バイクシェアサービス

登録料とアプリは無料。「登録&アプリのダウンロードをしておくと、助かった! という日が来るかも?」と相沢さん
 

車の維持費が高く、意外と坂が多い東京暮らしで私が最近ヘビーユースしている、バイクシェアサービス「ドコモバイクシェア」はイチオシです!

1回会員なら月額0円、30分150円のお手頃価格ですし、SuicaなどのICカードを登録すれば、タッチするだけでスムーズに電動自転車がレンタル可能。しかもポート間の乗り捨てもOK。移動手段が増えるので、オンからオフまで大活躍間違いなしの新しいサービスなんです。
   

電動アシスト付き自転車は借りる時代に!

バイクシェアサービス

最寄りのポートはウェブサイトのほか、アプリからも検索可能。自宅やよく行く場所の近くにあると便利!
 

私はフリーランスのクリエイターのため、いろんな会社に出向いて打ち合わせや作業をすることが多いのですが、取引先の近くにバイクシェアサービスのポートがあるので、会社間の移動からジム通いまで、なにかとチョイ乗りしています。

自転車だとつらい坂道も、電動アシスト付き自転車だからスイスイ。自転車盗難被害に遭って以降、15年くらい自転車を持っていなかったのですが、バイクシェアサービスで電動自転車の良さを感じています。

電動自転車だと疲れにくいので、これまでタクシー移動をしていたところに、自転車移動の選択肢が加わりました。片道2000円強だったのが、わずか150円になったのはお財布にも嬉しいですし、運動量も増えてダブルで得した気分。

 

ズボラな人や旅行中の人にもイチオシ

ポート間で乗り捨てができるので、「行きは自転車、帰りは雨が降っているので電車」みたいな使い方ができるのもありがたいです。

自転車を所有しなかった理由のひとつが、「置いて帰ったときに、取りに行くのが面倒くさい」だったので、元の場所に返さなくて良いバイクシェアサービスは、私のようなズボラな人との相性も良いと思います。
バイクシェアサービス

サービス加入後、SuicaなどICカードを登録しておけば、タッチだけで鍵が開けられる。面倒な申請は不要で、サッと出発
 

私は旅行のときにもレンタサイクルをよく使うのですが、返却時間が決まっていたり、借りた場所に返さなくてはいけなかったり、借りるまでの手続きに時間を要するなど、不便を感じていました。

その点、バイクシェアサービスはそのあたりがすべてクリアになっているので、とても使いやすいです。

 

移動の選択肢が増えたら、恋愛もうまくいく!?

これまで仕事で大きな案件を抱えていると、終電を逃してしまうことがよくありました。そんなときは「タクシーで帰る」「始発まで飲む」「漫画喫茶で寝る」が選択肢だったのですが、バイクシェアサービスに加入して以降、「自転車で帰る」が増えたので助かっています。

これは恋愛のシーンでよくある、急きょ夜中に相手の家まで会いに行くときにもおすすめできます。深夜タクシーと比べると何十倍も安いのはなによりの魅力。

「タクシーになると高いから」「遅くなると移動手段がないから」と敬遠しなくなるので、恋愛のチャンスを逃さないですし、ピンチも回避しやすいと思います。

もちろん、デート中にもバイクシェアサービスは大活躍。お揃いの自転車をキコキコ漕いで移動すれば、ほのぼの&仲良し感を共有できるので、絆が深まるかもしれません!

ビジネスからプライベートまで活躍の幅が広いバイクシェアサービス。月額料金無料のコースもあるので、まずはWEBで登録してみては?
 
DATA
NTT DOCOMO┃ドコモバイクシェア 

サービスエリア:東京都11区、横浜市、川崎市、仙台市、広島市、大阪市、奈良市など
料金プラン:1回会員、月額会員、1日パス
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。