FAXの機械が無くても、電話回線がなくても、自分専用のFAXを持つ方法があります。しかも自分だけのFAX専用番号までもらえてしまう、究極の無料サービスをご紹介します!

 Eメールがあれば誰でもOK

携帯が普及しいつどこでも話せるようになり、インターネットが発達し世界中の誰とでも無料で文字情報が送れるようになっても、依然不便なのは、図形情報をやりとりしたいとき。「この地図FAXで送るから」といっても相手がFAXを持っていなければ送れませんし、自分もFAXを持っていなければ受け取れません。最近では携帯の普及に伴い、電話回線自体を持っていない人も多く、それではFAXを導入したくても難しくなります。

そんな現代人にうってつけのサービスがあります。その名は『D-FAX』。PHSの「東京電話アステル」を買い取った鷹山の完全子会社である、YOZANスカイキャストコミュニケーションズが運営しています。

このサービスの大きな特徴はいくつかありますが「FAX機を持っていなくてもEメールでFAXが受け取れる」というのが最も魅力的なところだと思います。

FAXを受信するためにはFAX機(またはFAX付電話機)が必要なのが常識ですが、その常識を覆すサービスなのです。

 自分だけのFAX専用番号がもらえる

D-FAXに申し込む(申し込み時にEメールアドレスを登録する)と、020で始まる電話番号がもらえます。これは自分だけのFAX専用番号です。例えば、友達から自分宛にFAXを送ってもらうときは、この番号を友達に伝えておけばよいのです。

ちなみに、020で始まる電話番号は元々ポケットベルの番号です。一時のポケベルブームが去り、提供会社の倒産や撤退などで使われなくなったポケットベル用の電話番号を利用してのサービスのようです。

 FAXがメールで届く

020-XXXX-XXXXという自分専用のFAX番号に送信されたFAXは、電話回線経由でD-FAXのサーバーに届き、そこからインターネット回線を経由して、自分のEメールアドレスに添付ファイルとして届きます。メールに添付された画像ファイルを開けば、FAXの内容を見ることができるのです。

これならば、自分がどこにいてもメールを開く環境さえあればFAXが見られるので、本当のFAX機を自宅に導入するより利便性が高いと言えます