ロック解除ロック解除来のiPhoneとはデザインが大きく変化しており、ホームボタンもなくなってしまったことから、基本的な操作が大きく変わってしまっているのです。ホームボタンなしでどうやって操作するのか気になる人も多いかと思いますので、iPhone Xで大きく変わった操作について改めてまとめてみました。

ホーム画面に戻る

ホームボタンがなくなったことで大きく変わったのは、ホーム画面に戻る操作です。従来はホームボタンを押せばホーム画面に戻ることができましたが、ホームボタンのないiPhone Xではどうすればよいのでしょうか。

この操作をする上で重要なのが、アプリを起動した際、画面下部に現れるようになったバーです。このバーに指を置き、下から上にスワイプすればホーム画面に戻ることができるのです。
iPhone X操作

ホーム画面に戻るには、画面下部のバー部分を下から上にスワイプすればよい


ロック解除

画面のロックを解除する時も、ホーム画面に戻る時と同様の操作をした後、パスコードを入力して認証する形となります。Face IDを登録している場合は、先に認証してからロック解除することも可能です。
iPhone X操作

ロック解除する時もホーム画面に戻る時と同じように、バー部分を下から上にスワイプすればよい。Face IDを登録していれば、同時に認証も済ますことが可能だ


起動中のアプリ一覧を表示(アプリスイッチャー/マルチタスク画面)

起動中のアプリ一覧は、従来ホームボタンを2回連続で押して呼び出すことができました。ではiPhone Xではどのようにして呼び出すかというと、ホーム画面に戻る時の操作と同じように、画面下部のバーに指を置いて下から上にスワイプした後、指を途中で止めてホールドします。ホーム画面からも同様の操作で呼び出し可能です。
iPhone X操作

起動中のアプリ一覧は、ホーム画面に戻る時と同じようにスワイプした後に途中で指を止めてホールドすると表示される


アプリを切り替える

アプリを切り替える動作は従来のiPhoneと同じです。アプリ一覧を押した後、左右にスワイプしてアプリを選び、切り替えたいアプリをタップします。
iPhone X操作

アプリの切り替え操作は従来通りで、切り替えたいアプリを選んでタップすればよい


アプリを終了させる

アプリを終了させる時の操作も変化しています。起動中のアプリ一覧を呼び出した後、従来のように終了させたいアプリを下から上にフリックするとホーム画面に戻ってしまうので、まずは一覧からアプリを長押しします。すると各アプリの左上に赤丸の「-」マークが現れるので、これをタップすることでそのアプリを終了させることができます。
iPhone X操作

アプリを終了させるには、アプリ部分に指を置いて長押しした後、各アプリの左上に赤い「-」が現れるので、これをタップすればよい


コントロールセンターを呼び出す

ホームボタンを呼び出す操作は、従来コントロールセンターを呼び出すのに割り当てられていたものなので、コントロールセンターの呼び出し方法も変化しています。

iPhone Xの画面上部にある切り欠き部分の右側、つまりアンテナなどが表示されている部分を、上から下にスワイプするとコントロールセンター現れる仕組みとなっています。
iPhone X操作

画面右上のアンテナ表示がある部分を上から下にスワイプする

iPhone X操作

するとコントロールセンターが現れる



通知センターを呼び出す

画面上部のそれ以外の部分を上から下にスワイプすると、従来通り通知センターが現れます。
iPhone X操作

通知センターの呼び出しはほぼ従来通りで、切り欠き部分の右側以外を、下から上にスワイプすれば呼び出せる


ウィジェットを表示する

ウィジェットの表示は従来と変わりません。画面を左から右にフリックすれば表示されます。
iPhone X操作

ウィジェットの表示方法は従来と同じだ



検索を表示する

検索画面を表示する方法も従来と同じです。画面の中央部分で上から下にスワイプします。
iPhone X操作

検索画面の表示方法も従来と同じ
 


一番上を表示する(簡易アクセス)

画面の一番上の部分を片手でも操作しやすくするよう、下に下げる簡易アクセスは、従来Touch IDに2回連続で触れるという操作でした。これがiPhone Xでは、画面下部を上から下にスワイプするという操作に割り当てられています。
iPhone X操作

