年金・老後のお金クリニック/離婚した場合の年金についてのQA

夫と離婚したら厚生年金も分割してもらえるのでしょうか?

難しい年金制度の相談にお答えするコーナー。今回は専業主婦の妻が離婚後に、会社員である夫の厚生年金を分割してもらえるのかという疑問に回答します。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

執筆者:All About 編集部

  • Comment Page Icon
難しい年金制度、皆さんからの相談にお答えするコーナーです。今回は専業主婦の妻が離婚後に、会社員である夫の厚生年金を分割してもらえるのかという疑問に回答します。
 

会社員の夫と離婚した場合、厚生年金を分割して受給できますか?

質問:「私は30年間ずっと扶養範囲内のパート、専業主婦です。会社員の夫と離婚した場合、夫の厚生年金を分割して老後にもらうことはできるのでしょうか?」(北海道・53歳・専業主婦)
夫の年金、分けてもらうことはできますか?

夫の年金、分けてもらうことはできますか?

 

年金は分割してもらえます。「合意分割」と「3号分割」があります

専業主婦の方は老齢基礎年金しかもらえませんので、離婚すると老後の生活が苦しくなってしまいます。そのため年金保険料は、夫婦共同で納めたものとして年金分割してもらえる「合意分割」と「3号分割」という制度ができました。

「合意分割」は、平成19年(2007年)4月1日以後に離婚をし、夫婦の話し合いによる合意や、裁判での調停によって年金の分割割合を決める制度です。この時に分割できる年金は、結婚期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)の最大2分の1となります。分割する割合が決まった後は、離婚をした日の翌日から2年以内に年金事務所に「標準報酬改定請求書」を提出して請求する必要があります。

「3号分割」は、第3号被保険者(会社員に扶養さ れていた配偶者)が、平成20年(2008年)4 月1日から離婚するまでの第3号被保険者期間を、夫婦で分割できる制度です。夫婦の合意なく分割の請求をすることができます。相手方の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を2分の1ずつ、夫婦で分割することができる制度です。「3号分割」は夫婦での話し合いや調停をする必要はありません。第3号被保険者が、自分から年金事務所で分割請求する必要があります。

夫婦で分割の話し合いをするためには、分割できる期間や、標準報酬額について知る必要がありますが、請求すれば日本年金機構から「年金分割のための情報通知書」を送ってもらうことができます。離婚を検討し始めたら、取り寄せてみてはいかがでしょうか。


※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
「付加年金」で将来もらえる年金を増やすことができる人は?
国民年金の未納が過去に1カ月だけあります。今から追納はできるのでしょうか?
60歳で会社を退職して年収120万円ほどのアルバイトをしようと思います。年金は減らされる?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます