傘のシェアリングサービス「アイカサ(i-kasa)」

家に不要な傘が増えることを防ぐことでエコにもつながる


外出先でゲリラ豪雨に遭遇し、コンビニなどで傘を購入することがありますが、本数が増えると不用品になってしまいます。

傘のシェアリングサービス「アイカサ(i-kasa)」は、丈夫で手入れの行き届いた傘を24時間70円で利用することができます。LINEで友だちになっておくと、すぐに利用することができる優れものです。

 

突然の雨に遭ったときの新しい選択肢

降水確率を確認して、雨が降りそうな日は折りたたみ傘を持って出かけるようにしていても、突発的な雨に遭うことはありますよね。コンビニに行けば傘を買えますが、家には傘がたまっていきます。

保管場所に困ると、一度しか使っていない傘でも処分しなければなりません。そんなとき、傘のシェアリングサービスという新しい選択肢があることを知りました。

 

「アイカサ(i-kasa)」の利用方法

 
LINEで「友だち」になり、決済方法を登録すると利用することができます

現在利用できるのは東京、神奈川、埼玉、茨城、福岡、岡山となっている



傘のシェアリングサービス「アイカサ」は、多くのシェアリングサービスと違ってアプリをダウンロードする必要がありません。

LINEで「友だち」になり、決済方法を登録しておけばいつでも利用可能。決済方法は、クレジットカード払いかLINEpayから選択できます。

 
利用料金は、2つのプランがあります

通常プランと使い放題プランから選択する



利用料金は、1日24時間、何回借りても70円。5日以降は課金がストップされるので、月内上限420円となっています。1か月280円の使い放題継続プランも。

紛失してしまったときは買取をすることで課金がストップされます。買取料金は864円で、傘が見つかって返却できれば買取料金は返金されます。

 

アイカサスポットを探そう

 
地図上のアイカサスポットをタップすると、利用できる傘の本数、利用可能時間を確認することができます

検索するとアイカサスポットが地図で表示される

 
傘の持ち手とアイカサのスタンドに設置されたQRコードで、傘の管理を行っています

傘の持ち手とアイカサのスタンドに設置されたQRコードで傘の管理を行っている



アイカサスポットは、駅や建物名、エリアなどから検索することができます。地図上のアイカサスポットをタップすると、利用できる傘の本数、利用可能時間などが表示されます。

事前に生活圏内のスポットを確認しておくと、突然の雨でも安心です。

借りる際は、傘についているQRコードを読み取ると送られてくる、3桁のパスコードでロックを解除します。返却時はアイカサスタンドにあるQRコードを読み取って返却します。借りた場所と違う場所でもOK。

とても丈夫な傘で、メンテナンスも行き届いているのでおすすめですよ。

 

DATA
アイカサ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。