ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」は非常にお得だが注意点も多い

2020年12月3日にNTTドコモが発表した新しい料金プラン「ahamo(アハモ)」が大きな話題となっているようです。この料金プランは2020年3月の提供を予定しているもので、月額2980円で20GBの高速データ通信が利用できるというものです。
ahamo

2021年3月提供予定のNTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」。そのお得さから、発表直後より大きな話題となっている

割引などを適用しなくても非常に低価格、しかもサービスが充実しておりコストパフォーマンスが高いことから、ahamoは発表直後より大きな注目を集めています。ですが一方で、ahamoは従来のNTTドコモの料金プランとは異なる点が非常に多く、契約には注意が必要なプランでもあるのです。

では実際の所、ahamoはどのような料金プランであり、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。メリットとデメリットをまとめてみました。
 

ahamoのメリット(1)シンプルで安い

まずahamoのメリットですが、1つは料金が非常にシンプルで安いということ。先にも触れた通り料金は月額2980円という低価格であり、家族契約や固定回線の契約などに係る割引や、期間限定の割引など複雑な仕組みが一切存在せず、ずっと月額2980円で利用できるのです。
ahamo

ahamoの料金は月額2980円。複雑な割引や条件もなく、誰でもずっと2980円で利用できるシンプルさが特徴だ

ahamoのメリット(2)サービスが充実している

2つ目は低価格ながら通信サービスの充実度が非常に高いこと。毎月のデータ通信量は20GBと、スマートフォンのヘビーユーザーでなければ動画視聴などをしても十分足りる量ですし、それを超過しても最大1Mbpsでの通信ができることから、画質を最低限に落とせば動画の視聴もできるかもしれません。

しかも低価格サービスの多くが5Gによる通信に対応していない中、ahamoは4Gだけでなく5Gにも対応しています。その代わり3Gによる通信は利用できない点に注意が必要です。
ahamo

高速データ通信量は20GBで、それを超過しても最大1Mbpsでの通信が可能。4Gも5Gも利用できる

国内通話に関しても、1回当たり5分間は無料で通話ができるとのこと。通話定額サービスはオプション扱いとなることが多いだけに、標準で付属していることの安心感は大きいでしょう。
ahamo

1回当たり5分以内の通話は何度でも無料。オプション料金もかからない

もう1つ、追加料金不要で82の国や地域で国際ローミングが利用できるのも大きな魅力です。200以上の国や地域をカバーしている従来のNTTドコモの料金プランと比べれば範囲は狭いのですが、日本人の多くが訪れる国や地域は十分カバーできていますし、何より格安なサービスでは国際ローミングのサービスが提供されていなかったり、非常に高額だったりするのでahamoのサービス充実度は圧倒的といえます。
ahamo

82の国や地域での国際ローミングに対応、20GBの通信量を海外でのデータ通信にも利用できる

ahamoのメリット(3)手数料が一切かからない

3つ目は新規契約や、番号ポータビリティ(MNP)での転出にかかる手数料が一切かからないこと。いつ契約しても解約しても手数料がかからず、安心して乗り換えがしやすいプランだということは、消費者の立場からすれば安心感が高いでしょう。
 

ahamoのメリット(4)手続きもオンラインで完了する

そして4つ目のメリットは、契約からサポートまで全ての手続きがオンラインで完結するということです。契約するのにわざわざドコモショップや家電量販店に行く必要がなく、手元のスマートフォンなどから手軽に契約できますし、サポートもチャットで問い合わせることができます。スマートフォンに慣れている人なら手間がかからないだけに、大きなメリットとなるのではないでしょうか。
ahamo

ショップに行く手間は不要で、スマートフォンなどからオンラインで契約したり、サポートを受けたりできる

 

ahamoのデメリット(1)ドコモショップでのサポート不可

では、ahamoのデメリットはどこにあるのでしょうか。最大のデメリットといえるのは、基本的にドコモショップでのサポートが受けられないことです。

メリットの4つ目で触れた通り、ahamoは契約やサポートを全てオンライン化しているのが大きな特徴なのですが、それは携帯電話料金が高くなる大きな要因の1となっている、ドコモショップの運営にかかるコストを削って低価格を実現するためでもあります。それゆえスマートフォン初心者や、店頭での手厚いサポートを求める人には向いていないプランでもあるのです。
ahamo

