日本だけじゃない!お花見が楽しめる世界の桜スポット

世界undefinedお花見undefined桜undefined海外undefined外国undefined春

 

日本には有名・無名様々な桜の名所が存在しますが、実は桜は海外にも多く分布していて人々に愛され心の癒しになっています。今回は日本の桜にも負けない海外の桜の名所と海外の人の桜の楽しみ方を紹介します。

ストックホルムの王立公園/スウェーデン

世界undefinedお花見undefined桜undefined海外undefined外国undefined春

 

Kungsträdgården(王立公園)はストックホルム中心部にある公園です。4月中旬ごろに開花のピークを迎え、あたりをピンク色に染め上げます。1998年に日本から68本の八重桜が送られ、その後は日本人会の方が世話をしています。

毎年春の訪れを祝う桜まつりが開催されたくさんの花見客が訪れますが、休日となると混雑必至なので日本のように早くから場所取りをしておいたほうがいいでしょう。ストックホルムのお花見はベンチに腰掛けて眺めたり、家族連れでやカップルで桜の下をゆっくり散歩するスタイルが一般的です。

また2018年はスウェーデンと日本の外交150周年を記念して世界文化遺産に登録された文学人形劇や文化、武術のワークショップ、食べ物の販売など例年より規模の大きい祭りになります。

■Kungsträdgården
住所:Jussi Björlings allé 5, 103 91 Stockholm, スウェーデン(Googleマップ

ヘルテ渓谷/スペイン

世界undefinedお花見undefined桜undefined海外undefined外国undefined春

La Fiesta del Cerezo en Flor Jert Valley スペイン

スペインのヘルテ渓谷(Jerte Valley)という谷では、毎年4月上旬ごろにおよそ200万本の桜が咲き乱れ、見るものを圧倒します。この地で栽培されている桜はソメイヨシノのように白い花を咲かせ、満開になると辺り一面がまるで雪化粧をしたように美しく変化します。

Jerte Valleyの桜の楽しみ方は車やハイキング、乗馬などで眺めるのが一般的ですが、この地域にある11の街を縫うように蛇行する道を常に傍らに桜を感じながらの旅は大人の贅沢といえます。

また桜が満開になるのは10日間程なので桜が見頃の時期にはLa Fiesta del Cerezo en Florという桜の祭りが開催されます。期間中はこの地で作られているワインの試飲会、チェリーミュージアムの見学など桜にまつわるイベントが目白押しです。

■ヘルテ渓谷

住所:Valle del Jerte, Cáceres, スペイン(Googleマップ

オレゴン州のセーラム/アメリカ

世界undefinedお花見undefined桜undefined海外undefined外国undefined春

Photo by Edmund Garman

セーラムという街の州議事堂と州立公園には、毎年3月上旬頃に150本の淡いピンクと白の桜が咲きます。桜がセーラムに及ぼす影響の大きさから、州議会によって毎年3月の第三土曜日が桜の日に認定されているほど重要視されているのだとか。

古くは1903年に桜祭りを開催し、4年後には太平洋岸協会からチェリーシティの名を授かりました。1913年以降は毎年桜の日を開催しようとしましたが叶わず、約100年後の2015年に念願が叶い、以降は街を上げて毎年桜まつりを開催しています。

また桜は1986年に川越市と姉妹都市関係を結んだ友好の証でもあります。セーラムでは桜の日に開催される祭りや開花したタイミングでベンチに座って眺めたり、写真を撮る人で賑やかになります。現地の日本人たちによる花見文化を広める活動により、近年では地面に座って食事をしながら桜を見上げるという日本式の花見が広まってきました。

■オレゴン州会議事堂
住所:900 Court St NE, Salem, OR 97301 アメリカ合衆国

Bloesempark アムステルダム オランダ

世界undefinedお花見undefined桜undefined海外undefined外国undefined春

Bloesempark アムステルダム オランダ

アムステルダムでは桜は日本文化の象徴であり、新たな始まりと別れを意味するとされています。見頃は毎年3月中旬から4月中旬頃。花見は春の到来を祝う「ハナミマツリ」として知られており、桜の下でピクニックをしたりテントの下で食事をしたり酒を飲んだりと日本のお花見様式と似ています。

アムステルダムセ・ボス公園内にあるBloesemparkには2000年にオランダ日本人女性会より400本の桜が寄贈されました。400本全てに名前があり、そのうちの200本はオランダ人女性の名前、もう200本は日本人女性の名前がつけられています。

開花期間中は様々なイベントが企画されますが、開催日は天候や桜の状態により変更になる場合があるので注意が必要です。

■アムステルダムセ・ボス
住所:182 DA Amstelveen, オランダ

ハンブルグのゲルテン・デア・ヴェルト/ドイツ

世界undefinedお花見undefined桜undefined海外undefined外国undefined春

Garten der welt ハンブルグ ドイツ

ハンブルクは大阪と姉妹都市関係を結んでおり、日本と強い友好関係にあります。ハンブルクではゲルテン・デア・ヴェルト(Garten der welt)でドイツ最大の桜まつりが4月中旬から5月中旬ごろに開催されています。Garten der weltは日本、中国、韓国の3つの国の庭園様式が一つになった場所でアジアに興味がある人々が国内外から訪れます。1960年代に日本から5000本の桜が贈られ、ハンブルクの人々が湖沿いに桜の植林を始めました。やがてその活動が市に認められ毎年5月に日独の友好と春の訪れを祝うKirschblütenfestが開催されるようになりました。

この祭りには華麗な花火、「桜のプリンセス」の選出、日本の食文化の紹介、武道演劇、教育展、コスプレなど多才な日本文化を紹介するイベントが開催され、特にコスプレをしながら庭園を散策したり、桜と一緒に写真を撮ったり、持ち寄った料理を桜の下で食べたりと、みんな思い思いの方法で桜を楽しんでいます。

■ゲルテン・デア・ヴェルト
住所:Blumberger Damm 44, 12685 Berlin, ドイツ(Googleマップ

■今回、世界の桜スポットを紹介してくれたのは……
酒井 彩さん
マルチ拠点フリーランサー、Webライターとして活動中。世界中を拠点として旅をしながら暮らしている。

【出典】
https://www.smithsonianmag.com/travel/where-see-best-cherry-blossoms-around-world-180949961/
https://travel.usnews.com/gallery/10-places-to-see-cherry-blossoms-around-the-world?slide=4 他

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。