簡易アクセスを使うには、画面下部、バーのやや上から下にスワイプするように操作する

iPhone X操作

すると画面の上部が下に降り、操作しやすくなる

また簡易アクセスは標準ではオフになっているので、利用したい場合は「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と選択した後、「簡易アクセス」をオンにする必要があります。
iPhone X操作

簡易アクセスは標準ではオフになっているので、設定からオンにする必要がある


Apple Payを呼び出す

Apple Payを呼び出すにはこれまで、ロック画面からホームボタンを2回連続で押す仕組みでしたが、iPhone Xでは本体右側のサイドキーの2回連続押しに変更されています。それゆえロック画面からだけでなく、ホーム画面やアプリ起動中などでも、サイドキーを2回連続で押せばApple Payが呼び出せるようになったのは便利です。
iPhone X操作

Apple Payはサイドキーを2回連続で押すことにより、いつでも呼び出せるようになった


Siriを呼び出す

ホームボタンの長押しに割り当てられていたSiriの呼び出しも、Apple Pay同様サイドキーに移り、サイドキーの長押しに変更されました。もちろん従来同様、「Hey,Siri」と呼ぶことでもSiriは呼び出せます。
iPhone X操作

Siriを呼び出すにはサイドキーを長押しすればよい


スクリーンショットを撮影する

本体左側のボリュームキーとサイドキーを用いた操作も大きく変わっています。従来、ホームボタンとサイドキーの同時押しに割り当てられていたスクリーンショットの撮影は、サイドキーとボリュームキーの上の同時押しに変更されました。
iPhone X操作

ボリュームキーの上とサイドキーの同時押しでスクリーンショットの撮影ができる


電源をオフにする/緊急電話をかける

電源を完全にオフにする場合の操作も、従来はサイドキーの長押しでしたが、これがSiriの呼び出しに割り当てられてしまったため、サイドキーとボリュームキーの上下どちらか一方を長押しする形へと変更されています。電源をオンにする時の操作は従来通りサイドキーの長押しなので、この点は混乱する人が多いかもしれません。

ちなみに両方のキーをそのまま長押しし続けると、緊急電話をかける仕組みとなっています。緊急時のためにも覚えておいて損はありませんが、誤操作には注意しましょう。
iPhone X操作

電源をオフにするには、ボリュームキーの上下どちらか1つと、サイドキーを長押しする。そのまま押し続けると緊急電話をかけるので注意


強制リセットする

iPhone 7/7 Plusではサイドキーとボリュームキーの下を長押し、それ以前の機種はサイドキーとホームボタンの長押しと、モデルによって操作が異なる強制リセット方法ですが、iPhone XはiPhone 8/8 Plusと統一されており、ボリュームキーの上、下と順に押した後、サイドキーを10秒程度長押しする形となっています。従来より操作が複雑になっているので、多少慣れが必要かもしれません。
iPhone X操作

強制リセットはボリュームキーの上(1)、下(2)と押した後、サイドキーを10秒程度長押し(3)すればよい


それでもホームボタンを使いたいなら?

どうしてもホームボタンが使いたいというのであれば、画面上にさまざまな操作ができるボタンを設置できる「AssistiveTouch」を使うといいでしょう。AssitiveTouchは、設定から「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」と選び、「AssistiveTouch」をオンすることで使えるようになります。
iPhone X操作

設定で「AssistiveTouch」をオンにすることにより、ホームボタンの代用となるAssitiveToucが利用できる


AssistiveTouchをオンにすると画面上に丸いボタンが表示され、これを押すことでホームに戻る操作のほか、通知センターやコントロールセンターを呼び出したり、音量の操作をしたりするなど、さまざまな操作がディスプレイ上でできるようになります。
iPhone X操作

AssistiveTouchをオンにすると画面上に丸いボタンが現れるので、これをタップする。このボタンはドラッグして好きな場所に配置可能だ


iPhone X操作

するとホームに戻るなどさまざまな操作が可能になる




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。