「イヤリングカラー」3選! マスクをしていてもずっとおしゃれに

マスクをしていてもおしゃれに決めたい……。そんな願いを叶えてくれるのが「イヤリングカラー」! 耳周り~裾ラインにインナーカラーをONすることで、マスク姿でも存在感抜群のヘアスタイルに。おしゃれさんやインナーカラー初心者さんにもおすすめしたい、イヤリングカラー3選をご紹介します。
 

おすすめ1:ラベンダーグレー

おすすめ1:ラベンダーグレー(画像提供:bangs[バングス])

おすすめ1:ラベンダーグレー(画像提供:bangs[バングス])


よりナチュラルなイヤリングカラーを楽しみたい人におすすめなのが、ラベンダーグレー。アッシュの同系色ハイカラーをインナーに忍ばせ、自然なバランス感を意識しました。また、ショートバングと合わせることで、トレンド感アップ。ボーイッシュなミニボブとの相性も抜群です。

【このスタイルが似合う髪のタイプ】
  • 髪量:少ない~多い
  • 髪質:柔らかい~硬い
  • 顔型:四角・卵型・丸・ベース・面長・逆三角
  • 髪のクセ:なし~強い
 

おすすめ2:ラベンダーピンク

おすすめ2:ラベンダーピンク(画像提供:bangs[バングス])

おすすめ2:ラベンダーピンク(画像提供:bangs[バングス])


外ハネボブをさらにポップにするのは、ラベンダーピンクのイヤリングカラー。明るめベージュをベースに、同一トーンのピンクをインナーカラーとして取り入れ、柔らかい質感に仕上げました。スキマ感のあるオン眉ラウンドバングとの相性も抜群なので、マスクをしても野暮ったくならず、抜け感をキープできます。

【このスタイルが似合う髪のタイプ】
  • 髪量:少ない~多い
  • 髪質:柔らかい~硬い
  • 顔型:四角・卵型・丸・ベース・面長・逆三角
  • 髪のクセ:なし~強い
 

おすすめ3:レッドピンク

おすすめ3:レッドピンク(画像提供:bangs[バングス])

おすすめ3:レッドピンク(画像提供:bangs[バングス])


ピンクの同系色で差をつけた、ワンランク上のイヤリングカラー。11レベルのピンクベージュをベースに、8レベルのレッドピンクをインナーカラーとして忍ばせ、立体感をつけました。また、全体にレイヤーをたっぷり入れて、イヤリングカラーがより映えるように自然な動きをつけやすくしています。

【このスタイルが似合う髪のタイプ】
  • 髪量:少ない~多い
  • 髪質:柔らかい~硬い
  • 顔型:卵型・丸・ベース・面長
  • 髪のクセ:なし~少し

■ 参考記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。