遠近感に自然にフィット

写真の一部分をコピーして、覆い隠したい部分にペーストします。まず、遠近面のコピーしたい部分を選択します。
選択ツール]を選び、遠近面上でドラッグして四角形で囲みます。通常の選択ツールは、長方形に選択されますが、ここでは遠近感の付いた選択範囲が自動的に作られます。↓

選択範囲を[Ctrl/command+C]キーでコピーして、[Ctrl/command+V]キーでペーストします。
コピー&ペーストしたものを、ずずずーっと下方へドラッグすると、ペーストした部分が遠近感に合わせて、自動的に形を変えていくのがわかります。↓


コピー&ペーストだけでも
遠近感に違和感がありません

Vanishing Pointには[変形ツール]も備わっています。とても便利なのは、ペーストした部分を回転したり、拡大、縮小する際にも、遠近感の効果が保たれていますので、とても楽に位置合わせができることです。↓

もくじに戻る

遠近効果が付いた「コピースタンプツール」

Vanishing Point専用のコピースタンプツールが備わっています。
使い方は通常のコピースタンプツールと同様に、画像のサンプルに使用したい部分で[Alt/option+クリック]をして、サンプルを描き重ねたい箇所をドラッグします。


遠近感を保ちながらペイントできます

ただし、やりすぎるとどれが本当の蛇口なのかわからないですね…↓

もくじに戻る

次のページでは、立体形の面の遠近感にあわせたロゴを作って、オリジナルパッケージが簡単に作れます。次ページへ>>