秋におすすめのディズニーでの服装。9月、10月、11月の正解コーデ

ディズニー

秋のディズニーリゾートで着るべき正解コーデとは?


だんだんと涼しくなっていく秋は過ごしやすい日が増える上、ハロウィンなどのイベントも開催され、ディズニーリゾートに出掛けるのに最適のシーズンです。

ですが、秋は季節の変わり目ということもあって、ひとくちに秋と言っても、気温が約1ヶ月単位でがらりと変わるので、服装選びに迷う時期でもあります。9月はまだまだ暑い日もありますが、10月に入ると冷え込む日が増えてきて、11月には真冬のように寒くなる日もあります。

そこで今回は、秋のディズニーでの服装のポイントを、9月、10月、11月と月別に紹介していきます。特に、9月と10月は天気が変わりやすいので、事前に天気予報をチェックしていくことが大切です。

また、「ディズニーらしさとオシャレを両方楽しみたい!」という方におすすめの、私服でディズニーキャラクターを表現する「ディズニーバウンドコーデ」もピックアップします。秋にディズニーランドやシーに行く予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

千葉県の天気・気温の推移

東京ディズニーリゾートの所在地である千葉県の9月・10月・11月の気温差や天気を知るために、NOAAによる千葉県の月別の天気・気温の推移を調べました。以下の通りです(編集部調べ)。
 
  最高気温 最低気温 降水日
 9月 27度 20度 10日
10月 22度 14度 8日
11月 17度 9度 6日
 

■9月のディズニー・遊園地コーデのポイント 

ディズニー服装

出典:WEAR


9月に入っても、まだまだ暑い日が続くのが9月前半~中旬です。日中は30度を超える日も多いので、日中だけのお出かけならば半袖でお出掛けしても大丈夫。ただし、天気予報での最高気温は夏と変わらなくても、日照時間が短くなるため暑い時間帯は一瞬だけで、朝・昼・夜の温度差が大きくなってくる時期でもあります。長時間のお出かけには、薄手の上羽織り物やストールなどを持参すると安心です。

中旬以降、朝方少し肌寒いと感じる日には、薄手の長袖のシャツや長袖ワンピースを着ていくのがおすすめです。薄手のシャツなら、下に半袖のTシャツを着て、暑くなったら脱げば、気温の変化に柔軟に対応できます。シャツを脱いだ際は腰に巻けば、荷物が増えることもありませんし、コーデのアクセントにもなります。

また、9月は雨が降ったり止んだりすることが多いので、出かける前に天気予報をチェックすることが大切です。曇りや雨の日は日照時間が短かったり、ない場合が多く、晴れの日よりも気温が上がりにくくなります。晴れの日と同じように半袖1枚で出掛けると、肌寒く感じることがあるので注意が必要です。曇りや雨の日は七分丈や長袖で行くと◎。

また、雨の日はスカートにヒールはNG。パンツ×スニーカーやレインブーツで出かければ、足さばきがよく、雨を気にせずに遊べます。レインコートやレインポンチョ、折りたたみ傘などの雨具は持参してもOKですし、ディズニーリゾートにはキャラクターモチーフの可愛い雨具も販売されているので、要チェックです。

 

■10月のディズニー・遊園地コーデのポイント

ディズニー服装

出典:WEAR


10月なると秋も深まり、昼と夜の気温差が大きくなってきます。体調を崩さないように、服装選びにも気を配りたいもの。特に10月中旬~下旬にかけては、日中は暖かくても夜になると冬の初めのように冷え込むこともあるので注意が必要です。

日本のディズニーランドやシーは海沿いにあるので風が強く、余計に寒く感じることが多いもの。スカートをはいていく場合は、タイツやストッキングをはいて、脚を冷やさないように保護すると◎。また、肌寒くなったらさっと羽織れるストールを持っていくといいでしょう。

10月におすすめのアイテムは、秋らしさが出る今季トレンドの「チェックコーデ」です。特にベージュ系のチェックをセレクトすると、秋らしいイメージのディズニーコーデが完成します。お揃いのチェックシャツを親子で着こなせば、それだけで可愛いリンクコーデになります。長袖のチェックシャツなら、1枚でさらりと羽織ることができて◎。

トップスでは、トレーナーやパーカコーデもおすすめ。フードが付いたものからワンピースタイプのものまで様々な種類がありますので、選ぶ楽しみがあります。アウターとして10月に重宝するのが、デニムジャケットです。ベーシックでカジュアルなのでどんなコーデにも相性がよく、中にディズニーのキャラクターTシャツを着ても可愛いですね。

また、ハロウィンシーズン本番の10月は、本格的に仮装してディズニーに訪れる方も大勢います。ハロウィンメイクやネイルに、ディズニーキャラクターを取り入れるのもおすすめ。もしくは、記事の後半でもお伝えするSNSでも人気を博している、私服でディズニーキャラクターを表現する「ディズニーバウンドコーデ」なら、簡単に仮装が楽しめるのでおすすめです!

