まるでHDDレコーダーのような使い勝手を実現

905SHの電子番組表。見たい番組や録画したい番組をすぐに予約できる

905SHのさらなる魅力はminiSDにワンセグ番組を録画できる点だ。これまでの機種でもワンセグを録画することはできた。しかし、いずれも本体メモリのみだったため、録画してきても数十分といった短い時間でしかなかった。
905SHでは外部メモリであるminiSDに録画が可能。1GBのminiSDを購入すれば、5時間20分もの長時間録画ができてしまうのだ。

しかも驚くべきなのは、電子番組表を見ながら、録画予約ができる点だ。番組表で録っておきたい番組を検索。あとはクリックして「ケータイに録画予約」というメニューを選ぶだけだ。あとは確認作業を経て、録画予約が完了する。このとき気をつけたいのが、905SHをちゃんとワンセグの電波が届く場所に置いておくということ。できればアンテナもしっかりとのばしておけば、安定して録画することが可能だ。この作業を怠ってしまうと、せっかく録画予約したのにワンセグの電波をきちんと受信できずに映像が止まってしまっていたりすることもある。このあたりは気をつけておきたいところ。
これを活用すれば、朝のニュース番組を録画しておき、通勤電車の中で見たり、残業中に録画しておき、帰りの電車で見る、といったこともできる。これならば地下鉄で通勤している人もワンセグケータイを満喫できるはずだ。
905SHを活用するなら、ぜひとも1GBのminiSDメモリを購入しておきたい。

これまで、W33SA、W41H、そして905SHと自腹で購入してワンセグを見続けてきたが、やはり905SHは、ワンセグ機能においては他を圧倒している印象がある。
とくに録画機能は、ワンセグを使うシーンをさらに広げてくれた感がある。
905SHはワンセグだけでなく、おサイフケータイなども備わっている。ボーダフォンユーザーでこれまでシャープを使ってきた人なら間違いなく「買い」といえるモデルだろう。

【関連ページ】
ボーダフォン
ボーダフォン ワンセグ紹介ページ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。