「トランス脂肪酸が怖いからマーガリンは食べない」の2つの誤り

マーガリンのイメージ

「マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪い」…その情報は本当でしょうか?

トランス脂肪酸は、油脂類に含まれる「脂肪酸」の一種ですが、自然の食品にはほとんど存在しないと言われています。食品を加工する段階で発生すると考えられており、「トランス脂肪酸を摂りすぎると心筋梗塞などの冠動脈疾患のリスクが高まる」との報告もあります。WHO(世界保健機関)では、トランス脂肪酸の摂取量を「総エネルギー摂取量の1%未満(平均的な日本人で約2g未満)」にするよう勧告しています。「トランス脂肪酸」と聞くと、マーガリンなどに含まれるものと思っている方が少なくないようですが、実はこれは間違った認識です。また、海外のデータを日本国内でそのまま当てはめるのも考え物です。マーガリンとトランス脂肪酸の関係、また、海外のデータの考え方について解説します。
 

「マーガリンは体に悪い」という俗説の背景……トランス脂肪酸の心配は無用?

「マーガリンは体に悪い」「マーガリンはトランス脂肪酸が多い」といったイメージを持たれている方がいるかもしれませんが、実はマーガリンには健康を害するようなトランス脂肪酸は含まれていません

マーガリンは油脂の硬さを調節するために「部分水素添加油脂」を原材料の一部として用いています。この部分水素添加油脂がトランス脂肪酸の生成を助けると言われていることから、マーガリンにはトランス脂肪酸が大量に含まれているので、食べない方がよいという俗説が広まったようです。マーガリンの業界は、冒頭のWHOの発表を受けて大打撃を受けました。

しかし実際にマーガリンのトランス脂肪酸が多いかと言われると、それは誤りです。過去のものは確かに「現在のマーガリンに比べれば」多かったかもしれませんが、もともと日本人はWHOの基準を上回るほどのトランス脂肪酸を過去も現在も摂取していません。

さらに、この報告を受け、日本国内のマーガリンを製造している各社は、それぞれ企業努力を行い、上述の「部分水素添加油脂」を使わなくても、マーガリンの硬さを調節する方法などを開発しました。その結果、低減前でも問題のある量ではなかったトランス脂肪酸の含有量を、そこからさらに1/10まで減らした企業もあるほどです。今や、トランス脂肪酸だけを見たら、バターよりも少ないと言われており、以前から安全ではありましたが、より安全性が増しました。
 

トランス脂肪酸の危険性……日本人の生活には当てはまらない海外データ

シス型脂肪酸とトランス型脂肪酸の違い

すぐにわかるトランス脂肪酸」(厚生労働省)より引用

少し専門的になりますが、「不飽和脂肪酸」は、「シス型」と「トランス型」の2種類に分けられます。これは水素(H)がくっついている場所によって異なり、「シス型」は水素が片方に寄っていて、なんとなくバンザイをしているような形をしており、脂肪酸が安定しやすい状態です。これに対して「トランス型」は、水素(H)が上下に1つずつあるため、ヨガのトリコナーサナ(三角のポーズ)のような形になり安定しません。

諸外国では油脂の摂取量が多いです。トランス脂肪酸も健康被害が出るほどの量を常時、摂取しているため、冠動脈疾患のリスクが高まるとの報告が出されました。しかし日本国内に在住する日本人においては、諸外国で問題視されたほどの油脂量を摂取していませんでしたから、日本人がトランス脂肪酸を多量摂取した際にどのような影響が出るかは分かっていません。ただ、いずれにしても日常的に健康を害するほどの量は食べていないのです。無理に影響が出るであろう量を食べて実験することはできませんし、日本で生活している日本人が通常の食事で摂取する程度の油脂ではトランス脂肪酸は問題ないと考えていいと思います。
 

食生活は賢く、楽しく! バラエティに富んだ食卓で毎日を健康に

マーガリンはバターに比べて扱いやすく、安価であることも多いので、冷蔵庫に常備しているご家庭も多いのではないかと思います。

単一の食品「だけ」を多量に食べ続けると、なんらかの健康被害が起こる可能性は否定できませんが、人間は雑食で、さまざまな食品を食べて生活しています。マーガリンも「さまざまな食品」のひとつです。便利でお財布にも優しい食材は体に悪く、手間暇のかかったものでなければ健康的ではない、と考える必要はありません。上手にバランスよく、バラエティに富んだ食卓を楽しむことで、健康被害も減らしていくことができます。
 
■参考
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項