日本初(?) 本屋+カフェ+ホテルの複合型施設

“本の世界を旅するホテル”、ランプライトブックスホテル名古屋が2018年2月20日オープンしました。
LLBホテル

名古屋駅から地下鉄で一駅の伏見駅近くという立地も便利


“本屋がホテルを運営する”がコンセプトだけあって、入り口から店内に足を踏み入れるとそこはホテルというよりもおしゃれな本屋のイメージ。カウンターにも本がディスプレイされ、カウンターそのものも本を積み上げたようなデザイン。白いワイシャツにエプロンというスタッフの服装も、ホテルマンというより書店員のようです。
LLBホテル

エントランスに足を踏み入れると、正面にフロント、左右にブックカフェ


ブックカフェは24時間営業で3000冊をセレクト

1階はブックカフェ「ランプライトブックスカフェ」。24時間営業で、コーヒーを飲みながら本を読んで過ごしたり、気に入った本を購入することもできます。
LLBホテル

宿泊客以外もカフェとしても利用できる。図書館の中にカフェスペースがあるかのよう


本の種類は約3000冊。非日常へ誘うことをテーマに「旅」と「ミステリー」の本を中心にラインナップされています。
LLBホテル

旅の本は「本のある風景」「文字の旅」「世界の本」「読書をめぐる」などにカテゴライズされている


LLBホテル

ミステリーはアガサ・クリスティーや江戸川乱歩などの作家別コーナー、ハヤカワポケットミステリー、アンソロジー、古典などのテーマ別コーナーがある。名古屋ゆかりの作家コーナーがあるのもうれしい


カフェのメニューはドリンクの他、オープンサンドやピザクラック(ピザパン)、デザートなど軽食が主体。宿泊の場合は700円で付けられるモーニングセット(食事系のサンドとデザート各1種類+サラダ+ドリンク)が断然お得です。
LLBホテル

宿泊代+700円でオープンサンド2種・サラダ・ドリンクのモーニングセットを付けられる(宿泊時の朝食は前日までに要予約)、モーニングセット付プランもあり。ビジターの場合はフード料金+500円でサラダ、ドリンク付きのセットにできる。フードの提供は朝7時~夜10時


客室も快適な読書空間

客室は全70室中35室がシングルまたはモデレートシングル。どの部屋にもホテルがおすすめする本が数冊置かれ、本を読むのに適した目に優しい照明、リーディングランプ、リーディングソファが用意されています。
LLBホテル

おすすめの本にリーディングライト&ソファと部屋でも本を読みたくなる


ブックカフェを配することで宿泊客以外でも利用しやすく、さらに名古屋ではあまりない24時間営業ということから深夜の新しい過ごし方も提案してくれます。名古屋の街を巡った後は、ホテルでさらに本の世界へと旅に出ることができる。名古屋の旅を介してさらに世界へ、または物語の世界へと旅立てる。何だか得した気分になれるホテルです。
LLBホテル

モデレートタイプの客室は窓から緑豊かな公園を望め開放感がある。写真はモデレートツイン


旅行、出張の人にはもちろんおすすめですが、地元の本好きの間でも話題になりそう。まずは気軽にカフェから利用してみるのもいいでしょう。

<DATA>
●ランプライトブックスホテル名古屋
住所:名古屋市中区錦1-13-18
アクセス:地下鉄伏見駅より徒歩3分
TEL052-231-7011
営業時間:24時間
定休日:無休
料金:宿泊8000円~
ホームページ:ランプライトブックスホテル名古屋ホームページ
Yahoo!地図情報


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。