事前の設定

XAMPP環境の設定後にMySQLに接続するPHPプログラムを作成します。

このシリーズのサンプルプログラムで使用するテーブルtab1は

サーバー名 --- localhost
データベース名 --- workdb
パスワード --- karipass

で設定されていることを前提として 解説しますのでXAMPPインストール後におこなうMySQLの設定を参考に事前にテーブルtab1を作成しておいてください。

当記事で紹介するPHPプログラムは「C:xampphtdocs est」に格納しますので、
事前に「C:xampphtdocs」フォルダ内に「test」フォルダを作成しておいてください。

1. テストプログラムのメニューを作成

下記の内容をテキストエディタにコピーし、ファイル名を「myphp.php」として
「C:xampphtdocs est」内に保存します。

*注意:「sltest.php」ファイルの文字コードは「SJIS」を指定して保存してください。
PHPエディタサクラエディタなど文字コードを指定できるエディタを使うと便利です。
<?php
//HTML文を出力 HTMLの開始
print("<HTML>
");

//HTML文を出力 HEADの開始
print("<HEAD>
");

//文字コードをSHIFT_JISと指定
print("<META HTTP-EQUIV=""Content-Type"" CONTENT=""text/html; charset=""Shift_JIS"">
");

//HTML文を出力 TITLEの指定
print("<TITLE>myphp</TITLE>
");

//HTML文を出力 HEADの終了
print("</HEAD>
");

//HTML文を出力 BODYの開始
print("<BODY>
");

//HTML文を出力 各プログラムへのリンクを表示
print("<B>MySQL-PHP テストプログラムメニュー</B><BR><BR>");
print("<A HREF='myphp1.php'>一覧</A><BR><BR>");
print("<A HREF='myphp2.php'>確認</A><BR><BR>");
print("<A HREF='myphp3.php'>新規登録</A><BR><BR>");
print("<A HREF='myphp4.php'>削除</A><BR><BR>");
print("<A HREF='myphp5.php'>変更</A><BR><BR>");
print("<A HREF='myphp6.php'>ファイル変換出力</a><BR><BR>");
print("<A HREF='myodbc1.php'>ODBC</A><BR><BR>");
print("<A HREF='myphp21.php'>一覧表示</A><BR><BR>");
print("<A HREF='myphp22.php'>画像一覧表示</A><BR><BR>");
print("<A HREF='qrmenu.php'>QRコード作成</A><BR><BR>");
print("<A HREF='uptest1.php'>ファイルのアップロード</A><BR><BR>");
print("<A HREF='myphpdir.php'>フォルダ内のファイル名一覧表示</A><BR><BR>");
print("<A HREF='myphpdirpic.php'>フォルダ内の画像一覧表示</A><BR><BR>");
//HTML文を出力 BODYの終了
print("</BODY>
");

//HTML文を出力 HTMLの終了
print("</HTML>
");

?>
次ページでテスト用テーブルの内容を一覧表示するプログラムを作成します。