老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、60代前半でもらえる特別支給の老齢厚生年金を、繰下げ受給したいと考えている女性からの質問です。
 

Q:60代前半からもらえる年金を繰下げ受給できる?

質問「私は昭和37年(1962年)生まれで現在59歳です。63歳から、特別支給の老齢厚生年金を受給できるそうです。この年金は、繰下げ受給して、受取額を増やすことはできますか?」(東京都・会社員)
特別支給の老齢厚生年金は繰下げ受給できる?

特別支給の老齢厚生年金は繰下げ受給できる?

 

A:「特別支給の老齢厚生年金」は繰下げ受給できません

老齢厚生年金の繰下げ受給制度とは、65歳からもらえる年金を、66歳以降の受け取りに遅らせることですが、60歳代前半でもらえる「特別支給の老齢厚生年金」には、繰下げ受給制度、繰上げ受給制度はともにありません。

そもそも相談者のように、60代前半で年金をもらえる人がいるのは、厚生年金法に特例があるからです。特別支給の老齢厚生年金がもらえる人とは、受給資格期間を満たした上で、年代や性別によって受給開始年齢が違いますが、女性で受給できるのは、昭和41年4月1日以前に生まれた人です。昭和41年4月2日以降生まれの人は、65歳から老齢厚生年金をもらうことになります。

60代前半で特別支給の老齢厚生年金をもらう予定のある人は、そもそも特例であるために、繰上げ受給・繰下げ受給できないと覚えておいてください。

※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
60代前半は会社員として働こうと思います。年金を減らされない収入はいくら?
妻は25年間、会社員を続けてきました。夫は加給年金をもらえますか?
夫と離婚したら厚生年金も分割してもらえるのでしょうか?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。