腕時計は3万円以下が売れている!

3万円以下のコスパ腕時計が面白い!

3万円以下のコスパ腕時計が面白い!

個性を表現するアイテムとして欠かせない腕時計。その中でも最も売れ行きが好調で、ユニークなモデルが集まるのが3万円以下の価格帯です。

数十万、数百万円という高級時計には憧れますが、購入するにはハードルが高いのも確か。腕時計というアイテムが提供してくれる所有のよろこびや、身につけたときの華やかさをたっぷり味わいたいなら、コスパに優れたモデルに目を向けてみるのもいいかもしれません。

『MonoMax』2月号

モノ雑誌『MonoMax』でもコスパ腕時計の企画は大人気

特にオススメしたいのが、15000円から3万円までの価格帯です。現在、カジュアル向けをメインとする時計専門店では2万円台前半が平均単価。この最もアツいこの価格帯を狙って、さまざまなブランドが傑作モデルをリリースさせているのです。

今回は、私が編集長をつとめている雑誌『MonoMax』でも、特に注目度が高く、人気の7ブランドを紹介します。

【CONTENTS/ラインナップ】
01.5000通り以上のカスタムオーダーで新境地を見せるKnot
02.世界のトレンドセッターたちのご愛用品、ダニエル・ウェリントン
03.機械式ムーブメントに革命を起こした、スウォッチの底力
04.ブランド哲学をミニマルに表現するカルバン・クライン
05.アメリカの2大老舗ブランド、TIMEXとレッド・ウイングがコラボ
06.機能美にあふれた歴史的マスターピース、ブラウン
07.世界に誇る“G”の原点がここにある、G-SHOCK


5000通り以上のカスタムオーダーで新境地を見せるKnot

knot/スクエアシリーズ(SQ-32)undefinedフェイス\15,000(税抜き)、ベルト\3,500(税抜き) ケース幅32mm、日常生活防水、クォーツ

knot/スクエアシリーズ(SQ-32) フェイス¥15,000(税抜き)、ベルト¥3,500(税抜き) ケース幅32mm、日常生活防水、クォーツ

最も勢いのあるブランドとして外せないのが、Knotでしょう。ファッション感覚で楽しめる「リストウェア」としての時計を目指し、フェイスとベルトを自由にカスタムすることが可能で、そのバリエーションは5000通り以上。買い求めやすい価格設定なのに品質に優れたメイドインジャパンにこだわったことでも知られ、テレビ東京「ガイアの夜明け」など各種メディアに取り上げられたことでも話題になりました。

この「スクエアシリーズ」は、2015年11月に登場した新作。ケース幅32mm、厚さ6mm、重さ25gという軽量・小ぶりなサイズで、日本人の腕に合わせやすいのが魅力です。スクエア型がラインナップに加わることで、これからはさらに思い通りにカスタムできそうです。

【問い合わせ先】
メーカーズ ウォッチ ノット Tel 0800-555-7010


世界のトレンドセッターたちのご愛用品、ダニエル・ウェリントン

ダニエル・ウェリントン/クラシック シェフィールド(0608DW) \22,000(税抜き) ケース径36mm、3気圧防水、クォーツ

ダニエル・ウェリントン/クラシック シェフィールド(0608DW) ¥22,000(税抜き) ケース径36mm、3気圧防水、クォーツ

ファッション業界内から旋風を巻き起こしたのが、ダニエル・ウェリントンです。ミニマルデザインが特徴の北欧ブランドですが、真っ先に注目したのが海外セレブたち。彼らがオシャレに着けこなした写真をインスタグラムにアップしていたことから人気に火がつき、いまやオシャレに欠かせないファッションアイコンとなっています。

最も代表的なモデルが「シェフィールド」です。極細の針と整然と配置されたバーインデックス、それにブランドロゴが刻印されたのみの、シンプルなフェイスデザイン。都会的なエレガンスと、どんな服装にも合わせやすい汎用性の高さが光ります。

【問い合わせ先】
ダニエル・ウェリントン 原宿 Tel03-3409-0306


機械式ムーブメントに革命を起こした、スウォッチの底力

スウォッチ/システム51(システム・クラウズ) \17,000(税抜き) ケース径42mm、3気圧防水、自動巻き

スウォッチ/システム51(システム・クラウズ) ¥17,000(税抜き) ケース径42mm、3気圧防水、自動巻き

1本数千円という低価格モデルが多く、腕時計をカジュアルな製品へと導いた立役者であるスウォッチ。「とにかく低価格」というイメージを強く人も多いと思いますが、本場スイスで生まれたブランドであること、かつ世界最大の時計メーカーグループの看板的存在であることから、品質・デザイン・機能・コスパと、すべてに妥協のないところも見逃せません。

この「システム51」も、スウォッチの底力を感じさせる良作です。このモデルに搭載した独自の機械式ムーブメントは、従来品に比べて約1/2に満たない51個のパーツだけで構成されたもの。それでいて最大90時間のパワーリザーブを実現。時計史に刻まれる金字塔となることは間違いありません。

