1品1品にこだわりを感じられる、セブンのドーナツ

コンビニのドーナツ集合2018

並べてみると、どのコンビニも本格的!

一方、コンビニのドーナツも、数年前より専門店の商品を意識した商品構成で通年販売されています。以前はレジ横の専用ケースで販売されていましたが、昨今は袋詰めされてパンコーナーの近くで販売されるようになりました。今回は数ある中から、チョコレート系を中心に食べ比べをしてみました。
セブンのドーナツのパッケージは、ナチュラルテイスト

セブンイレブンのパッケージは、ナチュラルテイスト

セブンイレブンで選んだのは、定番の「口どけチョコのオールドファッション」(税込100円)と、「もちもちリングきな粉」(税込120円)。どちらも王道の商品です。製造は専用工場で手掛けており、私の購入したものは神奈川・相模原のプライムデリカでした。
口どけチョコのオールドファッション(セブンイレブン)

見た目からもザクザク感が伝わる「口どけチョコのオールドファッション」

「口どけチョコのオールドファッション」は、サクサクとした食感。油っぽさも少なく、甘さも控えめ。上掛けのチョコレートもビターな風味が感じられて、一番好みの味でした。これが100円で買えるとは、さすが王者。完成度の高さを感じました。
セブンイレブン「もちもちリングきな粉」

もっちり感がすごい!「もちもちリングきな粉」

「もちもちリングきな粉」は、ミスドの人気商品によく似た作り。人気が高いようで、どのコンビニでも同じ形状のものが売られていますが、味わいはそれぞれ異なります。

セブンイレブンのものは、もちもち感が強く、ちぎろうとすると伸びるひきの強い食感が特徴。上はきなこチョコレートがかかっており、これが素朴な生地の味わいとよく合う!和の味わいが好きな人には、ぜひ試していただきたい商品です。

ドーナツのバリエーションが豊富なファミマ!

ファミマのドーナツのパッケージは、上品なテイスト

ファミマのパッケージは、上品なテイスト

ファミリーマート・サークルK・サンクスでは、オールドファッションやフレンチクルーラーなどの定番から、季節商品まで常時10品以上のドーナツ商品を販売。今回試食したのは、「ダブルチョコオールドファッションドーナツ」(税込118円)と、季節商品である「ティラミス風味仕立てのデニッシュ」(税込145円)との2品。ちなみに、製造は山崎製パンが手掛けています。
ファミマ「ダブルチョコオールドファッションドーナツ」

濃厚な甘みの「ダブルチョコオールドファッションドーナツ」

「ダブルチョコオールドファッションドーナツ」は、見た目は専門店に引けを取らない高い完成度。食べてみると、かなり甘みを強く感じます。スタバのビターなチョコレートなどに比べると、チョコレートの香りや味わいは弱いので、個人的にはもう少しカカオ感を感じられる仕上がりだと嬉しい。
ファミマ「ティラミス風味仕立てのデニッシュ」(

ケーキのような多層構造。「ティラミス風味仕立てのデニッシュ」

「ティラミス風味仕立てのデニッシュ」(税込145円)は、デニッシュ生地とふわふわのコーヒースポンジの2層生地の中に、マスカルポーネチーズのクリームを入れ、表面をコーヒー風味のアイシングでデコレーション。手間のかかった仕立てとなっています。ドーナツというよりはパイなどに近い感じで、よりスイーツ感の高い商品でした。
ファミマ「ティラミス風味仕立てのデニッシュ」の断面

パイ、スポンジ、クリームが層に


ローソンはブランなどの健康志向ドーナツに注目!

ローソンのドーナツ

ローソンのドーナツは、ポップなデザイン

ローソンでは、オールドファッションやモッチリングなどの定番に加え、クイニーアマンやマフィンなどをコーヒーに合うドーナツとして展開しています。今回試食したのは、ローソンならではの「ブランのドーナツ」(税込100円)と、「モッチリング シュガー」(税込100円)の2品。ファミリーマートと同じく、製造は山崎製パンです。
ローソン「ブランのドーナツ」

やさしい甘みの「ブランのドーナツ」

「ブランのドーナツ」は、ローソンが展開している糖質をおさえた「ブランパン」シリーズの1品。ぼそぼそとした食感は否めませんが、甘さ控えめで、素朴な味わいが好きな人には好まれそう。小ぶりながらもお腹にたまるので、ランチの選択肢の一つにも加えられそうです。

同じブランシリーズでは、「ブランの焼きドーナツ チョコ」(税込120円)も発売されており、こちらは1個198キロカロリーに抑えられているのでカロリーが気になる人にもオススメです。
ローソン「モッチリングundefinedシュガー」

ふんわり食感の「モッチリング シュガー」

「モッチリング シュガー」は、ふんわりと歯切れのよい食感で、セブンイレブンと比較するともっちり感は弱め。上掛けのシュガーコーティングは薄めなので、甘みが強すぎないのもいいですね。国産小麦やきび糖など、身体にやさしい素材にもこだわった1品です。

今回、さまざまなドーナツを食べ比べてみましたが、オールドファッションひとつとっても、甘いのが好きな人、サクサクが好きな人など、さまざまな好みに合わせて作られていると感じました。各社、かなり味が違うので、お好みの味を探してみるのも楽しそうです。


<コンビニスイーツ食べ比べ記事>
冬はほっこり!コンビニのスイーツまん食べ比べ2018
おいしく腸活!コンビニの飲むヨーグルト飲み比べ
おいしい?話題の「機能性チョコレート」食べ比べ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。