進化系キッチンスポンジで叶える! 洗い物を時短でストレスフリーな家事へ

キッチンスポンジ

順序を気にしながら洗い物をするのは面倒……。できることなら考えずにサクサク手を動かしたいところ

食後に待っている後片付け。食洗機と併用しても、鍋や食器など手洗いマストなものも多く、料理の仕事をしている私ですら、面倒に感じる時があります。

油脂分や粘度のあるソースはなるべく拭ってから洗うとしても、それでもグラスは真っ先に洗いたいよね、カレーなどの鍋はベタベタするから最後だよね、といった具合に、順番を考えてのぞむので、食後にもうひと仕事といった気持ちになり疲れてしまうのだろうなと自己分析。

きっとその原因は、消耗品とはいえ、使い捨てとはいかないキッチンスポンジにあり! 汚れがつきづらければいいのに、いつも衛生的だったらいいのに……と思っていたところ、最近、そんなストレスを解消してくれるスポンジを見つけました!
 

「汚れ離れ」という新しい価値基準

キッチンスポンジ

「スコッチ・ブライト スクラブドットスポンジ 」キズをつけないタイプ(オレンジ)ハードな汚れを落とすタイプ(グリーン)/オープン価格

それが「スコッチ・ブライト スクラブドットスポンジ」。

キーワードは「汚れ離れ」。スポンジの洗う部分=不織布(ゴワゴワの面)が、汚れがつきにくい新素材になっており、そこに汚れをかき出す突起(ドット)が模様のように並んでいます。

最初、これで落ちるのかと半信半疑でしたが……皿はひとなでするだけでキレイになり、スポンジについた食材カスやソースも、流水をかけるだけでさっと流れ落ちていきます。洗う時間は確実に減っています!

スポンジはきれいなままだから、目の前のものからどんどん洗っていけるし、いい意味で考えない家事ができるようになりました。
 

使い始めからもう馴染んでいる使用感

キッチンスポンジ

「使う前から柔らかい」ことで、洗うのも絞るのもラクになる

新しいスポンジってかなり弾力があり、手馴染みが良くなってくる頃にはヘタってくる、という反比例な印象がありますが、このスポンジは最初から泡立て部分(ソフトな面)が柔らかく、キッチン洗剤をきめ細やかに泡立てることができます。

小回りがきくことも、柔らかさの利点。手があまり大きくない方や女性でも、コップや調理道具の細かな部分を洗うのがすごくラクに感じるはずです(ゆえにきれいに洗えます)。

おまけに使用後は力いらずで、しっかり絞って水気を切れるので、速やかな乾燥が菌の繁殖を防いでくれます(菌は食材カスと水分で増殖します)。
 
これからのスポンジ選びでは、汚れ離れも意識してみると、食器洗いの時間は短縮され、家事のストレスも大分軽減されていくことでしょう。個人的なことを言えば、黒とかグレーとかシックな色もラインナップにあったら嬉しいかな(笑)。でも使い勝手では十分満足しているので、もし皆様も現在お使いのスポンジに不満があったら、一度お試しあれ。
 
 
■DATA
スリーエムジャパン「スコッチ・ブライト スクラブドットスポンジ」
オープン価格


・キズをつけないタイプ ・ハードな汚れを落とすタイプ
 

関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。