東京都英語村『TOKYO GLOBAL GATEWAY』とは?

2018年9月6日(木)、東京・お台場エリアの青海に東京都の事業としては初めての英語村『TOKYO GLOBAL GATEWAY』がオープンします。場所はゆりかもめ『テレコムセンター』駅から徒歩2分で、日本科学未来館や大江戸温泉物語のご近所。なんと総面積約7000平方メートルという巨大空間で、小・中・高校生が海外留学したかのような1日(半日)を過ごせる新施設です。近々大人向けプログラムも登場予定とのこと……ますます見逃せません!
ニュース番組を作ろう

英語を駆使しながら「ニュース番組を作ろう」という体験もできます。みんな照れながらも放送事故になってはいけないと必死でした!

そこで、学生時代から今まで数え切れないほど英語に挫折してきたガイドが潜入取材を試みました。感想は「今の子どもたちが羨ましい!」。東京初の英語村は、“楽しく”“実践的で”“自信をつけられる”英語習得スポットでした。
 

東京都英語村内では基本英語だけ!プログラムや予約方法

エントランスホール

広大な東京都英語村。エントランスホールのある1階だけで300人収容可能

現在英語村は、平日は学校単位の団体利用、土日は小・中・高校生の個人利用が可能。(夜や土・日・祝日などを利用しての、一般の大人や教師向けのプログラムも開発中)早くも大人気で年内の予約はほぼ埋まっている状態です。

個人で利用したい場合、予約は公式ウェブサイトから。3ヶ月前から予約開始です。一般利用可能日時の中から希望日を選び、予約フォームに必要事項を記入し、体験したいプログラムを決めると予約完了。当日予約カウンターで予約完了メールを提示するとネームカードとパスポートが渡され、入館となります。
 
英語村内では8人単位で行動し、1グループに1人エージェントと呼ばれるイングリッシュ・スピーカーが帯同します。エージェントは広い施設内を案内するだけでなく、生徒たちの発話を促すのも役割。基本英語しかしゃべらないので、困ったことがあっても生徒たちはなんとか英語を駆使して意思を伝えなければなりません。エージェントと出会った瞬間、もう英語漬けの時間が始まっている、というわけです。
 

海外あるある満載の「アトラクション・エリア」

アトラクション・エリア

「アトラクション・エリア」の街並み。海外にありそうな店舗が軒を連ねます

さて施設内は2つのエリアに分かれています。1つ目は「アトラクション・エリア」。ホテルのロビーや、飛行機の機内、レストラン、病院、ファストフード店、旅行代理店などなど海外に行くとありがちなシチュエーションが本物のごとく軒を連ねていて、これまた本物のようなショップスタッフ、キャビンアテンダント、コンシェルジュたちと、与えられるお題に沿って英語でコミュニケーションしていきます。
ファーストフード店

ノリの良いショップスタッフがどんどん盛り上げてくれるファーストフード店

ガイドはレストランでカスタムメイドのピザをオーダーしたり、機内で航空会社のロゴ入りマグカップを購入したり、ホテルでレストランの予約をお願いしたり色々チャレンジしましたが、とりあえず知っている単語を並べるだけでも相当褒めてもらえるのであっという間に自信がつきます。時間が経つうちにどんどん調子に乗って、最後は「Yeeeeeeah!」とか「Fantastic!」とか叫んでいました。まさに海外にいるかのような開放感です。
 

専門知識も学べる「アクティブイマージョン・エリア」

茶道体験

外国人から教わる茶道は新鮮! 茶道具の名称を英語で学べて、茶道経験のあるガイドも目からうろこでした

もう一つのエリアは「アクティブイマージョン・エリア」。プログラミングや映像制作、ダンス、茶道体験など、スペシャリストと呼ばれる各プログラムの指導者から専門的な知識を英語で学び、参加者とのグループワークやディスカッションを通じて協働性を培います。

ガイドはスタジオでのニュース番組制作(キャスター役)にチャレンジしましたが、まだ自己紹介もしていない他の参加者さんたちとあっという間に運命共同体のような親しさに!
投資先を考えよう

ブルーム・バーグ端末を使える「企業を分析して投資先を考えよう」

また「企業を分析して投資先を考える」プログラムでは、実際金融業界で使われているブルーム・バーグ端末を触れ、一度に幾つもの初体験ができ刺激満載でした。
 
以上、2018年9月6日にオープンする東京都英語村、体験レポートでした。
 
ただ英語を習得するだけでなく、「英語を使って何を話すか」「自分は将来、英語を使って何をしたいか」までも考えられる英語村。こんな楽しくて具体的に海外生活を疑似体験できる施設があって、今の学生はいいなぁとつくづく羨ましいです。
 
戦後最大といわれる2020年の教育改革では英語教育も大きく変わり「話す」ことが重視。東京都英語村はその不安にもぴったり寄り添ってくれることでしょう。
 
 
<DATA>
『TOKYO GLOBAL GATEWAY』
住所:東京都江東区青海2-4-32 TIME24 1~3階
電話:0120-86596-1
アクセス:ゆりかもめ「テレコムセンター」駅より徒歩約2分
料金:例)個人利用・小学生向け2時間プログラムで3500円(税別)など
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。