住友林業

 

駅から近い、家賃が安い…住み手の視点から考える賃貸住宅は、立地や予算が優先され、ともすれば外観の印象などは後回しにされがちです。ただ、これからは人口減少に伴い、借りる人も減少していく時代。オーナー目線に立てば、長く住んでもらえる資産価値の高い賃貸住宅にするために、他と分かりやすく差別化できる要素「デザイン」も大切になります。今回はそんなニーズに応える住友林業のデザイナーズ賃貸住宅「フォレストメゾン・カレ」をご紹介しましょう。
 

“デザイン”はこれからの賃貸住宅に不可欠な付加価値

お話をうかがったのは、住宅・事業本部 技術商品開発部 チームマネージャーの千葉孝浩さん。長年、賃貸住宅の設計に携わってきた“賃貸住宅のプロフェッショナル”です。「フォレストメゾン・カレ」が“デザイナーズ賃貸住宅”をコンセプトとした理由を聞きました(本記事コメントはすべて千葉さん)。

「このような賃貸住宅設計は、住友林業として初めての試みです。コンセプトに基づき、デザインや仕様を先に決めた上で商品開発に臨みました。背景にあるのが、最近、建物の外観デザインを重視して賃貸を探す方が増加していることです。外観は道行く人の目にも入りますし、どうせ住むなら洗練されたデザインの住まいで暮らしたい、というのは住む人にとって普遍的な心理です。また、住みたいと考える人が増えれば、当然、賃貸住宅のオーナー様にとっても安定的に部屋が埋まり、長期の安定経営が期待できるメリットが生まれます。

現在、住宅メーカーがつくる賃貸住宅のクオリティは同程度で大きな違いが出るものではありません。特に内装仕様や設備面で差別化するのが難しくなってきています。しかし、それでは住み手に選ばれる賃貸住宅になれません。さらにオーナー様が“財産”として所有する賃貸住宅なのですから、当然、他とは違う個性があったほうが良いはずです。

“デザイン”は、そうしたニーズを叶える決め手なのです」
 

道行く人の目を惹きつける3つのデザインスタイルを用意

では、早速「フォレストメゾン・カレ」を紹介していただきましょう。特徴が異なる3つのデザインスタイルが用意されています。

「まずは『ボックス』です。商品名どおりの四角い箱状の建物で、初めて目にした時は、木造賃貸住宅には見えないのではないでしょうか。外壁の凹凸がつくる彫りの深い陰影が、建物の存在感を強調します。道路側からの視線を考慮し、住む人のプライバシーを確保できるデザインとしました」
住友林業

ボックスは凛とした美しさが際立つキュービックデザインが特徴
 

「次は『バーチカル』です。軒と装飾部材で水平と垂直のラインを美しく描いたデザイン。連続するサッシをアクセントにした洗練のファサードからは光がたっぷり入ります」
住友林業

石張りのエントランスと植栽が街並みに映えるバーチカル


「最後は『ルーフ』。ボックスと同じスクエアなイメージを持ちながら、街並みに溶け込むような軒のあるデザイン。木質感のある素材で戸建て住宅の趣を醸し、都市部の比較的狭小地でも計画が可能です」
住友林業

ルーフは外壁の木質感とシンメトリなデザインが目を惹く
 

3つのモデルすべてにWi-Fi環境や宅配ボックスを標準仕様で用意。さらに外観デザインに合わせたエクステリアの門柱デザインを設定し、街並みに合わせた提案も行っている
 

設計自由度を高めるオリジナル構法

さて、住友林業といえば、代名詞ともいえるのが、BF(ビッグフレーム)構法。木質梁勝ちラーメン構造のため、通し柱の制約がなく、柱や壁の位置を各階ごとに自由に配置することが可能。敷地を有効に活用するプランや、柱や壁の少ない開放的な空間など、高い設計自由度が特徴です。
住友林業

BF構法は、日本で初めて梁勝ちラーメン構造を木造住宅で実現した構法。主要構造材に独実に開発したビッグコラム(大断面の集成材)を使用。接合部には金属相互を直接結合するメタルタッチを採用している

「フォレストメゾン・カレも、BF構法で建てることはもちろん可能です。さらに賃貸住宅に特化したWF(ウォールフレーム)構法も用意しました。WFの特徴は、建物の内部に住友林業独自の大断面集成柱・ビッグコラム、外周壁に大きな壁面で支える耐力面材を採用することで耐震性を担保することです。
住友林業

WF構法のイメージ。ビッグコラムの採用によって建物内部の構造上必要な壁を少なくすることができ、間取りの可変性、将来のリフォームへの対応力も高めた

BF構法の特徴でもある大空間リビングや大開口を必要としない賃貸住宅では、事業性を意識したコストパフォーマンスの高いWF構法で計画ができます。将来の住み手のニーズにあわせた間取りの可変性はBF構法と同様、比較的容易に実現が可能です」
 

グループ力で長期安定経営をサポート

長く選ばれるデザイン性に加え、管理体制がしっかりしていることもフォレストメゾン・カレの長所です。

「管理は住友林業のグループ会社である、住友林業レジデンシャルが担当します。系列の管理会社なので住宅図面を共有していますから、リフォーム、間取り変更などの大掛かりな更新や、住人退去後の原状復帰はもちろん、通常の住宅設備やライフライン系のトラブルにもいち早く対応します。これによって住み手の居住満足度が上がり、より長く住んでいただける賃貸住宅になると思います」

さらに、オーナー様にご安心頂ける30年一括借上げも行っています。

「この一括借上げは他の会社でも行っていますので、目新しいものではありません。我々が異なるのは、30年の一括借上げに合わせて、『防水、構造躯体の30年保証システム』と『LS(ロングサポート)30仕様』をセットにしていることです。
住友林業

防水、構造躯体の30年保証システムでは、設計・建設住宅性能評価の取得とともに、維持保全計画書に基づいた有償メンテナンス工事を住友林業で実施した場合、構造躯体と防水を30年保証している※

住友林業

屋根と外壁の劣化を防ぎ、新築時の美しさを長く保つ、LS30仕様

前者は、構造躯体と防水(雨漏りなど)を30年間無償で保証※するもの。後者はフォレストメゾン・カレに採用した、新築から30年間の高耐候の外装仕様を指します。

以上の仕組みによって、オーナー様は、住宅設備の交換、内装の修繕などを除いて住宅竣工後30年間は高額の臨時出費をする必要がなくなり、その間の安定した賃貸住宅経営が期待できるのです」

賃貸住宅は、築年数が新しいうちは高い家賃を設定できますが、売りがない物件は古くなるにつれて家賃が下落しやすいのが一般的です。

まして既に人口が減っていく時代に入っている今、これから賃貸住宅経営に挑むなら、ありきたりではなく「ここに住みたい!」と思われる賃貸住宅をつくる必要があります。その意味で、住み手に大きなインパクトをもたらすのはもちろん、建設地の街並みにもプラスの影響を与えるフォレストメゾン・カレは、注目に値するのではないでしょうか。

※保証基準には免責事項があります。詳細は住友林業発行の保証書に準じます

<関連サイト>
[デザイナーズ賃貸住宅]フォレストメゾン・カレ
無料カタログ請求

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。