つま先が細く、スタイリッシュ

つま先が細く、スタイリッシュ

この冬、私が手に取った冬靴はGUの「ウォームブーツ+E」。高級アウトドアブランドのブーツを彷彿とさせる、スマートな見た目が魅力です。

冬靴は本格的になればなるほど、機能性が垣間見える「アウトドアっぽさ」が出てしまうもの。それはそれでいいのですが、ファッションによっては合わせが難しくなります。

しかし、GUのウォームブーツは、トゥが細く、履いたときに野暮ったくなりません。私はブラックを購入。程よく艶のある素材で非常に高見えします。
   

いつもの中綿よりも2倍暖かい

靴の内側は冷えを防ぐ仕様に。

靴の内側は冷えを防ぐ仕様に。

このGUのウォームブーツは3M社のシンサレートという素材を使用しており、通常の中綿よりも2倍暖かいのが特徴。足を入れた瞬間からぬくぬくと温かみを感じ、これからの寒い時期に重宝します。

たとえば、私のように座り仕事がメインの場合、「オフィス自体は暖かいけど足だけ寒い」という人も意外と多いのではないでしょうか。

かといって、オフィス用で防寒靴を別途用意するのも大変。通勤・オフィス両用で履ける見た目・暖かさを兼ね備えたこのブーツは、その点をうまくカバーしてくれます。

 

両手に荷物を持っていても着脱が楽ちん

履き口を調整してフィット感を増せるようになっている

履き口を調整してフィット感を増せるようになっている

シューレースのついた防寒ブーツは見た目にもかっこいいですが、なんといっても着脱が大変。しかし、このブーツであれば足をすぽっと入れるだけ。調整用の紐がついており、フィット感を高めることもできますよ。

帰省や冬のセールなど、靴を脱ぎ履きするシーンはこれから増えるはず。そんなときに紐靴を履いていると、非常にストレスを感じてしまいます。ノーストレスで着脱できるブーツがあれば、快適に冬の日常生活を送れるでしょう。

 

話題のワークマンとも履き比べ、結果GUを購入

靴底はグリップ力の高い設計。雪の上でも滑りにくい

靴底はグリップ力の高い設計。雪の上でも滑りにくい

実は、このGUのウォームブーツを買う前に、ワークマンで同様の防寒ブーツを試し履きしました。ワークマンのほうが値段が少し安かったのですが、GUのウォームブーツのほうが足を入れた瞬間から暖かいと感じました。ワークマンの低価格にはかないませんが、GUも2990円(※執筆当時の定価)というリーズナブルさで、デザイン面も某高級アウトドアブランドのような見た目で、かなりかっこいいんです。こういった防寒ブーツを買ったのは初めてですが、これは当たりだなと思いました。


防寒ブーツを履くときは、ボトムスはスキニーパンツですっきりさせるのがおすすめ。秋物のスニーカーは雨や雪が染みて不快な思いをしてしまうため、これからのレジャーシーンでは、防寒ブーツがあればデートもスマートに。1足は持っていて損のないアイテムだと思います。
  DATA
GU┃ウォームブーツ+E

カラー:05、09
サイズ:25.0cm、26.0cm、27.0cm、28.0cm
甲素材:本体…ナイロン100%、別布…合成皮革
底素材:合成底
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。