メーカー:三洋電機
価格:オープン
実売価格:新規20,790円(とある都内量販店:2004年8月31日時点)
発売日:8月12日から順次全国で発売


製品の特徴

 オートフォーカス機能付き2メガピクセルカメラ、FMラジオ、EZナビウォークなど、機能充実のWINシリーズ端末『W21SA』。au初の2軸ヒンジ式で、画面を表に折りたたんだままでも、側面に配置されたサイドキーによって操作できる「フロントスタイル」になっています。

1)カメラ機能

 200万画素CCDカメラを搭載。しかもオートフォーカス機能付きなので、シャッターを押すだけで自動でピントを合わせてくれます。こだわり派の方は、オートフォーカスでも、オート(近距離)、オート(中距離)、オート(近距離)、あるいは自分でピントを合わせたいときにはマニュアル設定も可能です。また、セルフタイマーを使用すれば、撮影時にシャッターを押す必要がないため、手ぶれ防止にもなります。

 ヨコ撮りや自分撮りも、回転するヒンジで撮影スタイルを選択でき、思いのまま。撮影した写真や動画は、付属のTV出力ケーブルでTV画面に映し出して、みんなで楽しむことができます。

 その他の便利機能といえば、「キャラクターリーダー(OCR機能)」と呼ばれる“文字読み込み機能”。名刺などの印刷物に書かれたEメールアドレス、URL、電話番号、英単語などの文字列を入力文字として読み込んで、アドレス登録などが簡単に行えます。

2)FMラジオ

 同梱のイヤホンコードが受信アンテナになっているため、視聴時は必須。ラジオ番組を最大40分録音し、再生できる機能が新たに追加されています。ただし、録音データをminiSDメモリーカードには保存できません。

 オンエア中の曲名や「着うた」を検索できる機能にも、もちろん対応。選局中のFM局のサイトへメニューボタンから素早く飛ぶこともでき、FM放送とウェブサイトを複合的に楽しむことができます。

3)便利ツール

 実用的な「簡易電卓」や「目覚まし」機能ほか、撮影した画像にフレームを付けられる「フォモミキサー」、方位がわかる「簡易コンパス」、辞書機能としては、「和英辞書」「英和辞書」「カタカナ英語辞書」のほか「英単語クイズ」やカメラで読み込んだ英単語を翻訳してくれる「カメラde辞書」も便利。別売りの128MBのminiSDカードを使って最大480分録音できる「ICレコーダー」、「カレンダー機能」なども装備されています。

>>次ページでは購入時のチェックポイントなどを紹介!