コンパクトなのに大容量。1泊2日ほどの荷物も収納できます

コンパクトなのに大容量。1泊2日ほどの荷物も収納できます

ひと昔前は、ナップザックといえば「部活帰りの学生が持つ物」という印象が強く、ファッションに流用するにはどこかハードルが高い雰囲気がありました。

しかし、近年のスポーツMIXスタイルの影響から、ハズしアイテムとしてナップザックの人気が上昇。今では大人のこなれコーデをつくる、重要なアイテムとして注目されています。

もしあなたが「バックパックは持っているから、これ以上背負うカバンはいらない」と思いこんでいるなら、もったいない!

ナップザックには特有のよさがあるんです。たとえば、他のバッグにはない軽さ。素材にもよりますが、今回ご紹介する無印良品の「撥水2WAYナップザック」はわずか121gほど。まるでショッピングバッグのように気軽に持てるのが魅力です。
 

男心をくすぐるギミック

大人っぽく艶のある素材感

大人っぽく艶のある素材感

無印良品の「撥水2WAYナップザック」は、その名の通り複数の使い方ができます。

バッグ上部に手持ちできるひもが付いており、1つ目はトートバッグとして持つ使い方。2つ目はバックパックのように背負う使い方。他にも、折りたたんで手で持つ、クラッチバッグのような使い方もいいですね。

何より男心をくすぐるのが、ひもをしばったときに「四角いトート」としての見た目から「スポーティなナップザック」として形が変わるところ。

ギミックというと大袈裟ですが、入れる物や気分によって、シルエットを調整できるのがこのバッグの魅力です。

リラックスした雰囲気を出したいときは、ひもをしばらず「四角いトート」スタイル。かっちりした格好の外しとして使うなら、ひもを縛って「スポーティなナップザック」スタイルを適用。ひもと持ち方を変えるだけで、ひとつのバッグでさまざまなシーンに対応できますよ。

 

差がつく大人シンプルな見た目

レザーよりもキメすぎず、お洒落な外しアイテムとして使える

レザーよりもキメすぎず、お洒落な外しアイテムとして使える

ナップザッグというと簡易的なバッグを想像するため、人によっては「ちょっと見た目が貧相にならない?」と敬遠するかもしれません。ですがこのアイテムであれば、その心配は必要なし。高級感を感じる黒く艶のある素材で、値段以上に高見えして大人っぽくキマります。

斜めに入ったジップのラインや、黒で統一されたデザインが非常にセクシー。メインバッグとしても十分に活躍するポテンシャルを持っています。

私の場合、PCなどを入れて持ち運ぶこともありますが、強度の点も問題なし。丈夫な素材で作られているため、ガシガシ使っても破れる心配もいりません。

 

これからの季節のマストアイテム

ノーマークだった無印良品のバッグ

ノーマークだった無印良品のバッグ、撥水2WAYナップザックに出会ってすっかりイチオシに!


おしゃれな街着に合わせてもよし、ジムに行く時のバッグとして使ってもよし、買い物ときにショッピングバッグとして使うのもよし。商品名になっている撥水加工も施されているため、秋のレジャーシーンでも大活躍間違いなしです!

正直、ノーマークだったこのバッグ。ふらりと無印良品に寄ったときに一目惚れして購入しましたが、大正解でした。

スマートな大人男子にこそ使って欲しい高いデザイン性が魅力。コートやジャケットなど、かっちりとしたアウターを羽織るこの時期、周りに差がつくハズしアイテムとして、ぜひコーデに取り入れてみてくださいね。
 
DATA
無印良品┃撥水2WAYナップザック

カラー:黒
サイズ:約50×38cm
本体重量:約121g
素材:ポリエステル100%
最大積載量(目安):約17L
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。