老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。年金初心者の方の疑問に、専門家が答えるコーナーです。今回は、妻が会社員だった場合、夫は年金版の家族手当である「加給年金」をもらえるのかについて回答します。
 

Q:妻は会社員。夫は「加給年金」をもらえますか?

「専業主婦の妻がいる66歳の会社の先輩は『加給年金』というものをもらっていて、これは年金が加算されるらしいですね。私の妻は50歳の会社員で年収は400万円ほど。現時点で勤続25年。妻は65歳から老齢厚生年金を受け取る予定です。私は将来、加給年金というものを、もらえるのでしょうか?」(神奈川県・57歳・会社員男性)
会社員でずっと働く妻がいる夫は加給年金をもらえる?

会社員でずっと働く妻がいる夫は加給年金をもらえる?

 

A:加給年金はもらえます

加給年金は、配偶者や子どもを扶養している(養っている)会社員等(厚生年金加入者)が、65歳以降に老齢厚生年金がもらえるようになると上乗せしてもらえる年金です。例えば、会社員の夫が年下の妻を扶養しているときなどにもらえます。

加給年金は、もらえる人と扶養されている人にそれぞれ条件があり、加給年金がもらえる人(厚生年金加入者)は、厚生年金の加入期間が20年以上あること、65歳になった時点で65歳未満の配偶者または子(18歳到達年度の末日までの間の子、1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子)がいる人で、扶養されている配偶者や子の年収がおよそ850万円未満の人です。加給年金をもらう条件は、厚生年金被保険者に扶養される第3号被保険者の条件、いわゆる「130万円の壁」と異なりますので注意してください。この方の妻は年齢が50歳で、年収400万円なので、夫は加給年金はもらえることになります。

ただし、妻が、障害年金を受給したとき、または65歳以降で老齢年金を受け取り始めると夫の加給年金は支給停止されます。

ちなみに、もらえる加給年金額は、配偶者と1人目・2人目の子は22万4700円(令和3年度)、3人目以降の子は各7万4900円(令和3年度)です。老齢厚生年金がもらえる人の生年月日に応じて、配偶者の加給年金額に3万3200~16万5800円が特別加算されます。相談者は22万4700円に16万5800円が加算され、合計39万500円の加給年金をもらうことができます。


※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
5月15日生まれの私。5月1日生まれの友人は、私より年金を多くもらったみたいです

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。