スマートフォンでよく利用される機能としてQRコードがあります。QRコードは正方形の小さなランダムな模様の中に文字情報などを仕込むことができるコードで、専用のリーダーを使って解読する仕組みになっています。

QRコードを読み取る専用のアプリは多々ありますが、スマートフォンに最初から搭載されている機能を使えばすぐに読み取ることが可能です。ここではiPhone/Androidのスマートフォンでそれぞれ、QRコードを最速で読み取る方法を紹介します。

<目次>
iPhone/AndroidでQRコードを簡単に読み取る方法(内蔵カメラを使う)
iPhoneでQRコードを最速で読み取る方法(コードスキャナーを使う)
AndroidでQRコードを最速で読み取る方法(Googleレンズを使う)
 

iPhone/AndroidでQRコードを簡単に読み取る方法(内蔵カメラを利用する)

まずはiPhone/AndroidでQRコードを読み取る簡単な方法を紹介します。iPhone/Androidの内蔵カメラには、QRコードを読み取る機能が搭載されています。利用方法は、カメラをQRコードに向けるだけ。QRコードをカメラにかざすと、QRコードに含まれているデータを表示します。URLが表示された場合には、読み取ったURLを選択することで、ブラウザアプリが起動してWebページにアクセスができます。
内蔵カメラでQRコードを読んだ例

Android内蔵カメラでQRコードを読んだ例

iPhoneでQRコードを最速で読み取る方法(コントロールパネルの「コードスキャナー」を使う)

iPhoneには、QRコード専用機能として、コントロールセンターに「コードスキャナー」が内蔵されています。コントロールセンターには「アラーム」「カメラ」「ライト」などiPhoneのあらゆる機能にさっとアクセスできる機能が備わっていて、iPhoneの画面の右上を下にスワイプすると表示されます。※iPhone SE(第2世代)、iPhone 8以前、iPod touchでは、画面の下部から上にスワイプでコントロールセンターが表示されます。
コントロールセンターを表示。デフォルト設定では左下にコードスキャナーがある

コントロールセンターを表示。デフォルト設定では左下にコードスキャナーがある

コードスキャナーはQRコードだけでなく、バーコードなどの読み取りも可能で、読み取った瞬間に商品情報などのWebページが表示されます。
コントロールセンターにコードスキャナーがない場合には、iPhoneの設定アプリで「コントロールセンター」を開いて追加できる

コントロールセンターにコードスキャナーがない場合には、iPhoneの設定アプリで「コントロールセンター」を開いて追加できる

なお、コントロールセンターにはカメラのライトをオンにする機能もありますので、暗い場所で読み取るときに便利です。
 

AndroidでQRコードを最速で読む方法(Google レンズを使う)

Androidには、高機能はQRコード読み取りアプリとして「Google レンズ」があります。Google レンズはQRコードだけでなく、商品に付いているバーコードなどの読み取りも可能。検索ボタンをタップすることでWebページにアクセスでき、オンラインで購入ができます。また、テキストのスキャンや翻訳機能がありますので、さまざまな用途で便利に活用できます。
「Googleレンズ」

「Googleレンズ」

QRコードは店頭や雑誌など、広く活用されています。標準カメラだけでなく、専用アプリでの利用方法を覚えておくと便利に利用ができます。

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。