2019年11月から「FIT期間」を満了する家庭が出始め、その数は年々増加

「卒FIT」。これは、再生可能エネルギーの普及を目的に、太陽光などの再生可能エネルギーで発電した電力を、電力会社が一定期間、一定の価格で買い取ることを国が義務付けた「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)」(※)に関連した言葉です。
※2009年~2011年の名称は「太陽光余剰電力買取制度」。2012年以降「固定価格買取制度」に引き継がれた

一般家庭では、10kW未満の 住宅用太陽光発電パネルで発電した電力のうち、自家消費し切れず余った電力を10年間、一定価格で電力会社が買い取る仕組みになっています。この制度は2009年11月にスタートした為、2019年11月から順次、買取期間の満了を迎える家庭が増えてきました。つまり「FIT制度からの卒業=卒FIT」というわけです。
住友林業

卒FITを迎えた家は昨年2ヵ月間だけで約53万件に

では、卒FITを迎えた家庭はどうすればいいのでしょう。資源エネルギー庁は、次の2つの選択肢を示しています。

1.新たな電力会社を選び、余った電力を売電する
2.自宅で消費する


なお、上記に加えて「特に何もしない」という選択もあります。買取期間の満了後も契約が自動継続となっていれば新しい単価で買取が継続されますが、新単価はFIT制度の買取価格よりも大幅に下がってしまいます。また、契約が自動継続となっていない家庭は注意が必要です。大手電力会社、あるいは新電力と呼ばれる多くの電力事業者のいずれかへ申し込んで買取契約を結ばないと買取者が不在となり、余剰電力は一般送配電事業者が無償で引き受けることになるからです。

これではせっかくの太陽光発電パネルを有効に活用することができません。やはり、1か2いずれかを選ぶのが適切でしょう。

資源エネルギー庁の調べでは、2019年の11月・12月で約53万件の家庭が卒FITを迎えており、多くの方々が新たな選択肢を選んだ、または、検討している最中と考えられます。

今後、卒FITを迎える家庭は2020年末で累積73万件、2021年に100万件、2022年には134万件……と、どんどん増えていくため、多くの電力事業者が拡大する卒FIT家庭に向けて独自のサービスを展開しています。
 

住友林業の温室効果ガスの削減と卒FITオーナー対応

住友林業

住友林業 住宅・建築事業本部 グループオーナー推進室マネージャー 板垣和久さん

そして住友林業も2019年11月から、「住友林業の家」にお住いの卒FIT家庭、および、グループ企業の住友林業ホームテックで住宅用太陽光発電(以下、PV)を導入し、卒FITを迎えた家庭を対象に電力サービス「スミリンでんき」を開始しました。住宅・建築事業本部 グループオーナー推進室マネージャーで、スミリンでんきを担当する板垣和久さんに、サービスの内容や展望などを聞いてみました(以下コメントはすべて板垣さん)。

スミリンでんき開始の背景は何でしょうか?

「当社は1691年より再生可能な資源である木を活かし、多様な木の特性を有効活用した木造住宅をつくり続けている企業です。経営理念として『持続可能で豊かな社会の実現に貢献する』を掲げています。そのためグループ全体の温室効果ガス削減目標を定量的にしっかりと定めたことが評価され、SBT(※)の認定を受けることにつながりました」
※ 世界中の企業に対して、気候変動による世界の平均気温の上昇を、産業革命前と比べて最大でも2度未満に抑えるため、科学的根拠に基づいた削減目標を設定することを推進する、国際的な枠組み。2018年7月 、住友林業は系列企業を含むグループ全体から排出される温室効果ガスを、2030年までに2017年比で21%削減する長期目標を作成し、日本で25社目となる認定を取得。

「更に2020年3月31日には、事業で使用する電力を再生可能エネルギー100%で賄うことを目指す国際イニシアチブ 『RE100』にも加盟しました。このような背景から、再生可能エネルギーを安定的に調達し、グループ全体に供給する体制整備が今後の経営課題となっていました」
住友林業

(左)Science Based Targets(SBT)のロゴマーク、(右)RE100のロゴマーク

「一方、2019年11月以降、当社においても卒FITを迎えられるオーナー様が多数いらっしゃる中、お客様最優先の観点から、住友林業グループとしてメリットのあるサービスを提供できないか、と検討して参りました。

『温室効果ガス削減・再生可能エネルギーの調達』と『卒FITを迎えられるオーナー様への新たなサービス提供』。この2点を同時に解決できる方法として、スミリンでんきを始めることになったのです。オーナー様から購入した再生可能エネルギーを活用することにより、住友林業グループの事務所や展示場で消費する電力を100%再生可能エネルギーに切り替えることを目指します」 

スミリンでんきは、前述の通り住友林業ホームテックでPVを導入した方もサービスの対象としました。これは「グループ全体で温室効果ガス排出を抑制する」姿勢を示しています。

