はじめて住宅購入を考える時、検討するのはマンション、2階・3階建ての戸建てというのが一般的ですが、近年「1階建て=平屋」の戸建ても新たな選択肢として注目されていることをご存じでしょうか? そこでご紹介したいのが、住友林業の平屋商品『GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)』です。
 

子どもを見守る、気配を感じる…程良い距離感が維持できる「平屋」

「平屋」と聞くと「何となく古くさい」「シニア世代向けの住宅」などといった先入観を持つ人が多いかもしれません。しかしこのところ、そうしたステレオタイプな図式に変化が生じてきました。20~30代の若い世代からは「フラットハウス」とも呼ばれ、新たなライフスタイルを得られる場として注目を集めているからです。一体、何故なのでしょうか?

「理由のひとつに挙げられるのが、若い世代、特に小さなお子さんを育てているファミリーが『平屋は自分たちにとってメリットが多く、コストパフォーマンスにも優れた住まいである』と気が付き始めたことだと思います」

と話すのは、住友林業 住宅・建築事業本部 営業推進部の岡本陽一係長です(以下コメントはすべて岡本さん)。平屋の何が子育てファミリーに向いているのかをうかがいました。
住友林業GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)

「フラットハウス」とも呼ばれ、若い世代からも注目されている平屋


「マンションのように全室が同じフロアにあるのが大きな魅力です。例えば廊下をもうけずLDKの周りに子供部屋などの居室を配置する間取りであれば、家族が集まるLDKを核として家族みんなの気配を感じながら暮らすことができます。

また、これは戸建て全般に言えることですが、マンションのように音や振動で近隣住戸に迷惑をかけることもありません。ある意味、マンションと戸建ての良いとこ取りと言えますね」
住友林業GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)

子どもを見守りやすく、家族間の程良い距離感も取りやすいのは平屋のメリット

 

庭と室内をつなぐ「テラスリビング」が平屋ライフを豊かに

家族皆で過ごす時間が比較的長い子育てファミリーに、ぜひご検討いただきたいのが住友林業の平屋商品『GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)』です、と岡本さん。
住友林業GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)

『GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)』の間取例


「最大の特徴は、ウッドデッキで庭と室内をつなぐ『テラスリビング』を標準採用していることです。まるで縁側のように内と外がひとつになる空間で、土地や家の形状によって複数の選択肢が用意されています。

例えば、各部屋やリビングから行き来できる、家族だけの特別な空間として使ったり、広い軒下の下に設置すれば天候を気にせず洗濯物干しをすることもできます。

なお、部材はヒノキ、パインの2種から選べて、樹脂製にはない風合いや質感が魅力。夏の直射日光が当たっても照り返しが少なく、木材ですので過剰に表面温度が上昇しません」
*参考:テラスリビングのスタイル例(家族との共有楽しむスタイルや家事が楽になるスタイルなど、好みや住まい方に合わせたスタイルが選べます)。

室内のリビングはもちろんですが、このテラスリビングを通して、家族間の距離はさらに縮まるはず、とのこと。

「例えば、休日の午前中は庭を眺めながら皆でブランチ。食後は家庭菜園の世話や草花の観察をしてもいいでしょう。また、友人家族を招いてバーベキューなどをするのにも適しています。屋内のキッチンが比較的近く、アクセスしやすいので、食材を出す、食器を下げるなどがやりやすいためです。

2階建て、3階建ての屋上でももちろんバーベキューはできますが、キッチンへ行くために階段を上り下りしなければならないのが億劫だと感じる方もいらっしゃいます」
住友林業GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)

庭と屋内のリビングの中間に位置するウッドデッキは格好のセカンドリビングに

木材ならではのテラスリビングの魅力は分かったけれど、気になるメンテナンスは……?
 

皆でメンテすれば家族の絆と家への愛着が深まる

木材のテラスリビングは木ならではの味わいがある半面、雨や太陽にさらされて傷みやすいのでは?との懸念もありそうです。実際のところはどうなのでしょうか。

「使っている木材は菌や虫に強く、防腐処理も十分施しています。メンテナンスとしては2年に1回程度、専用の塗料を塗る必要があります。ご面倒なら私たちに一報いただければ対応致しますが、内容的には初心者向けDIYなので、ご家族で挑戦してみても楽しいですよ。

塗料はホームセンターなどで手に入る天然由来のものがお薦めです。塗って乾かし、もう一度塗る……といった工程で、広さや塗料の種類にもよりますが、だいたい半日程度で完了します。

壁に色を塗るのとは違って高い所まで塗る必要がなく、簡単なので、小さなお子さんもお手伝いできるはず。これもまたテラスリビングのひとつの楽しみ方としてご提案しております」

家族全員で共同作業として塗料を塗ることで、家の中でテラスリビングがさらにお気に入りの場所となり、愛着もひときわ強くなるかもしれません。
住友林業GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)

テラスリビングに使われている2種の木材、ヒノキ材とパイン材いずれも菌や虫に強く、防腐処理も十分施されている。2年に1回程度塗料を塗ればメンテナンスはOK。竣工後には住まいも含めて定期的に防蟻処理を行っている

 

階段がないので転倒リスクが減り家事動線がラク

『GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)』のテラスリビング以外の魅力についても聞いてみました。

「戸建ての選択肢として2階・3階建てがありますが、決定的な違いが『階段がないこと』。このことでさまざまなメリットが生まれます。上り下りがなくなってお子さんの転倒リスクが軽減されますし、洗濯で上下階を移動することもありません。

階段がないことで家事を同時に進める時の移動時間や掃除すべき場所が減り、かなり“時短”ができそうなのは忙しい子育て世代にはうれしいポイントでしょう。また、転倒リスクの軽減は、小さなお子さんにとってだけでなく、自分たちがシニア世代になった時も恩恵に預かれそうです。
 
住友林業GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)

2階建てと平屋の室内移動距離の比較。物干し場が2階にある場合、洗濯物を干す時に2階へ上がり、干し終わったら1階へ下りるなど、上下階の移動が多くなる。一方、平屋だと階段の上り下りがないため、家事動線も短くなる



「2階がないために1階にかかる荷重が低減し、支える柱や壁が少なくなります。したがって間取りのプランニングの自由度が上がりますし、廊下もほとんどなくなるので、スペースを無駄なく有効活用できる点も魅力です」

将来、家族構成の変化に応じて間取り変更やリフォームをする際も選択肢が広がりそうです。

「さらに、2階・3階建て住戸ですと、トイレ浴室などを2カ所に設けたりするケースもありますが、平屋は当然その必要がなく、長期的に考えると水道代が安くなるでしょう。また、外壁や窓が汚れにくいこともメリット。2階・3階建ては上階の軒から下階まで距離があるので雨に濡れる範囲が広くなりますが、その点吹き曝しになる場所が狭いのです」
 

屋根が広いからより多くの太陽光発電システムを搭載できる

ちなみに、近年話題の太陽光発電に関しても平屋のメリットは大きいとのこと。2階・3階建てに比べると屋根が大きくなるため、太陽光発電システムをより多く載せることができ、それだけ発電量アップに期待できるためだそうです。
住友林業GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)

 

住友林業GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)

平屋なら2階・3階建て太陽光発電システム搭載量を増やすことができる。デザイン的にもスッキリした印象に


シニアだけでなく、若い世代にとっても魅力が多い平屋を検討するなら、テラスリビングという付加価値を備える『GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)』も一考に値するのではないでしょうか。


【関連サイト】
GRAND LIFE Terrace Style(グランドライフ テラススタイル)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。