいつ?

 

A:2022年4月からは毎年10月に改定される

65歳以降も働いて厚生年金に加入していると、給与から年金保険料が天引きされます。2021年現在では、65歳以降に払った年金保険料がもらえる年金の金額に反映されるのは、退職する時、もしくは70歳時に厚生年金被保険者の資格から外れるタイミングです。つまり会社員として厚生年金を払い続けている間は、もらえる年金額に反映されないのです。

2022年4月からは、65~69歳で厚生年金をもらっている人に対して、「在職定時改定」という新制度が始まります。年金額を、毎年1年に1回、10月に改定し、それまでに納めた保険料が年金受給額に反映されます。10月に改定された分は、12月にもらえる年金額に反映されます。働き続けたことによって年金が退職を待つことなく増えていきますので、うれしい改定といえるのではないでしょうか。


※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
夫と離婚したら厚生年金も分割してもらえるのでしょうか?
70歳まで定年延長されたら、年金はどうなりますか

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。