眠れない、目が覚める……コロナ禍で増えた不眠の悩み

朝日を浴びる女性

自律神経の不調は生活のちょっとした工夫で改善することも……まずは朝日を浴びることから始めてみましょう

今年はコロナ禍の自粛期間中などに、入眠障害や中途覚醒など、不眠のご相談がとても増えました。
 
「在宅業務で勤務の切れ目がないためか、気持ちが休まらない状態が続いています。眠ろうとしても、目が冴えてしまい、困っています」
 「眠りが浅く、寝付くのが明け方になるので、寝過ごしてしまうことが増えました。家での仕事になったので、何とかなるのですが……」
 
このようなお話をされる方の中には、ご本人、もしくは、ご家族の方の生活習慣が、自粛前と比べて、変化されていらっしゃる方がいらっしゃいました。朝の規則正しいリズムや、環境に伴いON-OFFが切り替わったことで、保たれていた自律神経に不調をきたしていることが考えられます。
 

自律神経の不調が原因で起こる症状……疲労・不眠・めまいなど

自律神経の不調が原因で起こりやすいのは、
 
・慢性的な疲労
・不眠(入眠できない、中途覚醒など)
・めまい
・動悸
・イライラや、不安感などの情緒不安定
・頭痛
・のぼせ
 
などの症状です。
 

漢方医学で考える自律神経を整える食べ物・生活習慣

漢方では、自律神経は漢方医学で人間の内臓全体を言い表す「五臓六腑」の中の「肝」が司っていると考えます。

漢方医学でいう「肝」は、西洋医学でいう肝臓と全く同じではありません。血液の貯蔵・解毒といった機能を持ち、目や筋肉、情緒のコントロール機能などまで多岐に渡ってコントロールをする臓腑とされています。
 
「肝」の気(エネルギー)は身体の上の方にのぼりやすいので、ストレス等によって刺激されると、目の充血や頭痛、のぼせ、イライラ、不眠、情緒不安定などの症状に繋がりやすくなります。また、「肝」はホルモンバランスとの関係も深いので、肝の働きが不調になると、月経の不調などを訴える方も多くなります。
 
そして、この「肝」の働きを整え、気(エネルギー)の流れをスムーズにするためには、食生活の中で、気の巡りを良くしてくれる香味野菜(セロリ・しそ・春菊・みょうがなど)や柑橘類を取り入れるのがおすすめです。
 
日々の生活習慣の中では、活動のオン・オフをはっきりさせ、生活リズムを整えることが大切です。簡単にできる効果的な方法は、まず目覚めたときに朝日を浴びることでしょう。天気が良い日は、朝起きて身支度を始める前にまず、カーテンを開けて、明るい朝日を浴びましょう。
 
また、精神的に疲れた時には、休息をとるだけでなく、ストレッチやウォーキングなど軽い運動をすることで、気の巡りが良くなり、疲労の回復に繋がることもあります。
 

努力不足ではない自律神経の不調。楽しみながら改善を

この1年は特に、働き方や生活スタイルが変わった方も多かったことと思います。今までは朝早く起きて出勤していたのに、在宅ワークになって「早起きができなくなった」「夜更かししてしまう……」という声を耳にします。生活リズムが一度崩れてしまうと、なかなか戻すのが難しいですよね。
 
この体の変化は、自律神経の不調が原因となって出てくる症状ですので、「気持ち」や「努力」で何とかしようとするのは、逆効果になることもあります。不調が出ているのは、気持ちが弱い訳でも、努力が足りない訳でもなく、自律神経の仕業です。
 
ただ、自律神経は、少し意識することで整えられることもあります。日々の生活に取り入れられることがあれば、ぜひ楽しみながら取り組んでみてください。
 
また、症状が辛く、なかなか改善が見られない場合には、我慢することなく、心療内科などへの受診するようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項