今後に注目な成長企業!

今回ご紹介するモバイルファクトリー(〈3912〉東証1部)は、東京都品川区東五反田に本社がある位置情報ゲーム「駅メモ!」の運営がメインビジネスの企業です。安定収益の着メロなどのコンテンツサービスも行っています。

開発中のブロックチェーンゲームは大ヒット!?

開発中のブロックチェーンゲームは大ヒット!?


位置情報ゲームは継続率が高い!

「駅メモ!」は、全国約9,000の駅を回る位置情報ゲームで、国内では「ポケモンGO」の次に人気の位置情報ゲームです。位置情報ゲームの特徴として、ユーザー自身がリアルに動かないとゲームが進まないため、ユーザー数は通常のスマホゲームより敷居が高く、少ない傾向にあります。しかし、いったん始めてしまうと、ゲームの中にユーザー自身の行動履歴が残るため、いわゆる日記のようになり、習慣化し継続率が高くなります。

ユーザー当たりの課金額は大きくないのですが、ゲームの継続率が高く、全体の課金額として右肩上がりの傾向になります。他のゲームやキャラクターなどとのコラボや、実際にゲームユーザーをリアルの場所に連れてくることができるため、地方自治体や鉄道会社とのタイアップ企画によって、低コストで新規顧客を獲得しています。

今期は、スマホのアプリ版3周年記念イベントが寄与し、ユーザー・課金額とも大幅増加しており、絶好調のようです。直近でも、1日当たりのアクティブユーザー・課金額が過去最高を更新するなど、息の長いゲームとなっています。

モバイルコンテンツサービスは安定収入源!

モバイルファクトリーは、ガラケー時代からのビジネスが着メロなどのモバイルコンテンツサービスを提供しています。現在では、高品質な着メロをダウンロードできるサイトや着メロを、アラームや天気予報と連動して設定できる無料アプリ、オリジナルの楽曲制作などのサービスを提供しています。大きな伸びはないですが、新規投資が非常に少なく、高収益な安定収益源です。いわゆる、キャッシュカウのビジネスとなっています。

開発中のブロックチェーンゲームは爆発的なヒットになる可能性が!

現在開発中なのが、ブロックチェーン技術を活用した新ゲームです。WEBブラウザー「crome」上で動きます。スマホアプリだと、andoroid端末の「Google Play」やiphoneの「Apple Store」などのプラットフォームを使いますが、ブロックチェーンゲームは規約上難しく、ブラウザーベースでのゲームとなります。ゲーム内のキャラクターなどをユーザー同士が仮想通貨を使って売買することが可能となっています。その売買時の手数料が収益源となります。

スマホゲームの収益の多くは、アイテム課金です。そのアイテムをクジで引かせるいわゆる「ガチャ」が大きな収益源となっています。ブロックチェーンゲームは、そのアイテムをユーザー同士で仮想通貨により売買させ、その売買手数料が収益源となるので、全く異なったビジネスモデルとなっています。

今までゲームは単なる娯楽でしたが、上手くプレーを行い、レアなキャラクターを育て、アイテムをゲットすることができれば、売却して多額の仮想通貨を得ることができます。職業としてのプロゲーマーが出現する可能性が高そうです。すでに海外では、10万ドル相当を超える仮想通貨で売買されるキャラクターが存在しており、日本人の参加も多いようです。モバイルファクトリーがブロックチェーンゲームを出せば、爆発的なヒットとなる可能性が高そうです。

福の神のここが凄い!

モバイルファクトリーは、収益力の高い位置情報ゲームとモバイルコンテンツサービスを持ちながら、全く新しいブロックチェーンゲームを開発しています。単にゲームをするだけでお金儲けをすることができるので、爆発的なヒットの可能性があります。2017年が仮想通貨で「億り人」となりましたが、2018年はブロックチェーンゲームで「億り人」となる方が出てきそうです。

モバイルファクトリー(3912)東証1部
■株式データ
株価:1,554円
単元株数:100株
予想PER(連):25.11倍
実績PBR(連):6.6倍
予想配当利回り:1.09%
時価総額:約151億円

※株価データは2018年3月30日終値ベース

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する会社や会社のアナリストとしての意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

※正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。