自分に合ったものを選びたい! ダイソーのバターナイフ、ケース比較

ダイソー店舗

バター関連だけでも種類豊富なアイテムが揃う100円ショップダイソー

日々の料理やトーストに使うバター。朝食がパン派の人であれば毎日のように使うものだから、バターナイフは自分に合ったものを使いたいですよね。

便利グッズが多い100円ショップのダイソーには、バターナイフやバターカッターだけでも種類豊富なアイテムが揃っています。今回はその中から厳選した5品の用途と使用した感想をご紹介します。
 

スタンダードなタイプ「アルモニーバターナイフ」

ステンレス素材でできているダイソーのバターナイフ「アルモニーバターナイフ」。
ダイソーおすすめアルモニーバターナイフ

ダイソーの「アルモニーバターナイフ」110円(税込)

見た目はスタンダードなバターナイフですが、バターに当てる部分にわずかなカーブがついていることによって、力を入れやすくバターを簡単に取ることができます。
ダイソーのバターナイフ

わずかにカーブしているバターナイフが使いやすい 


・「アルモニーバターナイフ」110円(税込):ダイソー
 

計量不要なバターナイフ「大さじ1杯バターカッター」

バターの角に本体をあわせて上から押し下げていくと、ちょうど大さじ1杯分のバターを切り取ることができる「大さじ1杯バターカッター」。
ダイソーの大さじ1杯バターカッター

ダイソーの「大さじ1杯バターカッター」110円(税込)

スティック部分が長いため、自分が力をいれやすい形で持つことができます。また小さじ1杯分の目安となるラインもついているため、大さじ、小さじに対応できる点も便利です。
ダイソーの大さじ1杯バターカッター

バターに当てて押し下げると大さじ1杯分のバターをカットすることができる


・「大さじ1杯バターカッター」110円(税込):ダイソー
 

収納したままカットできる「バターケース バターカッター付き」

バターケースの中にバターカッターが入っている「バターケース バターカッター付き」。
ダイソーのバターケース バターカッター付き

ダイソーの「バターケース バターカッター付き」110円(税込)

ケースにバターを入れたまま付属のカッターで切り分けることができます。あちこちから必要なものを用意する必要がないというのは調理の時短にもなり便利ですね。
ダイソーおすすめバターケース バターカッター付き

ケースに収納されているカッターでバターをカットすることができる

ケースいっぱいにバターが入っている場合、端のほうのバターはカットしたあと取り出しにくいという難点はあります。

・「バターケース バターカッター付き」110円(税込):ダイソー
 

そのまま収納もできる「直ぬりバタースティック」 

包丁で3cm×6cmに切ったバターを本体にセットして使うタイプの「直ぬりバタースティック」。
ダイソーのおすすめ直ぬりバタースティック

ダイソーの「直ぬりバタースティック」110円(税込)

本体のパーツを外して中にバターを収納し、あとはスティックのりのように先端のパーツを回転させると中からバターが出てくる仕組みになっています。  
ダイソーのバタースティック

3cm×6cmにバターをカットする

中にバターをセットするのが少し面倒ですが、スティックタイプでバターを手に持つことができるため、トーストやグラタン皿のような耐熱容器に簡単にバターを塗ることができます。スティックのまま冷蔵庫に収納できるのも便利な点です。
バターカッター使い方

この状態でバターを塗ることができる

・「直ぬりバタースティック」 110円(税込):ダイソー
 

糸のようにバターを削れる「ふんわりバターナイフ」

ここまでご紹介した商品は1つ110円(税込)ですが、こちらの「ふんわりバターナイフ」は220円(税込)になります。本体に突起がある穴が開いていることにより、バターの上を滑らせるように動かすと、中から糸のようなふんわりしたバターが出てくる仕組みです。
ダイソー ふんわりバターナイフ

ダイソーの「ふんわりバターナイフ」220円(税込)

細いバターなので、焼けたトーストの上にのせるとジワっと自然に溶けていくため、力をいれてバターを塗りトーストを凹ませてしまうという心配が無用です。   
ふんわりバターナイフ

糸のようなバターが出てくる


・「ふんわりバターナイフ」220円(税込):ダイソー


今回ご紹介したように、ダイソーにはバター関連商品だけでも様々なものがあります。バターナイフやバターケース、カッターを必要な用途に応じて使い分けてみてはいかがでしょうか。

*今回ご紹介した商品は2021年5月15日現在の情報で掲載しています。
*店舗により品揃えが違い場合があります。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。