仕事,悩み

私の仕事を軽んじているの?

今回のお悩みは、32歳の派遣社員の女性から。
マーケティング会社で働く派遣社員です。今の会社に派遣されてもうすぐ2年。仕事にも慣れ、毎日が充実しています。「ぜひ来年も」と言っていただいているので、契約更新もできると思います。

プレイベートでは、付き合って3年になる彼氏がいますが、「そろそろ結婚しよう」という話になっています。私としては、結婚後も子どもができるまではこのまま仕事を続けたいと思っていますが、彼は結婚したら仕事を辞めて専業主婦になってほしいようです。先日も「派遣なんだから辞めれば」という言い方をされて、ちょっとカチンときました。

一方的に「結婚したら仕事を辞めろ」というような彼と結婚していいのか。派遣社員の私には仕事か結婚かの二択しかないのか……。どちらを選んでも後悔しそうです。
 

アドバイス1. きちんと言葉にして確認しよう

結婚は人生のターニングポイント。

その後の人生が大きく変わることもありますから、結婚を考え始めるとさまざまな悩みが生まれますよね。

最初に、あなたは「子どもができるまで仕事を続けたい」という意思を彼に伝えていますか? 自分一人で考えているだけではありませんか? また、「仕事を辞めて専業主婦になってほしい」という彼の希望もきちんと確認したのでしょうか? 「専業主婦になってほしい“ようです”」という言葉から察するに、はっきりと意思表示されたわけではないように感じます。

もしかしたら、彼の思いはまったく違うところにあるかもしれません。彼としては「(仕事が大変だったら)辞めてもいいよ」という思いやりから出た言葉かもしれません。つまりは、コミュニケーション不足から誤解が生じている可能性がある、ということ。きちんと確認せずに、勝手に将来を想像して「彼と結婚していいのか」と悩むのは早計ではないでしょうか。

まずは自分の意志を、彼にきちんと伝えることをおすすめします。その結果、やはり「結婚したら仕事を辞めてほしい」という相手の意思が確認できたなら、あとは話し合うしかありません。

「なぜ仕事を辞めてほしいのか」「専業主婦になった場合のメリット・デメリット」などを、しっかり話し合いましょう。どんなに相性がいい相手でも、すべての価値観が同じというわけにはいかないはず。

合わない部分を受け入れたり、擦り合わせたりしながら、人生を共に歩めるパートナーかどうかを見極めていきましょう。

自分の気持ちを伝えたり、相手の本心を聞き出すことはときに怖く、勇気が必要かもしれませんが、早めに確認しておいたほうがいいこともあります。あなたの人生がかかった決断の時ですから、勇気を持ってきちんと話し合いをしてみましょう。
 

アドバイス2. 自分の「怒りの原因」にしっかり向き合おう

人間関係,ストレス

自分の怒りの原因にしっかり向き合っていますか?

また、あなたは彼の「”派遣なんだから”という言い方にカチンときた」とおっしゃっていますね。

「仕事が大変なら辞めていいよ」であれば受け入れられたかもしれないのに、「派遣なんだから」という言葉に、自分の仕事を軽く見られている気分になったのではないでしょうか。自分の考え方や生き方を否定されたようで、ついカッとなってしまいますね。

でも、たとえ相手の発言に対して怒りを覚えたとしても、同じ土俵に上がるのは良くないのです。あなたが感情的に怒りを表せば、彼もその怒りに反応してケンカになってしまい、冷静に話し合えなくなります。そんなときは、なぜ自分がカチンときたのか、考えてみましょう。

もしかしたら、あなた自身も派遣という仕事に不満を持っていないでしょうか? 自分でも納得していない部分を突かれてイライラしてしまうことはよくあります。怒りを感じてしまった原因を冷静に見つめてみると、実は自分の中に不満があることに気づくかもしれません。
 

アドバイス3. 怒りが生まれたときこそ、自分を見つめる機会

怒りが生まれたときこそ、自分自身を見つめるいい機会です。

怒りが湧いてきたときは、深呼吸して数秒待ってみましょう。すぐに反応せず、気持ちを少し落ち着かせてから、怒ってしまった理由を冷静に考えてみることです。

自分の怒りに向き合い、考えを深めて相手に伝えれば、より良い関係が築けるはずです。また、これまでとは違った答えが見つかるかもしれません。これは恋愛だけでなく、仕事や友人など、どんな人間関係にもいえることです。

苦しみが起こったときは自分自身を見直すチャンスととらえてみましょう。あなたにとっては今が、自分がこれからどう生きていくかを見直す絶好の機会です。自分の受け止め方を変えれば、今まで気づけなかったことに気づくこともあるかもしれません。勇気を持って、彼としっかり向き合ってみてくださいね。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。