ニューバランス,スニーカー,インソール,中敷き,インソール交換,中敷き交換

シューズのサイズに合わせてつま先部分をカットして使用。見た目はインソールだと分からない!
 

老若男女問わず愛されているニューバランスのスニーカー、私もオンオフ問わず愛用しています。軽くて履き心地が良いだけでなく、見た目にもファッション性が高く、きれいめに見えるのがうれしいところ。

そんなニューバランスのスニーカーを、さらに履き心地を良くするための裏技が「インソールの交換」! ニューバランスには数種類のインソールがありますが、私のおすすめはかかとをしっかり保護してくれてお値段も手頃な「インソールRCP150」です。
 

2種類の素材が足の裏をしっかりホールド

ニューバランス,RCP150,インソール

サイズはSSからXOまで6種類
 

「インソールRCP150」は、クッション性に優れたABZORBという素材(写真の青い部分)が使われています。さらに土踏まずからかかと周りにかけてはTPUスタビライザー(写真の赤い部分)が埋め込まれています。

このTPUという素材はプラスチックの一種であり、スマホケースにも使われています。硬さがあるけれど衝撃に強いのが特徴なので、土踏まずを衝撃からしっかり守ってくれるんです。

 

長時間履いても疲れない心地良さ

ニューバランス,インソール,RCP150

衝撃吸収に優れ、安定感がある
 

実際、インソールを交換する前と後では足の裏のホールド感がかなり違います。

私は足底筋膜炎持ちなのですが、土踏まずからかかとにかけてしっかりホールドしてくれるので、一日中靴を履いて作業をするときでも足の裏が疲れにくくなりました。

特に、整理収納術をお伝えする仕事では、お客様の自宅に伺って、長時間片付け作業を行うので履き心地の良さは重要。一方で、カジュアルすぎないキレイめな靴が望ましいので、インソールを見た目も変わらず安心です。

 

ムレを防ぐ通気口で衛生面も快適

ニューバランス,スニーカー,インソール,通気口,足の蒸れ,足の臭い

ニューバランスからは1000~2000円でインソールが数種類販売されている
 

インソールの前の方には通気口がたくさん空いているので、靴の中が汗で蒸れるのを防いでくれます。インソールが汚れたりへたったりしても、新しいものに交換すれば履き心地が復活。

1500円程度なので、新しい靴に買い替えるよりもコスパがいいのもうれしいところ。もともとニューバランスのスニーカーに付属しているインソールよりも高機能なのはもちろん、そのほかの靴にも使えるので、お気に入りの靴の履き心地をワンランクアップさせたい方はぜひ試してみてくださいね。
 

DATA
ニューバランス(New Balance)|インソール RCP150

サイズ:SS(21.5-22.5cm)、S(23-24cm)、M(24.5-25.5cm)、L(26-27cm)、O(27.5-28.5cm)、XO(29.0-30.0cm)
カラー:BK ブラック
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。