老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、長い期間、サラリーマンだった人の厚生年金が増える長期加入者の特例(44年特例)についてです。
 

Q:44年以上会社員を続けたほうが、年金をたくさんもらえるのですか

「1962年(昭和37年)生まれの男性です。40年ほど会社員を続けています。年上の人から、44年間、会社員として厚生年金を払うと、年金が増えることがあると聞きました。44年以上会社員を続けたほうがお得なのでしょうか?」(東京都・会社員・58歳)
 

A:相談者は「長期加入者の特例」に該当しません

会社員を長く続けて厚生年金加入期間が44年(528カ月)以上あり、会社を退職して被保険者でなくなった場合には「特別支給の老齢厚生年金」の一種である「長期加入者の特例」というものが適用されます。

「特別支給の老齢厚生年金」においては、60歳から64歳までの間は、報酬比例部分(給与に対応した分)しか支給されないのが原則です。ところが、例外として44年(528カ月)以上厚生年金加入期間がある人が退職すると「長期加入者の特例」に該当し、報酬比例部分(給与に対応した老齢厚生年金分)の他、定額部分(老齢基礎年金部分)が支給されます。

さらにお得なことは、加給年金は通常、65歳以降からしか支給されませんが、「長期加入者の特例」に該当すると配偶者(年収850万円未満、65歳未満、20年以上の厚生年金期間に基づく年金をもらっていない)がいる場合は、65歳到達前でも厚生年金喪失(退職)後に加給年金が支給されます。  
 
ただし、「長期加入者の特例」は「特別支給の老齢厚生年金」の一種なので、「特別支給の老齢厚生年金」の支給開始年齢が65歳到達前の人(男子は昭和36年4月1日以前、女子は昭和41年4月1日以前生まれ)のみが受けられる特例です。残念ながら相談者は昭和37年生まれなので、60代前半で受給できる「特別支給の老齢厚生年金」をもらえず、44年以上会社員を続けても「長期加入者の特例」には該当しません。

「長期特例」には該当しませんが、44年以上、厚生年金の加入を続ければ、その分の老齢厚生年金は生涯、増額になります。損はしませんので働き続けることを検討してみてはいかがでしょうか。


※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
60代前半でもらえる「特別支給の老齢厚生年金」の計算方法って?
年金が振り込まれるのは誕生日の月からではない? いつからもらえる?
60歳以上のパート主婦は厚生年金に入ったほうがお得? それとも損?
国民年金が払えない! 払わないとどうなるの?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。