ウィジェットとショートカットでホーム画面のカスタマイズが可能に!

一日に何度も眺めるiPhoneだからこそ、自分好みの画面にしたいもの。iOS 14でサポートされた機能により、その希望がかなうこととなりました。

使う機能は、「ウィジェット」と「ショートカット」です。ウィジェットとは、天気や時計などの情報を小さなサイズでホーム画面に表示する機能です。もしかしたら、Androidで見たことがあるかもしれませんね。アプリをわざわざ開かなくても、ホーム画面を見るだけで情報をチェックすることができてとても便利です。

ショートカットはiOS 13で登場し、iOS 14で機能が強化されました。作成したショートカットをタップするだけで、複数の機能や操作を実行することができる機能です。この機能を使って、新たなデザインのアイコンにアプリを割り当て、まるでアイコンの画像が変わったかのように見せることができます。
ウィジェットとショートカットを使えばiPhoneのホーム画面もこんな風にカスタマイズできる

ウィジェットとショートカットを使えばiPhoneのホーム画面をこんな風にカスタマイズできる
 

それでは、使い方をひとつずつ説明していきます。
 

ウィジェットは標準だけでなくアプリも便利

iPhoneのホーム画面にウィジェットを追加するには、ウィジェットの何も表示されていない部分を長押しし、表示された「+」ボタンをタップします。すると、ウィジェット画面が表示されるので、設置したいウィジェットを選び、「ウィジェットを追加」をタップします。
ウィジェット

新機能「ウィジェット」を設置したところ
 

これだけでもホーム画面が便利になりますが、アプリを使うと豊富なデザインから選択できるようになります。おすすめは「Widgetsmith」です。

App Storeでアプリをインストールし、ウィジェットのサイズを選択、カレンダーや写真などの種類を選ぶと、豊富なデザインからウィジェットを選択することができます。文字の色やフォントを選べるので、自分の好きなウィジェットを作成できます。
Widgetsmith

「Widgetsmith」はデザインが豊富なアプリ
 

「Widgetsmith」で作成したウィジェットを先ほど紹介した「ウィジェットを追加」で配置しました。こうなると、背景の画像も好みに変更したくなりますね。
「Widgetsmith」

「Widgetsmith」で作成したウィジェットを配置した
 

ショートカットを使って異なるデザインのアイコンを作る

アプリのアイコンはカラフルで楽しいのですが、そのままでは画面全体のトーンを揃えることができません。そこでショートカットを使って、アイコンのデザインを別の画像に置き換えたアイコンを新たに作成します。

やり方は、「ショートカット」アプリを開き、右上の「+」ボタンを選択、「アクションを追加」をタップしたら、検索欄に「Appを開く」と入れます。そして設定したいアプリを選んだら、3つの点のメニューボタンをタップ、「ホーム画面に追加」ボタンをタップします。アイコン部分をタップして好きな写真を設定、アプリ名を入力したら「追加」して「完了」します。
ショートカット

「写真を選択」でアイコンのデザインにしたい画像を指定する
 

これで通常のデザインではないアイコンでアプリを起動できるようになります。同じアプリを起動するアイコンが2つある状態です。

ショートカットのアイコンをタップすると指定したアプリが起動しますが、未読などのバッジは表示されないので注意しましょう。もしショートカットを消したい場合は、何も表示されていない部分を長押しして、マイナスボタン、もしくは「ブックマークを削除」で削除ができます。
ショートカットのアイコン

「ショートカット」で猫のデザインにしたアプリのアイコンを並べた。背景画像を変更し、ウィジェットも増やした
 

カスタマイズのヒントが欲しいときはInstagramやTikTokを見てみましょう。「#ホーム画面」などで検索すると色の系統を揃えている、もしくはテーマに合わせて作りこまれているホーム画面がたくさん投稿されています。ぜひ自分らしいホーム画面を作ってみてくださいね。


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。