参加者だけが特別展望台へ! 「トップデッキツアー」の内容は?

東京タワーリニューアル・トップデッキツアー

見た目は変わりませんが中身が大変身! の東京タワー


約1年半に渡って行われてきた東京タワーのリニューアル工事。高さ250メートルに位置する特別展望台の大改修が中心となってきましたが、特別展望台は「トップデッキ」、高さ150メートルの大展望台は「メインデッキ」と名前を変え、エレベーターやウェイティングスペースも新しくなり、大変身を果たしました。
トップデッキの内装

旧特別展望台「トップデッキ」を目指すツアー


一番の注目ポイントは何といっても体験型展望ツアー「トップデッキツアー」がスタートすること。今後トップデッキにはこのツアーに参加しなければ上れなくなります。

まずツアーの流れを簡単にご紹介しましょう。
  1. 1階の「トップデッキレーン」で予約時に発行されたQRコードを提示し受付。小学生以上の参加者には13言語対応の音声ガイドが貸し出されます。
  2. エレベーターで150メートルのメインデッキ(旧大展望台)へ
  3. ここからがツアー参加者しか入れない特別エリア。メインデッキ2階に新設された「トップデッキゲート」内で、東京タワーの歴史を紹介する「タワーギャラリー」「シークレットライブラリー」を見学
  4. トップデッキ行き専用エレベーターの搭乗口「プラットフォーム」へ
  5. 「トップデッキエレベーター」で250メートル上空へ
  6. 生まれ変わったトップデッキから東京の景色と空間を心ゆくまで堪能

料金は、以前の大人1600円(特別展望台・大展望台あわせて)に比べ一気に上昇し2800円(高校生以上)に。一体どんな特別感があるのか、値段に見合っているのか。ガイドがチェックした4つのポイントをご報告します。


ポイント1.ツアーのスタートが実にスムーズ!

トップデッキレーン

「トップデッキレーン」でQRコードを提示すればOK


チケット購入の手続きやエレベーターを待つ時間・行列をなくすため、ホームページから事前に予約・決済ができるシステムが導入されました。ツアー参加者は当日、予約時に発行されたQRコードを、プリントアウトした紙かスマートフォンで提示するだけでOK。実にスムーズにツアーが始まります。


ポイント2.お飲み物!写真!香りまで! 心くすぐる特別感

タワーギャラリー

ちょっとの時間も飽きさせない「タワーギャラリー」


ツアー参加者しか入れない「タワーギャラリー」や「シークレットライブラリー」は凝った映像や演出が用意されていて、エンターテイメント性が高いスペース。特にシークレットライブラリーでは真面目に東京タワーの歴史を知ることができるのですが、唐突にユーモアも見え隠れ。(楽しみがなくなるので多くは語りませんが)最後まで映像から目を離さないようご注意を!
ドリンクサービス

緑茶か東京タワードリンク(レモン風味)をチョイス。コップも持って帰りたい可愛さ!


その先、トップデッキ行き専用エレベーターの搭乗口「プラットフォーム」ではなんとウェルカムドリンクのサービスが!
フォトカード

手前の小さいものがフォトカード。奥の台紙付きの大きな写真は有料


またグループごとにフォトカードの撮影サービス、さらにはラルフ・ローレン、トム・フォード、ビヨンセなどブランドの香りを手がけてきた調香師クリストフ・ラウダミエルが「TOKYO」をイメージして創りだした香りが迎えてくれます。ドリンク、写真、香りまで! 空港の特別ラウンジに入るような嬉しさです。


ポイント3.目に焼き付けたい! トップデッキの不思議空間

トップデッキ

眺望、内装デザイン共に唯一無二!


大改修したトップデッキは、眺望、内装デザイン共に唯一無二の空間! 「ゲストと一緒に作る展望台」「東京の未来を映し出す鏡」がコンセプトデザインだそうで、天井や壁には形や大きさの違う三角形や四角形の鏡がどこまでも組み合わさり、立体的な幾何学模様が近未来や宇宙的な雰囲気を醸し出しています。そしてそこにはガラスの外の風景も映し出され、来場者の姿も取り込まれ、ミックスした不思議な世界に……。もちろんインスタ映え間違いないのですが、カメラに収まりきらない光景は目に焼き付けておきたいものです。


ポイント4.驚愕の素晴らしさ!スマホ型ガイドシステムによる景色案内

ガイドシステム

細かい建物まで説明。東京ガイドとしてもとても勉強になりました


ツアー中折にふれて案内をしてくれるスマートフォンタイプのイヤホン付きガイドシステム。トップデッキでその凄さに腰を抜かしました。東(東京湾・レインボーブリッジ)西(新宿・六本木)南(富士山)北(東京スカイツリー・皇居)に加えその間、合わせて8方向の目の前に広がる風景がガイドシステムに映し出され、音声と文字で事細かに説明してくれます。

主要ランドマークはもちろん、時には浮世絵が映し出され歴史散歩、ハリウッド映画のロケ地はここ、ここはセレブエリアです、などなどとにかく情報が詳細!時には「はるか向こうにはエジプトのピラミッドがあります」というような「遠すぎるやろ!」と突っ込みたくなるユーモアもあり、さすがノッポン兄弟(東京タワー公式キャラクター)を擁する東京タワーだなと笑えました。

以上、大リニューアルした東京タワーの体験型展望ツアー「トップデッキツアー」についてのレポート。もうおわかりのように、料金2800円はずばり「安いっ!」と感じています。

<DATA>
東京タワー トップデッキツアー
住所:東京都港区芝公園4-2-8
TEL:03-3433-5111
入場料:大人 (高校生以上)2800円/子供 (小中学生)1800円/幼児 (4歳以上) 1200円
休業日:なし
アクセス:都営大江戸線『赤羽橋』駅から徒歩5分
都営三田線『御成門』駅から徒歩6分
東京メトロ日比谷線『神谷町』駅から徒歩7分


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。