一人旅では安く・お得にホテルに宿泊しよう

パソコンを見ながら電話をかける女性

ホテルの予約は少しでもお得に取ろう


旅行をするなら、少しでもお得に出かけたいですよね。中には宿泊費を抑えて、グルメや買い物に予算を回したい人も多いはず。今回は、そんな方たちのために、ホテル宿泊の裏ワザをご紹介します。

ポイント1.満室でも、1か月前と2週間前は空室復活のチャンス

泊まりたかったホテルが満室だったら。別のホテルにするか……と諦めていませんか。実は、満室だった部屋が一転、空室に復活するタイミングがあります。その目安は宿泊日の1か月前と2週間前

そのからくりは、旅行会社がホテルの複数の部屋をあらかじめ確保していること。予約が入らなかった場合は、一定の期間を過ぎるとホテルに戻されます。その枠が一般客に回ってきて、空室が復活するというわけ。(※)

その際の予約は、ホテルの公式HP含めネット予約が便利。電話予約は料金が高くなることがあるので、前日または当日に利用するのがベストだとか。

※ホテルによって異なる場合があります。

ポイント2.個人旅行は、交通+ホテルのセットプランがお得

新幹線700系

交通費とホテルはセットで取るとお得に!


ツアーを利用しない個人旅行の場合、鉄道や飛行機のチケットと、ホテルを別々に取っていませんか? 実は両者のセットプランを利用するとかなりお得になるケースがあります。

筆者がよく利用するのは、日本旅行の赤い風船やJTBが提供している、交通費とホテルがセットになったプラン。他にも、出張パックや、ビジネスパックとして提供している旅行会社が多くあります。それでは、どれくらい料金に差が出るのか、実際に例を見てみましょう。

・別々で取った場合
東京~博多 新幹線往復 43,620円
福岡市内の某ホテル宿泊費(ネット最安値) 11,280円
合計 54,900円

・パックで取った場合
同ホテル宿泊+東京~博多のJR往復
34,100円~57,100円

宿泊日によって値段の差こそ出るものの、時期によってはかなりお得になります。通常の新幹線の往復料金よりも、それにホテル宿泊を付けたほうが安くなるなんて、ビックリですよね。ただし、このようなパックプランは、交通機関の日程や時間変更ができないことも多いので、規約をよく読んで利用してくださいね。

ポイント3.温泉付きビジネスホテルは利用価値大

一人旅で温泉に入りたいけれど、旅館に泊まるのは気が引ける……と感じる人もいるはず。実は筆者もその一人。しかし、そんな気持ちを救うのが、ホテルチェーン・ドーミーインをはじめとする温泉付きのビジネスホテル。施設内に大浴場があり、温泉を楽しむことができます。

メリットは何といっても、旅館よりも宿泊費が安く一人でも泊まりやすいところ。温泉でなくても、大浴場付きのホテルは増えています。ビジネスホテルは駅周辺に多く、移動が楽なのも魅力。湯船につかれば、旅の疲れが癒されますよ。

ポイント4.温泉旅館の「おひとりさまプラン」も増加中

温泉の湯船のふちに桶とタオルが乗っている

一人旅でもゆっくり温泉を楽しもう


旅館に一人で泊まりづらいとはいえ、のんびりできる客室、豪華な懐石料理、ホスピタリティあふれる接客……。温泉旅館は大きな魅力がつまっていますよね。

ひと昔前は、一人での宿泊は断る施設が多かったようですが、最近ではおひとりさま向けのプランを出しているところも多いです。筆者も一人で旅館に泊まる時は、そういったプランを積極的に利用します。食事は「お部屋食」が可能な部屋がおすすめ。大広間での食事よりも、寂しさを感じずにゆっくり食べることができますよ。

ポイント5.ネット予約を最大限に活用しよう

宿泊費の安さにこだわるなら、ホテルに直接電話するよりもネットでの予約がおすすめ。特に最近増えてきている、トリバゴやトリップアドバイザーなどの料金比較サイトは、最安値の料金が一目でわかるので便利です。

また、ネット予約サイトのうち、獲得できるポイントに照準を当てるのもいいでしょう。Yahoo!トラベルはTポイント、楽天トラベルは楽天ポイント、じゃらんはPontaポイントと提携しています。これらのポイントを使ったり、貯めることも可能。筆者としては、一つのサイトに決め打ちしてポイントを絞っていくのがおすすめです。

お得に旅を楽しもう!

今回は、一人旅のホテル宿泊の裏ワザをご紹介しました。旅行はもちろん、出張にも役立てていただけることでしょう。あなたのトラベルライフにお役立てくださいね!


【関連記事】
一人旅に選んではいけない宿の3つの特徴
一人旅で失敗しない!「おひとり様」歓迎の温泉宿10選

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。