通信量の確認から契約変更、トラブル時のサポートなども全てオンラインでこなす必要があるためスマートフォンに慣れていない人には非常に難しい仕組みだ

ahamoのデメリット(2)キャリアメールが使えない

2つ目のデメリットは、「@docomo.ne.jp」のいわゆるキャリアメールのサービスが提供されないことです。既にGmailなどを使っていたり、コミュニケーションはLINEやSNSでこなしている人には関係ないかもしれませんが、現在も年配層を中心に、キャリアメールがコミュニケーションの中心という人も少なからずいるので、そうした人にもahamoは不向きだといえます。
 

ahamoのデメリット(3)ドコモの既存プランとは全く異なる

3つ目は、やはりコストの兼ね合いもあってahamo契約者が購入できるスマートフォンは、他のNTTドコモの料金プランとは異なる可能性があること。執筆時点ではどのようなスマートフォンを扱うのか明らかにされていませんが、欲しい端末がない場合はSIMフリー端末を自身で購入し、SIMを挿入して回線が使えるよう設定するなどの作業を全て自分でする必要があるでしょう。
ahamo

ahamoユーザーが購入できるスマートフォンはまだ明らかにされていないが、従来の料金プランのユーザーとは異なるものとなる可能性が高い

ahamoのデメリット(4)ドコモの特典や割引の対象にならない

そして4つ目は、従来のNTTドコモの料金プランで受けられた特典や割引の対象にならないなど、明らかに違う点が多いことです。例えば従来の料金プランからahamoに変更するとNTTドコモの契約利用期間がリセットされてしまうため、仮にahamoから従来プランに戻したとしても、契約年数が「dポイント」の会員プログラム「dポイントクラブ」のステージ判定に影響する「ずっとドコモ特典」はリセットされてしまいます。

また、家族間の通話が無料になる「ファミリー割引」のグループ人数にも、ahamoユーザーはカウントされなくなってしまいます。ファミリー割引は「ギガホ」「ギガライト」などに適用される「みんなドコモ割」の基準にもなっているので、家族の誰かがahamoに移ると、他の家族の料金が上がってしまう可能性が出てくる訳です。

しかもahamoがサービスを開始する2021年3月から5月までは、システムの都合上既存の料金プランからahamoに移る際、なぜか番号ポータビリティによる転出と新規契約の手続きが必要になります。同じNTTドコモの料金プランでありながら、まるで別ブランドのサービスであるかのような扱いとなっている点には注意が必要でしょう。
ahamo

同じNTTドコモの料金プランでありながら、2021年5月まではシステム上の都合で、プラン変更時になぜかMNPでの転出と新規契約が求められるという

 

ahamoはスマホに詳しい若い世代に最適、シニアや家族には不向き

こうしたメリット、デメリットを見ると、ahamoはスマートフォンを使いこなしており、家族の人数に左右されない単身者に最適なプランであることが分かります。実際NTTドコモは、ahamoは親元から独立して間もない20代の単身者を狙って作られたプランとしています。

一方でサポートが弱く、既存プランとは大きく異なる部分も多いことから、シニアを主体としたスマートフォン初心者や、NTTドコモを長く利用している人、そしてファミリー層にはあまり向いておらず、使う人をかなり選ぶプランだともいえる訳です。

またahamoの提供開始は2021年3月とやや先であり、その間にKDDIやソフトバンク、そして楽天モバイルやMVNOなどもahamo対抗策を続々と発表しています。それらの対抗プランも見つつ、乗り換えを検討するのがよいでしょう。

【参考記事】
KDDIの新料金プラン「povo(ポヴォ)」を解説! UQ mobileや他プランとどちらを選ぶべき?
「ahamo」で激変、携帯大手3社の料金プランの行方を占う
5Gからahamoまで、2020年の携帯電話業界を振り返る
今さら聞けないMVNOとMNOの違い、実は「格安スマホ」にも違いが
5Gとは? 4G対応のスマホでも使えるの? 3つの特徴を徹底解説!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。