環境にやさしい無印良品のおすすめ商品

店舗:無印良品のおすすめ

早くから環境に配慮した商品を展開していた無印良品

無印良品といえば、早くからマイバッグの持参を推奨し、商品としても販売していたように、現在も環境のことを考えたさまざまな商品が展開されています。

環境に配慮した商品を使うことやゴミを減らすことを意識した生活をすると、節約につながったり、家事をラクにすることもあります(『節約にもつながる「ゴミを減らす」暮らし方』)。

今回はこの夏に新しく始まった無料の給水ポイントで使えるボトルをはじめとする、無印良品の環境を考えたおすすめ商品をご紹介します。
 

IDEA PARKから誕生した「竹材ストロー」

無印良品のIDEA PARKとはこれからの時代に向けて消費者の声をモノづくりに反映させるために作られたもので、ユーザーのリクエストからさまざまな商品が誕生しています。
無印良品のおすすめ竹ストロー

濡れてもしっかりとした形状の竹素材のストロー

その中の一つがプラスチック製ではない、成長の早い竹とでんぷんを原料に使った天然由来素材のストローで、使用後は可燃ごみとして燃やすことができます。

・10本入り/99円(税込)
 

給水ポイントで無料の水をもらえる「自分で詰める水のボトル」

無印良品のおすすめ自分で詰める水のボトル

平たい形が使いやすい無印良品の自分で詰める水のボトル

1日1本でも空のペットボトルを減らすことを目的として発売されたのが「自分で詰める水のボトル」。今年の7月から無印良品の一部の店舗に給水ポイントが設置されており、このボトルを持っていくと、無料で水を入れることができるというものです。フラットな形でカバンの中でも邪魔にならないサイズになっています。

・容量330ml/190円(税込)
 

竹繊維を利用した「携帯用ペーパーナプキン」

無印良品のおすすめ携帯用ペーパーナプキン

無印良品の携帯用ペーパーナプキン

原料の主成分に竹の繊維を使用し、漂白工程を省き素材そのままの色で、また柔軟剤などの薬品も使用していないペーパーナプキンです。
携帯用ペーパーナプキン 無印良品

カバンに入れておいても邪魔にならないサイズ

1つのパッケージが手のひらに乗るほどにコンパクトになっているので、持ち歩きしやすいサイズ。コロナ禍の現在、公共のトイレのハンドドライヤーは利用中止となっているところが多くありますが、「携帯用ペーパーナプキン」は洗ったあとの手を拭くのにも使いやすいサイズです。

・30枚(10組)×4個/80円(税込)
 

無漂白の「キッチンペーパー」

キッチンペーパー 無印良品

しっかりとした厚みがある無印良品のキッチンペーパー

パルプ素材で無漂白の「キッチンペーパー」は簡易パッケージなので、使い終わったあとのゴミも最小限になっています。1枚ずつにしっかりとした厚みがあり、フライパンの油汚れなども綺麗に落とすことができます。

・75組(150枚入)/290円(税込)
 

竹繊維を利用した「卓上用ティシュペーパー」

無印良品おすすめティッシュペーパー

主成分に竹の繊維を利用した卓上用ティシュペーパー

「携帯用ペーパーナプキン」と同じく原料の主成分に竹の繊維を使用したもので、無漂白かつ柔軟剤などの薬品を使用していないものになります。
無印良品おすすめティッシュボックス

クラフト素材のティッシュボックスもおすすめ

パッケージのままでも使えますが、別売りの「クラフトティシューボックス・組立式・卓上用」250円(税込)とあわせて使うのもおすすめです。

・300枚(150組)×3個/190円(税込)


今回ご紹介したもの以外にも、無印良品では環境のことを考えたさまざまな商品が販売されています。店舗でもぜひチェックしてみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。