SQLiteに接続するPHPプログラムを作成 - テーブルのデータ更新


3. 変更プログラムの実行

変更プログラムはtab1テーブルの変更したいデータのnumberを指定し
該当するnumberのデータを変更します。

プログラムの流れは下記のようになります。
1.登録変更フォーム(sltest5.php)を表示して、変更したいnumberの値を受け取る。

2. 登録変更フォームで入力されたnumberのデータが存在する場合は登録内容変更 フォームを表示する。

3. 登録データ変更プログラム(sltest5-1.php)は、登録内容変更フォームより受け取ったnumberのデータが
テスト用テーブル「tab1」に存在する場合は登録データ変更フォームより受け取った
name、noteの各値をチェック後、エラーがなければテスト用テーブル「tab1」の該当データを更新する。

(画像をクリックすると拡大表示できます)
ブラウザを起動し、アドレス欄に
http://localhost/sltest.php
と入力し、エンターキーを押します。
テストプログラムのメニュー画面が表示されますので、
「一覧」で削除前のデータを確認した後、「変更」を選択します。

(画像をクリックすると拡大表示できます)
変更前のデータを一覧表示しています。

(画像をクリックすると拡大表示できます)
変更したいデータのnumberを入力します。

(画像をクリックすると拡大表示できます)
変更前のデータが表示されます。

(画像をクリックすると拡大表示できます)
変更後のデータを入力し、「変更」ボタンを押します。

(画像をクリックすると拡大表示できます)
データが変更されました。

(画像をクリックすると拡大表示できます)
変更後のデータを一覧表示しています。
number777のデータが変更されていることが確認できます。
表示内容が変わらない場合はブラウザの更新ボタンを押してみてください。

(画像をクリックすると拡大表示できます)
登録されていないnumberのデータを変更しようとした場合はエラーになります。


SQLite関連の記事一覧




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。