ウォークマンのブランドをまとったW42S

KDDIからついに「ウォークマンケータイW42S」が発売となった。これまで、メーカーのブランドで携帯電話が発売されることはほとんどなかったが、日本でも、ようやくメーカーブランド携帯電話が登場することとなった。音楽に強いと言われているauと、ソニー「ウォークマン」のコラボレーションだ。最強の音楽携帯電話ともいうべき「ウォークマンケータイW42S」の音楽プレイヤーとしての実力を見ていこう。


音楽にとことんこだわった操作性


ミュージックシャトルで音楽関連の操作が直感的に行える

ウォークマンケータイW42Sの最大の魅力はなんといっても音楽機能だ。本体下部に配置された「ミュージックシャトル」と呼ばれるジョグボタンにより、音楽関連の操作は専門機並の使い勝手を実現している。通常の待受画面時、丸いボタンを長押しすれば、音楽プレイヤーが自動的に起動。一回、右(もしくは左)に回すと次の曲に送られる(前の曲に戻る)ようになっている。ミュージックシャトルの横には、ボリューム操作用のキーが配置されている。ミュージックシャトルの先端部部にはLEDランプが内蔵されており、音楽再生時に光ったり、着信や不在着信を点滅で知らせてくれる。

付属のマイク付きイヤホンで音楽を聴きながら電話の着信ができる

付属のマイク付きリモコンでも同様の音楽操作が可能。音楽を聞きながら、そのまま電話の着信、応答ができてとても便利だ。リモコンは本体色と同じ色になっていうのも嬉しいところ。


本体メモリはなんと1GBを搭載。着うたフルデータにして、約600曲以上の曲を保存できるようになっている。また本体には「au Music Port」と呼ばれるパソコン用ソフトが付属する。これで音楽CDを読み込み、W42Sに転送するほか、本体内のアドレス帳やデータフォルダの編集も可能だ。
さらにウォークマンケータイW42Sが優れているのは、もうひとつの音楽ファイル形式であるATRAC3も聞けるという点だ。この音楽ファイルはソニーのパソコン用音楽管理ソフト「Sonic Stage CP」で管理する。
「Sonic Stage CP」では、これまでのATRAC3ファイルだけでなく、パソコンなどに保存しているMP3やWMA、WAV、ATRAC3 PLUS、さらにAACなどのファイルも自動的にATRAC3に変換して、ウォークマンケータイW42Sに転送・再生ができる。
本体メモリは1GB。約600曲の着うたフルを保存しておける

ATRAC3ファイルを扱う場合、本体メモリではなく、本体に挿入したメモリースティックDuo/PRO Duoに保存しなくてはならないが、ウォークマンケータイW42Sがあれば、かなりの音楽ファイルを保存、再生できるのは音楽ファンにとって、嬉しい機能ではないだろうか。
しかも、ATRAC3はビットレートが132kbpsとなっており、着うたフルのHE-AACの48kbpsよりも高音質となっている。音質にこだわるのなら、そういった使い分けをするのもいいだろう。


さらにウォークマンケータイW42Sが優れているのがバッテリー性能だ。イヤホンを使えば、実に最大30時間の再生が可能となっている。これなら通勤・通学の往復に使っても、音声通話やメールの使用に支障はないだろう。

音楽以外の機能を見ると、カメラは125万画素と一般的なスペック。パソコン用のウェブサイトが閲覧できる「PCサイトビューアー」が搭載されている。GPSによる「EZナビウォーク」など、auの主力サービスが一通り使えるようになっている。

ただ、残念なのはおサイフケータイ・Felicaに未対応である点だ。
ソニーファンならすでにFelicaを使いこなしていてもおかしくないだけに、このウォークマンケータイW42SでもFelicaに対応して欲しかった。
しかし、音楽ケータイとしては完成されており、ウォークマンのソニーと、音楽に強いauの「最強のコラボレーション」とも言える端末に仕上がっていると思う。

【関連ページ】
au by KDDI
ソニー・エリクソン W42Sサイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。