セーターやダウンジャケットを自宅の洗濯機で洗う方法

すっかり春になりそろそろ冬物のセーターやダウンジャケットの出番もなくなってきました。クリーニングに出せば手間はかかりませんが、冬物はとくに料金が高めです。クリーニング代を節約したいのであれば、自宅の洗濯機で洗ってみてはいかがでしょうか。

今回は、自宅の洗濯機でダウンジャケットやセーターを洗う方法をご紹介します。自分で洗うのが初めての方は「絶対に失敗したくない」という高級品以外で試してみましょう。
 

注意! オシャレ着洗い用の洗剤で、水かぬるま湯で洗うこと!

ダウンジャケットやセーターを洗濯機で洗うときは、通常の洗濯洗剤ではなくオシャレ着洗い用の洗剤を使います。とくにダウンジャケットは、中の羽がコーティングされており、通常の洗濯洗剤では強すぎてコーティングが落ちてしまうからです。

水か温度の低いぬるま湯で洗うのが理想的です。温度が高すぎると衣類の縮みの原因になります。
 

汚れを落とすポイント! 洗濯機で洗う前にダウンジャケットは「部分洗い」

全体的な汚れは洗濯機で落とすことができますが、ダウンジャケットの特に汚れている部分は先に手で部分洗いをします。

襟周り、袖口、ポケットの入り口、そして丈の長いダウンジャケットなら裾がとくに汚れている可能性が高い箇所です。
ダウンジャケットを洗濯機で洗う前の部分洗い

特に汚れている箇所は洗濯機で洗う前に部分洗いをする

先にオシャレ着洗い用の洗剤を汚れを落としたい箇所につけ、手や歯ブラシなどを使い軽く洗います。見た目は汚れていなくても、直接身体に触れている部分はとくに皮脂汚れなどがあるのでしっかり洗いましょう。
ダウンジャケットを洗濯機で洗う前の部分洗い

オシャレ着洗い用の洗剤を汚れている箇所につけて部分洗いする

セーターの場合も、目立った汚れがあれば、先に部分的にオシャレ着洗い用の洗剤をつけ、指でつまみ洗いをしておくとよいでしょう。
 

衣服を傷めないために! 目の細かい洗濯ネットに入れる

部分洗いが済んだら、いよいよ洗濯機での洗濯です。洗濯機に入れる前に、ダウンジャケットとセーターは、洗濯ネットに入れましょう。万が一洗濯機の中で部品などが引っかかったりしないように、洗濯ネットは画像左のような目の粗いものではなく、右のような目が細かいものを使うようにします。
ダウンジャケットを洗濯機で洗う時に使う洗濯ネット

ダウンジャケットやセーターを洗濯機で洗うときには左のような目が粗いものではなく、右のような目の細かい洗濯ネットを使う

セーターは擦れることによって毛羽だってしまうので、洗濯ネットの中で動かないように、洗濯ネットのサイズにあわせてセーターを折りたたんでからネットに入れるようにします。
セーターの洗濯機での洗いかたネットの使い方

セーターは洗濯ネットの中で動かないように、ネットのサイズにあわせて畳んでから入れる

 

いよいよ洗濯! 洗濯機の「ドライコース」や「オシャレ着コース」で洗う

洗濯ネット入れたセーターやダウンジャケット、そしてオシャレ着洗い用の洗剤を洗濯機に入れます。洗濯機のコースは「ドライコース」や「オシャレ着コース」を選択して、スタートボタンを押してください。

ダウンジャケットは軽く浮いてきてしまうので、上からバスタオルやシーツなどをかけて覆うようにすることをおすすめします。
ダウンジャケットを洗濯機で洗うときにバスタオルをかける

ダウンジャケットが浮いてこないようにバスタオルなどで覆うようにするのがおすすめ

 

最後の工程も要注意! 洗濯機で洗ったダウンジャケットとセーターを干す

洗濯機で洗い終わったダウンジャケットとセーターを干します。それぞれ注意点があります。

▼洗濯機で洗ったダウンジャケットの干し方
ダウンジャケットを干す前に全体を大きく振って、偏っている中の羽を広げるようにします。その後に、できる限り短時間で乾くように大きく広げて干してください。乾かしている途中にも何度か大きく振って偏った羽を広げましょう。
洗濯機で洗ったダウンジャケットを干しているところ

干す前にダウンジャケットを大きく振って中の羽の偏りを直す


▼洗濯機で洗ったセーターの干し方

洗って水を含んだセーターは重たくなっているので、Tシャツのようにハンガーにかけて干すと伸びてしまいます。衣類平干しネットがあると便利です。

洗濯機で洗ったセーターを干している衣類平干しネット

3COINSの衣類平干しネット(330円(税込))

平干しネットがない場合は、ハンガーを2~3本使い、できる限り重さを分散できるようにかけて干すようにしましょう。
ハンガーを使ったセーターの干し方

ハンガーで干す場合は複数使い重さを分散させるようにする

セーターやダウンジャケットを洗濯機で洗うのも慣れてしまえば簡単ですが、初めての方はまず失敗してもいい服でお試しください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。