世界遺産「フエの建造物群」カイディン帝廟

「MAPS.ME」を頼りにバイクで訪れた世界遺産「フエの建造物群」のカイディン帝廟
 

土地勘のない場所での移動に欠かせないのが地図です。スマホの地図アプリならGPSで自分の位置が表示されるので道に迷うことがありません。現代の旅に必須のアイテムですね。

しかし、特に海外旅行で気をつけたいのはネット環境の有無。ネットが必要なオンライン地図アプリと、不要なオフライン地図アプリがあるのですが、前者しかない場合、ネットがない状況では使えなくなってしまうのです。

空港ですぐにSIMカードを買ったりレンタルWi-Fiを利用したりすれば良いのですが、通信状況や容量制限など、地図アプリが利用できなくなる事態は万が一にも避けたいところ。ネット環境を持っている場合でも、オフライン地図アプリを用意しておくことをおすすめします。

私が旅行の際に利用しているのが、世界の旅行者に圧倒的な支持を得ているオフライン地図アプリ「MAPS.ME」です。
 

シンプルな操作感で小容量! 最強のオフライン地図アプリ

MAPS.MEの画面

左がフエ、右がホイアンの地図を表示している「MAPS.ME」の画面。ピンは訪ねたい場所のブックマーク
 

「MAPS.ME」はシンプルに地図アプリとして優れています。簡単な操作で直感的に使用でき、掲載されているホテルや店舗、施設の数も豊富。ルート検索とナビについては徒歩・自転車・自動車・電車・タクシーが選択でき、それぞれの最適なルートと所要時間が表示されます。

さらに、地図のデータ容量が小さい点も特徴です。オフライン地図アプリは事前に地図をダウンロードしておく必要があるのですが、たとえばベトナムの場合、70.5MBのファイル1つですみます。

Googleマップもオフラインで使う方法はありますが、国を選択できないうえに、1都市数百MBにもなるデータを都市ごとダウンロードしなければなりませんし、ダウンロードできない地域もあったりします。

 

海外で「MAPS.ME」を使い倒そう!

MAPS.MEのルート検索とナビゲーションの画面

「MAPS.ME」のルート検索画面(左)とナビゲーション画面(右)
 

私はPCではGoogleマップを使い、スマホでは主に「MAPS.ME」を使っています。先日バイクを借りてベトナムの世界遺産「フエの建造物群」を訪ねた際は、14箇所の構成資産をあらかじめブックマークしておいてナビのように使いました。

近くにある世界遺産「古都ホイアン」はひとつの地域として登録されているので、その中の主だった建物をブックマークして忘れないように訪問しました。

こうしたブックマークは他のユーザーやデバイスで共有することができます。互いの行きたい場所を交換したり、待ち合わせ場所を知らせる際などに便利です。
 
DATA
MAPS.ME

ダウンロードプラットフォーム:App Store、Google Play
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。