「スミリンでんきは現在卒FITを迎えたオーナー様の余剰電力買い取り、および、電力の供給を行っています。電力の供給については、2020年夏頃からお客様の対象をさらに拡大して、PVを設置していない当社オーナー様にも対応する予定です。更に今後はこれから新築されるお客様、および住友林業ホームテックでリフォームしたお客様にもご使用頂けるよう対応していく予定です」
 

業界最高水準の売電価格。オーナー限定だから複雑な規約もナシ

続いて、気になるスミリンでんきの売電・買電価格、サービスの内容を説明いただきました。

「まずは余剰電力の買い取り、お客様から見た売電です。買い取り価格の基準となる1kWh当たりの金額は、大手電力会社の多くが7~9円と設定しているなか、業界トップクラスの11円としています。また、ほとんどの電力事業者が1年毎に買い取り価格を改定するのですが、スミリンでんきは2023年3月末までは11円で固定することも、安心材料になるかと思います。
住友林業

 

さらに、スミリンでんきの買い取りには“一切の規制がない”こともポイントです。具体的には、お客様がスミリンでんき以外の電力事業者から買電している場合でも、その契約を解約せず、スミリンでんきに売電していただけるということです」

ほかの電力事業者には“売電と買電をセットにしないとサービスが受けられない”“余剰電力を蓄える蓄電池を同時に購入する”といった条件設定も見られますが、それではお客様の不利益になりかねません、と板垣さん。スミリンでんきは住友林業グループのオーナー様限定だからこそ、分かりづらい規約、条件などを付けないようにしているということです。

「次に電力の供給、お客様にとっての買電です。東京電力管内の一般家庭向けプラン(契約電流40アンペアの場合)では、基本料金1,144円。大手電力会社が一般家庭向けに提供している最もベーシックな電気料金プランである『従量電灯』と比較してみると、エリアや使用量によって異なりますが、約1~ 10%の範囲で安く電力供給できる計算です」
 
住友林業

※1 スミリンでんきとは、東京ガスが供給する電気を住友林業が代理事業者として需給販売する電力の名称です。
※2 東京電力エナジーパートナー 従量電灯B[40A]をご契約中の場合
※3 スミリンでんき「一般家庭向けプラン」料金表は、東京ガス「ずっともでんき1」に準じます。
電気料金は季節に応じて変化するため、家庭用の平均的な月別使用料比較(東京ガス調べ)に従って年間電気使用量を各月に割り付けたうえで、試算しています。ご利用状況により切替前の電気料金より安くならない場合があります。
電気料金は消費税を含み、燃料調整費、再生可能エネルギー発電促進賦課金を除きます。
また、セット割を利用しています。特に記載がない場合は税込み表記です。 

住友林業

 

ただし、次のようなお客様はスミリンでんきからの買電はおすすめしません、との話も。

「卒FIT家庭でオール電化契約、時間帯別契約などをしていた場合、ほとんどの契約内容が従量電灯より有利な料金プランであり、スミリンでんきよりお得に買電できるケースも多いです 。そういった方の場合、電力の購入契約を変更すると、元の料金プランに戻れないことがあります。

その為、スミリンでんきの電力供給プランを検討していただき、最終的にお客様自身がシミュレーションしてどの選択が最適なのか、ご判断いただける仕組みをご用意させていただきました」
 

スミリンでんきの提案が「レジリエンス」を上げる

卒FITに関連した話題では、多くの電力事業者が「家庭用蓄電池の導入」もお客様への提案項目に含めています。スミリンでんきではどうなのでしょうか。

「もちろん我々もご提案を行って参ります。蓄電池は以前よりも確実に設置台数、種類が増えており、単価が落ちてきました。蓄電池を活用して効率的に自家消費しつつ、余剰分は売電してはいかがでしょう、といったお話もできると思います。

ちなみに、築3~4年目とまだ比較的新しい住友林業のPV付き住宅にお住まいのお客様のなかに、後付けで蓄電池を設置し始める事例が増えていると聞いています。背景にあるのが、近年の日本で急増、深刻化している自然災害への対策です。

例えば2019年9月、10月の台風被害で、千葉県を中心に停電が長期化したのは記憶に新しいところです。あのような災害が今度はわが身に降りかかるかもしれない、という危機感が、お客様に、回復力、耐久力を意味する“レジリエンス”を意識させ、その結果、蓄電池、さらには住宅用太陽光発電、ZEH住宅への関心が高まっているのだと思っています」
住友林業

スミリンでんきの提案が減災の可能性を広げる

ちなみに板垣さんご自身も、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震で、電気のない生活を体験した一人。家を建てる際、レジリエンスについてもしっかり考慮することは大切です、と強調されていました。

<関連サイト>
スミリンでんき│clubforest
NEW ZEH STYLE│住友林業

<関連記事>
家族を守る!高い防災意識と家づくりの9ヶ条
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。