3月中に新しい一年に向けて準備を始めましょう

3月20日は春分の日。太陽が牡羊座の0度にあるこの日は西洋占星術でいうお正月。この日から新しい一年がスタートします。それまでは太陽は魚座にあって、3月中旬までは一年の最後のときです。この期間は、新しい年にむけて、すべきことの準備を始めることをおすすめ。とはいえ、先立つ物がなければ何もできませんから、今月の金運を知ることから始めましょう。

【後半の星座はコチラ】
12星座別!2021年3月の金運アップ方法【
牡羊座~乙女座】
 
新しい1年の準備をする時期

新しい一年の準備をする時期

 

天秤座

仕事運好調。やればやった以上の成果があがるとき。それにともなって報酬もアップしていきそう。仕事がおもしろくなって、仕事三昧の毎日でプライベートの時間なし。お金があっても使う余裕がないということになりがち。働きすぎてダウンして仕事を休むはめにならないように、プライベートの時間も大切に。お金は使わないとまわっていきませんから、必要な物、ほしいと思う物は忙しくても買うことをおすすめします。

ラッキーアイテム ウォレット
 

蠍座

苦あれば楽あり。今まで苦労した人ほどいいことありのとき。ただし、どんないいことが起きてほしいか具体的に想像できないと何も起こらないということになりがち。間違っても、悪い想像などしないこと。潜在意識はそれをあなたが叶えてほしいこととして実現してしまいますから。報酬アップやほしい物が手に入るところを想像するのも大賛成。すぐすぐにではないけど、頑張っていたら、ある日願いが叶うはず。

ラッキーアイテム 記念硬貨
 

射手座

自分だけが損しているという思いにとらわれがち。人より、多く仕事をしているとか、報酬が少ないとか、いろいろ不満がでてきそうですが、それはあなたの思い込みである可能性大。人からみたら、あなたの方がいい仕事をさせてもらっている、多くの報酬をもらっているということにもなりそう。周囲の雑音にはとらわれずに、目の前のことを一生懸命にやることが満足のいく仕事と報酬につながります。

ラッキーアイテム ウエットティッシュ
 

山羊座

グッドニュースが舞い込みそう。慎重派の山羊座はあらゆる角度から検討していて、やっと行動をおこしたときには終了していたということになりがち。少しでも興味があるなら、即行動で、とりあえずチャンスをつかんでおくべき。それからじっくり考えましょう。自分が苦手なこと、あまり興味のないことほど、やってみる価値あり。そこから金運アップのアイディアや人脈が生まれるという可能性も大いにありです。

ラッキーアイテム 携帯用消毒液(ミニサイズ)
 

水瓶座

何度やってもうまくいかなかったことがうまくいきそう。プレゼンがやっと通って報酬が入る見込みができたり、就職試験に合格して定期収入が期待できるようになったり、金銭面も安定していくでしょう。それが自分にとって希望通りではなかったとしても、実際にやってみなくちゃわからない。その仕事が楽しくなってライフワークとしてやっていきたいと思うようになる可能性も大いにありです。やって損することなしです。

ラッキーアイテム チョコレート
 

魚座

3日坊主になりがちなとき。やりたい気持ちはあるのだけど、続かなくて、次から次へといろんなことに手をだしてはすぐにやめてしまいがち。結局何ひとつものにならないということに。さすがにそんな短期間では、何も身につかない。何もしないでぼーっとしてすごす方がましかも。金銭面では、貯金箱に貯金も、節約も、もちろん続かないので、最初からやめておきましょう。無理せず必要な物は必要な分だけ買うべき。

ラッキーアイテム ペンケース

【後半の星座はコチラ】
12星座別!2021年3月の金運アップ方法【
牡羊座~乙女座】


教えてくれたのは……
小泉茉莉花さん  
 
 

 


占星術・神秘研究家。大学時代に偶然に手にしたタロットカードが神秘の扉を開き、タロットカード、西洋占星術、月占術、魔法など、神秘の研究を開始する。多くの雑誌でレギュラー連載を持つほか、『運がよくなる 日本のしきたり』(三笠書房)、『夢占い』共著(実業之日本社)、『幸運と魔法の月星座占い』(梧桐書院)など、著書多数。また、CD-ROMや家庭用ゲームソフトも手がけ、マルチメディアでも活動を展開している。小泉茉莉花オフィシャルサイト 

 

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。