1955年発売、1966年グッドデザイン賞受賞 天童木工「リングスツール」

1955年発売、1966年グッドデザイン賞受賞 天童木工「リングスツール」

家具にも流行がありますが、世代を超えて受け継がれるデザインにも憧れますよね。成形合板技術を日本でいち早く取り入れた天童木工は、昭和のモダンデザインを象徴するような家具の名作を世に送り出してきました。

1955年に発売された「リングスツール」も天童木工の名作のひとつ。シンプルで実用的でありながら、オブジェのような存在感もあります。
   
 

日本人の暮らしに向き合う「天童木工」の家具

日本を代表する家具メーカー「天童木工」は、1940年、山形県のほぼ中央に位置する天童市で創業しました。当時の日本ではまだ新しかった成形合板技術をいち早く取りいれ、無垢材では決して出すことのできない複雑な曲面や美しいフォルムの家具作りにもチャレンジし続けています。

日本を代表する建築家やデザイナーとのコラボレーションも多く、あの柳宗理氏によってデザインされた「バタフライスツール」など、数々の名作を世に送り出してきました。
 

木工技術の粋を極めた「リングスツール」

優しい色合いのメープル素材

優しい色合いのメープル素材

「リングスツール」は、1955年に発売されたロングセラー商品。天童木工創設メンバーのひとりで、当時の工場長であった加藤徳吉氏が、職人のための「腰掛け」としてデザインしたもののひとつだったそうです。リングスツールは、1966年グッドデザイン賞受賞。加藤徳吉氏は、1968年に取締役社長に就任、1978年には「黄綬褒章」を受章しています。

リング状に作られた座面に4本の脚が取り付けられただけの簡単な構造ですが、ナチュラルなメープル素材の脚のフォルムがとても美しく、座部も穴の中心に向かってゆるやかに傾斜がつけられていて、座り心地のよさにも職人のこだわりが感じられます。
 
定位置はクローゼットの前。次の日に持っていくバッグなどを置いています

定位置はクローゼットの前。次の日に持っていくバッグなどを置いています

座と脚はしっかり強固に取り付けられていて、総重量は2.2kg。座部の両サイドを両手で持ったり、座部の穴に片手をかけたりすることで軽々と持ち運べるのも魅力です。普段はクローゼットの前に置き、次の日に持っていくバッグなどを置いていますが、来客で椅子が足りないときには、ダイニングに持っていったり、ベランダに出してコーヒーを飲んだりしています。

 

カラバリ豊富なシートレザー

シートの縁の白のラインが座部の横顔をよりシャープに見せている

シートの縁の白のラインが座部の横顔をよりシャープに見せている

シートレザーは、防汚・耐移行機能も備えた高機能ビニールレザー。天童木工独自の縫い目が見えない「丸天張り」という技法で張られているので、どこから見ても美しく見えます。シートの縁の白のラインが、座部の横顔をよりシャープに魅せてくれるんです。
 
汚れが付きにくく、消毒しても硬化しにくい高機能ビニールレザー

汚れが付きにくく、消毒しても硬化しにくい高機能ビニールレザー

13色のカラーバリエーションには、オリンピックシンボルの五輪マークに見られるような鮮やかな色もあり、1964年の東京オリンピックのときには「五輪スツール」と呼ばれ、大変な人気だったそうです。

シンプルなデザインでありながら、豊かな風合いとボリューム感も備えていて、お部屋のアクセントになるような存在感もある「リングスツール」。これからも大切に使っていきたい、お気に入りの家具のひとつです。
 
DATA
天童木工┃リングスツール

型番:S-3165MP-NT
材質:脚…メープル(ナチュラル)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。