ホームボタンが消えディスプレイは有機ELに

去る11月3日、ついに「iPhone X」が発売されました。今年発表されたiPhone新機種の中でも、iPhone Xは従来のiPhoneを継承した「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」とは大きく異なる、新しいデザインや機能を取り入れていることから、その人気と注目度は非常に高く、現在もなお購入が難しい状況が続いているようです。

では実際のところ、iPhone Xは従来のiPhoneとは何が大きく変わっているのでしょうか。大きく変わったポイントを中心に、説明していきましょう。

1つ目の変化ポイントはデザインとディスプレイです。従来のiPhoneは、本体下部にホームボタンを備え、ホームボタンを押すことでいつでもホーム画面に戻ることができるという分かりやすさが、大きな特徴となっていました。ですがiPhone Xはホームボタンがなく、ホームボタンがあった部分もディスプレイが占めるなど、前面がほぼディスプレイというべきデザインへと変化しています。
iPhone X

iPhone Xはホームボタンがなくなり、前面のほぼ全てをディスプレイが覆うようなデザインとなった

そのディスプレイも大きく変わったポイントの1つです。従来のiPhoneでは16:9比率の液晶ディスプレイを採用していましたが、iPhone Xでは液晶に代わって有機5.8インチのELを採用、さらにディスプレイ比率も18:9に近いものとなっています。加えて後述するTrueDepthカメラ部分を除いて徹底的にベゼル部分を減らしており、iPhone 8 Plusより片手で持ちやすいのもポイントです。
iPhone X

iPhone 8 Plusより横幅が狭く、大画面ながら片手で持ちやすいのもポイントだ

有機ELは最近テレビにも採用されるケースが増えているように、コントラストが高く黒がくっきり映える、反応速度が速いなど、液晶より高い表現力を実現できることが大きな特徴です。また素材が直接発光するためバックライトが不要なことから、本体を薄くしやすいというメリットもあり、よりモバイルに適した素材であるとも言われています。特にスマートフォンで映像を楽しみたい人なら、大いに注目すべきポイントといえるのではないでしょうか。

ディスプレイ以外の部分をチェックすると、背面はワイヤレス充電に対応するため、iPhone 8/8 Plus同様ガラス素材が採用されたほか、側面には光沢のあるメタル素材が取り入れられており、全般的に光沢感があり、高級な印象を抱かせるデザインとなっていることが分かります。
iPhone X

iPhone Xの背面。iPhone 8/8 Plus同様ガラス素材となっている

iPhone X

側面にも光沢感のあるメタル素材が採用され、高級感を打ち出している

iPhone Xは最も安価なモデルでも10万円以上するなど、スマートフォンとしては高額ですが、ボディもそれにふさわしい高級感のある仕上がりとなっている訳です。ただ重量は174gと、iPhone 8などと比べると重くなっているので、手に持った時にやや重量感があるように感じるかもしれません。

意外と使い勝手がよい新インターフェース

2つ目の変化ポイントはインターフェースです。ホームボタンがなくなったことで、操作にも新しいインターフェースが取り入れられています。

iPhone Xでアプリを起動すると画面下部にバーが現れ、このバーが新しい操作の基準となります。例えば「ホーム画面に戻る」という、従来のホームボタンを1回押した時と同じ操作をするには、このバーに指を置いて下から上にスワイプします。
iPhone X

アプリを起動すると下部に現れるバーが新しいインターフェースの基準に。バーから上にスワイプするとホーム画面に戻る

またホームボタンを2回連続で押した時、つまり使用中のアプリ一覧を表示するには、バーを下から上にスワイプし、一覧が現れるまで一定時間ホールドします。ですがアプリを終了する場合、従来通り各アプリの画面を下から上にスワイプするという従来の操作ではホーム画面に戻ってしまうことから、アプリを長押しした後、終了したいアプリの「-」を押して終了させる必要があります。
iPhone X

アプリを終了させたい場合は、アプリ一覧でアプリを長押しすると現れる赤い「-」をタップする


一方で、従来画面下部から上にスワイプして呼び出していたコントロールセンターは、画面の切り欠き部分の右側(アンテナやバッテリー表示がある部分)を上から下にスワイプして呼び出す形へと変更されています。
iPhone X

