『京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)』オープン

HUGHUG外観

多摩動物公園正門の正面にオープン。抜群の立地です

2018年3月13日(火)、京王線と多摩モノレールの多摩動物公園駅すぐ前に『京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)』がオープンします。HUGHUGは天候に左右されずに屋内で遊べる新施設で、ターゲットは0歳~12歳の子供たちとその保護者。「日本最大級のネット遊具がある」「このエリアで待望のカフェもオープン」「ミニSLが走る」「目の前には多摩動物公園、お隣には京王れーるランド」などなど、子供でなくてもうきうきするような内容です。

先日マスコミ向けに行われた内覧会に2歳男児の母であるガイドが参加してきましたので、「HUGHUGのママに嬉しい5つのポイント」をご報告します。


【ママに嬉しいポイント1】ダイナミックに遊べる!

HUGHUGフロアマップ

2つのフロアに7つの趣向を凝らした遊び場が

子育ての毎日で困るのが「悪天候の日」。パワーの塊のような子供を外に遊びに連れて行けない日、特に休日などは本当に困り果てますよね……。そんな時、強い味方になってくれるのがHUGHUG。屋内に7つの遊び場がある2階建ての細長い建物は、延床面積約2900平方メートルの広さを誇ります。(ちなみに東京ドームシティの『アソボ~ノ』は1700平方メートル)

ハグハグのき

大人の方が怖気づく!? 日本最大級のネット遊具『ハグハグのき』

この余裕あるスペースで、どんな天気でも子供たちがダイナミックに遊べるという点が大きな魅力。例えば目玉遊具『ハグハグのき』は1階から2階にわたる、高さ約12メートル、幅約15メートルの日本最大級のネット遊具です。4層になっているネットの中プラス、高さ10メートルの位置にある「雲のチューブ」を自由に行き来することができます。

ハグハグのきの中

パパママと一緒にチャレンジ!

大人にはちょっと怖いぐらいの急勾配も子供たちには楽しいようで、小さいお子さんもひょいひょい登ったり、降りていったり、転がったりしていました。

ミニSL

カフェの真横を通りぬけるミニSL

そしてさすが京王グループが運営するスポットだけあり、2階には屋内というのにフロアをぐるりと走るミニSLが登場!(1回1名300円)遊具やカフェの真横を通るたび、周りから声援を受け、子供たちもご満悦です。

はいはいパーク

乳児向け木育スペース『はいはいパーク』

また乳児が専用スペースでダイナミックに遊べる『はいはいパーク』も。珍しい木のボールプールでは一瞬「固さは大丈夫?」と驚きましたが、赤ちゃんたちはその形状・感触を楽しみながらのびのーび過ごしていました。

この他にも約45000個の大型ボールプールや幅の広い木の滑り台、アクアボールなど、とにかく子供の体力を心地よく消耗させてくれる仕掛けがいっぱいです。


【ママに嬉しいポイント2】知育・体育・木育で能力を育てる

もりのあそびば

多摩産材で造られた大型複合遊具『もりのあそびば』

HUGHUGに一歩足を踏み入れると木の香りに包まれます。これは施設全体色々なところに多摩産の杉、ヒノキが使用されているため。子供たちが木と触れ合いながら豊かな心を育む「木育」一環です。HUGHUGは「知育」「体育」そして「木育」をコンセプトとして遊び場を作り、遊びながら能力を育てることもテーマとしています。今後は教育的なトレンドも注視しながら、様々な団体、教育機関と連携していく予定だそうです。


【ママに嬉しいポイント3】混んでいたら別の施設へ逃げられる

目の前には『多摩動物公園』。お隣には、電車をもっと好きになるアトラクションが集まる『京王れーるランド』という立地のHUGHUG。動物園で雨が降ってきた……という場合はHUGHUGや京王れーるランドへ行き先を変えるもよし、HUGHUGに来てみたら混雑が凄い、という場合は一旦他の施設で遊んで戻ってきてもよし。3つのレジャースポットが集まるからこその便利さがあります。


【ママに嬉しいポイント4】トイレにも遊び心満載!

キッズトイレ

特別仕様のキッズトイレに子供も大喜び!

プレイエリアではありませんが是非とも行っていただきたいのが1階のキッズトイレ。なんと京王電鉄の車両型個室になっているのです。このトイレを見た瞬間の子供の目の輝きといったら! トイレトレーニング中や、トイレに行くのを渋るキッズには特におすすめ。ママはカメラをお忘れなく。


【ママに嬉しいポイント5】親も子もご飯が楽しい

ハグーパンケーキ

HUGHUGのキャラクター・ハグーのデザインされた「ハグーパンケーキ」(500円/税込)

多摩動物公園という子供連れが集まる場所なのにランチスポットやカフェに恵まれていなかったこのエリア。ついにHUGHUG開業とともに素敵なカフェがオープンしました。館内2階の『ハグハグカフェ』は、乳児連れに嬉しい小上がり席や、走るミニSLを見られる席、幼児が体を動かせるスペースとそれを見守れる席など、子供も親もくつろげる空間。

大人向けメニューはもちろん、HUGHUGのキャラクターなどがかわいくデザインされたキッズメニューが5種類も用意されています。入館料を支払わなくても入店できるのも嬉しい点。動物園の帰り、お茶だけの利用もOKです!

シャッターチャンス

お子さんの素敵な笑顔が沢山撮れること間違い無し!

以上、ママ目線で見た、京王あそびの森 HUGHUGの5つの魅力でした。優しい木のインテリアの中にビビッドな色合いのおもちゃがあったり、驚くほどスケールの大きな遊具があるなど、とにかく絵になる空間がいっぱい。ママはいつも以上にカメラを手に忙しくなること必至ですよ。


<DATA>
京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)
住所:東京都日野市程久保3-36-60 
TEL:042-591-8989(9:30~17:30)
入場料:大人(中学生以上)1日700円
子供(小学生以下)入館30分まで600円(以降15分延長毎に200円課金)/平日1日フリーパス 1400円
※6ヶ月未満の子供は無料
※混雑時は状況に応じて販売を制限する場合あり
営業時間:9:30~17:30(最終入館17:00)
ハグハグカフェ 平日10:00~17:30
定休日:水曜日(祝日の場合は翌木曜日休館)、年末年始
アクセス:京王線・多摩モノレール『多摩動物公園』駅すぐ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。