risora

部屋のアクセントカラーとも調和する「risora」のエアコン


わが家の壁と天井の仕上げは白なので、エアコンも白がいいと思っていました。模様替えとなると、家具や照明選びに費やす労力が半端ではありません。部屋づくりのイメージが定まったところで、「さてエアコンはどうする?」と、いっきに現実と向き合うことになるわけです。

マンション住まいでは、梁のある垂れ壁の部分に取り付けることになります。するとエアコンの室内機は奥行きが30センチほどあるため、白いエアコンにすると張りぼて感がいっそう強調されてしまうのです。性能と価格が見合っていれば設備として問題はないものの、インテリアの完成度が薄らぐような気がしてなりません。

そこで超薄型の四角い形状の機種をリサーチしたところ、たどり着いたのが「risora」というエアコン。奥行18.5センチなので、壁掛けの神棚と思えるくらいの薄さです。しかも角丸の長方形といった引き締まったデザインで、「ソライロ」という青い色のものがあることを発見。設置する部屋のアクセントカラーとして選んでいた、青との相性も良いのでは?と、イメージが膨らみます。

早々にショールームで実物を確認しながら、専門的なアドバイスを受けて即決しました。その結果は予想以上で、エアコンとして使っていないときにも、部屋の空気感を整えてくれる大切な要素として存在しています。温度や湿度のような数値では測れない心地よさをもたらしてくれる、そんなエアコンが部屋づくりのキーアイテムになることは間違いありません。
 
 
DATA
ダイキン|risora(リソラ)

カラー:ファブリックホワイト、ウォルナットブラウン、ツインゴールド、ソライロ、オリーブグリーン
サイズ:798×295×185mm
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。