コントロールセンターを呼び出す操作は、画面上の切り欠き部分の右側を下から上にスワイプする

それ以外のホームボタンを活用した操作も大きく変更されています。Siriの起動(ホームボタンの長押し)はサイドキーの長押しに、スクリーンショットの撮影(ホームボタンとサイドキーの同時押し)はサイドキーと音量キーの上の同時押しに、Apple Payの呼び出し(ロック画面からホームボタンを2回連続で押す)はサイドキーを2回連続で押す形となります。

テキストで書くとやや分かりにくいのですが、実際に操作するとそれほど違和感なく操作できる印象です。多少慣れが必要な部分はあるものの、スマートフォンを使い慣れている人であれば、慣れるまでにそれほど時間はかからないのではないでしょうか。

「Face ID」の使い勝手は?

3つ目の変化ポイントは「Face ID」です。iPhone Xはホームボタンがなくなったことで、従来ホームボタンを使って指紋による認証をしていた「Touch ID」に代わり、新たに本体上部のカメラを用いた顔による認証の「Face ID」へと、生体認証の方法が大きく変わっているのです。

Face IDには通常のフロントカメラだけでなく、赤外線、そして人工知能(AI)などが用いられており、顔の表面だけでなく深さを測り、なおかつ日々の顔の変化を学習しながら精度を上げていくなど、非常に高度な技術が活用されています。それゆえFace IDを用いれば、iPhone Xを顔の前に持ってきて、スマートフォンを見るだけですぐロック解除ができてしまうのです。

Face IDを利用するには、まず顔を登録する必要があります。登録方法はiPhone Xのフロントカメラに顔をかざし、そのままiPhone Xを見ながら、顔を回すようにして一周させる、という操作を2回繰り返すだけです。
iPhone X

Face IDの顔登録画面。顔を認識させた後、フロントカメラを見ながら顔を一周回せばよい


一度認証させた後は、iPhone Xのフロントカメラを見るだけでロックが外れ、後はロック画面下部のバーを下から上にスワイプするだけでロックの解除が可能です。iPhone Xはサイドキーを押さなくても、加速度センサーなどを活用し持っただけでスリープ解除できるので、スリープを解除してロック解除するという一連の操作が、従来よりもスムーズにできるようになった印象です。

もっともFace IDは顔全体を見てロック解除の判定をすることから、顔の一部を隠すと解除できなくなる点には注意する必要があります。眼鏡やサングラスなどをしている状態では問題なく利用できるのですが、マスクをしているなど顔の一部が完全に隠れてしまった状態ではロック解除ができず、パスコードによる解除が求められます。

デュアルカメラは「望遠カメラ」が進化

そして4つ目の変化ポイントはカメラです。iPhone XもiPhone 8 Plus同様、2つのカメラを搭載したデュアルカメラ機構を備えており、背景をぼかした写真を撮影できる「ポートレートモード」のほか、被写体や背景の明るさを変える「ポートレートライティング」の利用も可能です。
iPhone X

iPhone XもiPhone 8 Plus同様デュアルカメラ機構を採用しており、ポートレートモードなどが利用できる

ですが最も大きく変わったのは「望遠カメラ」です。iPhone Xには通常の「広角カメラ」と、2倍ズーム相当の写真を撮影できる「望遠カメラ」が搭載されていますが、iPhone 8 Plusと比べ望遠カメラに大幅な改良がなされているのです。

1つはレンズの明るさを示すF値が2.8から2.4となり、暗い場所でもより明るく撮影できるようになったこと。そしてもう1つは、従来広角カメラのみに適用されていた、手ブレ補正が望遠カメラにも適用されるようになったことです。

これら2つの進化によって、特に望遠カメラを用いて暗い場所を撮影した場合でも、ブレのないきれいな写真が撮影できるようになったといえます。特にポートレートモードでの撮影時には望遠カメラが基準になることから、より活用しやすくなったといえるのではないでしょうか。
iPhone X

iPhone Xの広角カメラで夜景を撮影したところ

iPhone X

同じ場所から望遠カメラに切り替えて撮影したところ。明るいレンズと手ブレ補正で暗い場所でも望遠撮影がしやすくなっている

iPhone Xは確かに従来機種と大きく変わった部分が多くありますが、実際に使ってみるとむしろ、従来機種以上に使いやすい印象を受けます。先端技術を使いやすい形で提供するという、アップルらしさを感じさせるスマートフォンといえるのではないでしょうか。

【関連項目】
iPhone X - Apple(日本)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。