【問い合わせ先】
スウォッチ コール Tel0570-004-007


ブランド哲学をミニマルに表現するカルバン・クライン

カルバン・クライン ウォッチ/カルバン・クライン ミニマル(K3M211C4) \21,000(税抜き) ケース径40mm、3気圧防水、クォーツ

カルバン・クライン ウォッチ/カルバン・クライン ミニマル(K3M211C4) ¥21,000(税抜き) ケース径40mm、3気圧防水、クォーツ

ニューヨーク発の最新ファッションを提供するカルバン・クラインの時計ラインですが、「単なるアパレルブランドの一コレクション」ではありません。スウォッチグループの一員であるため、ムーブメントの品質やケースの仕上げなど、その作りはどこをみても一流。信頼のスイスメイドで、大人の男性に求められるエレガンスやクリーンな雰囲気、上質さといった世界観を展開しています。

ここに紹介する「カルバン・クライン ミニマル」は、そんなブランドらしさが如実に表現された新作です。クリーンなポリッシュ仕上げのSS製文字盤を採用したラウンドモデルで、名称通りミニマルに仕上げられています。オン・オフ、シーンを問わずに活用できる逸品です。

【問い合わせ先】
カルバン・クライン ウォッチ/スウォッチ グループ ジャパン Tel03-6254-7380


アメリカの2大老舗ブランド、TIMEXとレッド・ウイングがコラボ

TIMEX/ウォーターベリー レッド・ウィング・シュー・レザー 左上\20,000(税抜き)、右上\20,000(税抜き)、下\30,000(税抜き) ケース径38/40/42mm、5気圧防水、クォーツ

TIMEX/ウォーターベリー レッド・ウィング・シュー・レザー 左上¥20,000(税抜き)、右上¥20,000(税抜き)、下¥30,000(税抜き) ケース径38/40/42mm、5気圧防水、クォーツ

時計好きやファッション好きなら、つい何度もハマってしまうのがタイメックスの時計です。160年以上の歴史の中では、実際に米軍に納入された軍用「キャンパー」やフロントにプッシュボタンを置いたスポーツ向け「アイアンマン(R)」など、いくつもの傑作が生まれ、TIMEXコレクターも数多く存在しています。

今回注目したのが、革靴メーカーであるレッド・ウィングとコラボしたモデルです。同社でなめされたレザーには、ヴィンテージ感と高級感が同居。それに合わせて文字盤もリデザインされ、ヘリテージ感ある仕上がりになっています。それになんといっても、アメリカを代表する老舗ブランド同士が手を組んだというところに、ついにんまりしてしまうのです。

【問い合わせ先】
DKSH ジャパン Tel03-5441-4515


機能美にあふれた歴史的マスターピース、ブラウン


ブラウン/BN0035WHBKG \30,000(税抜き) ケース径40mm、5気圧防水、クォーツ

ブラウン/BN0035WHBKG ¥30,000(税抜き) ケース径40mm、5気圧防水、クォーツ

ドイツの電気機器メーカーであるブラウンは、同国のデザイン学校バウハウスの流れを汲む機能美あふれるデザインで、世界に知られる存在になりました。同社メインデザイナーだったディーター・ラムスの仕事は、アップルのデザイナーであるジョナサン・アイブに影響を与えたことでも有名です。そうしたブラウンの哲学を組んだ時計コレクションは、特にデザイン業界から高い支持を集めています。

代表モデルといえるのが、2012年に登場したクロノグラフモデルの「BN0035」です。3カウンターを備えつつまとまりのある文字盤デザインに仕上げ、視認性も良好。iFデザイン賞とreddot賞という、いずれもデザイン界で権威ある賞を獲得していることでも、世界からの評価の高さが伺えます。国内外のいろいろなシーンで、「あっ、それブラウンの?」と話のきっかけになってくれるというのも、大きなポイントなのです。

【問い合わせ先】
アイ・ネクストジーイー Tel03-5496-4317


世界に誇る“G”の原点がここにある、G-SHOCK

G-SHOCK/GW-M5610-1JF \20,000(税抜き) ケース幅46.7mm、20気圧防水、タフソーラー

G-SHOCK/GW-M5610-1JF ¥20,000(税抜き) ケース幅46.7mm、20気圧防水、タフソーラー

最後にご紹介するは、いわずと知れたG-SHOCK。耐衝撃構造や高防水性を備えたG-SHOCKは、「机から落としたら壊れる」「水没したら故障する」のが当たり前だった時計の常識を打ち破り、1990年代にはファッションカルチャーとも結びついて大きなブームを起こしました。ラインナップが拡充した現在、高級な価格帯も生まれていますが、3万円以下のモデルもいまなお充実しています。

毎シーズン魅力的な新作が登場していますが、今回はあらためてG-SHOCKの原点といえる「GW-M5610-1JF」を推します。1983年に誕生したDW-5000Cのデザインを継承する、スクエアフェイスを採用。しかしその中には、世界6局の標準電波を拾って時刻を自動修正する「マルチバンド6」やソーラー充電システムなど、最新のテクノロジーを搭載。レトロな見た目と最新の機能が味わえる、一挙両得なモデルなのです。

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室 Tel03-5334-4869


いずれも、ブランドの歴史やコンセプトを感じさせる良作です。ぜひ注目してみてください。

>>雑誌『MonoMax』編集長を務めるガイド柚木の最新情報はこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。