特集「大人も子供もハロウィンをもっと楽しみたい!ハロウィンの楽しみ方」もご参照ください。

 

■11月のディズニー・遊園地コーデのポイント

ディズニー服装

出典:WEAR

本格的な冬の到来が間近な11月は、日中の気温はもちろんですが、特に朝夕の冷え込みが激しくなる時期。くれぐれもあたたかい格好でお出掛けするのが得策です。開園前や夜のショーの待ち時間などに体を冷やさないよう、ニット帽、マフラー、手袋、そして必要であればカイロやブランケットを持参して、寒さ対策を万全にするのも賢明です。靴も、スニーカーよりは、ブーツやムートンブーツで、足元を冷やさないようにしましょう。

寒くなってくる11月におすすめなのが、オールシーズンで人気のある「オールブラックコーデ」。ライダースやMA-1などのブラックのジャケットを羽織って、クールに決めるのが◎。カチューシャやバッグ、シューズ、アクセサリーといった小物でアクセントをつけると、スタイリッシュに決まります。可愛らしい雰囲気がお好きな方は、ふわもこ素材のアイテムを取り入れて。ふわもこ素材はあたたかいですし、即女性らしいキュートなコーデが完成します。コートを着てマフラーをすれば、体温調節もしやすいので◎。コートを着ずに、今季トレンドのボリューミィなニットを着るのもおすすめ。デニムスタイルにはもちろん、キレイ色スカートとも相性抜群です。

上記の内容をふまえつつ、次に、ディズニーリゾートを思いっきり満喫できる、秋のディズニーコスプレ&ディズニーバウンドコーデをピックアップ! 早速、見ていきましょう。

 

WEARで見つけた! 秋のディズニーコスプレ&バウンドコーデ

ディズニーリゾートを楽しむ服装として、通年を通しておすすめなのが、私服でディズニーキャラクターを表現する「ディズニーバウンドコーデ」です。最近はSNSでも人気を博しています。
ディズニーバウンドコーデ

出典:WEAR

こちらは、ミニーちゃんの代名詞ともいえるドット柄のワイドオールインワンをメインにしたバウンドコーデ。レッドとドッドと主役に、ホワイトやブラック、イエローを取り入れれば、簡単にミニーバウンドが完成します。カチューシャも付ければ完璧ですね。どことなくモードな雰囲気が漂うおしゃれなコーデです。
ディズニーバウンドコーデ

出典:WEAR

レッドのトップスに、イエローのミディ丈フレアスカートを持ってくれば、レッド×イエローが特徴のプーさんのバウンドコーデが完成します。イエローの耳付きキャップに、イエローのサングラス、イエローのコンバースのスニーカー、そしてイエローのトートバッグを投入して、とことんプーさんコーデを演出。双子コーデでばっちり決まっています。
ディズニーバウンドコーデ

出典:WEAR

こちらは、ダッフィのミルクティ色を、ベレー帽とニットで表現したコーデ。レッドのフリルスカートを合わせて、女の子らしいコーデに仕上がっています。ダッフィーの雰囲気を出すために必要なのは、カッチリした大人っぽいトップスではなく、ほっこりした可愛さが特徴のニットです。秋トレンドのチェック柄や、ソックスコーデを取り入れることでおしゃれ度も◎。


以上、月別のディズニーコーデのポイントとバウンドコーデを紹介しました。秋は天候や気温が変わりやすい時期なので、体調を崩さないように、その日の天気に合わせたコーデをするのが大切になってきます。これを参考に、ディズニーリゾートを楽しんできてくださいね!

===========================
【取材協力】
WEAR(ウェア)
===========================

▼注目のファッショントレンド記事はこちら
運動会に何着ていく? アラフォーママの運動会コーデ
2018年秋冬トレンドバッグ、コーデが華やぐ5つのキーワード
9つのキーワード注目!2018年秋冬トレンド靴・シューズ・ブーツ
女性に人気のビジネスリュック8選!通勤やスーツにおすすめ
ZARAで見つけた!2018年秋冬トレンドキーワード7

▼注目のファッションイチオシ記事はこちら
女っぽコーデにも!NIKEの万能スニーカー
お手入れ簡単!オンオフ使える服はFABIAがおすすめ
かぶらない!さりげなくお洒落なCOACHのお財布

▼注目のファッションまとめ記事はこちら
パンプスは黒かベージュ!履きやすく疲れない走れるオフィス靴10選
出産祝いやギフトに!センスいいねと言われるベビーアイテム10選
大容量で軽くて高見え!コスパがいい「通勤トートバッグ」8選
3000円以下で買える! オフィスで使えるキレイめパンプス10選

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。